CX-3

エンジン止まらなくなるという記述について

Dsch0018_1
 Fujifilm X-H1 + Canon EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM  f/5.6 1/160 ISO=400

 エンジンが止まらなくなるロジックエラーと書きましたが、正確には「エンジンは停止するけどACC状態を維持しててオフにできない」です。
 バッテリーに負担をかけたくなくなる昨今のクルマ事情から、エンジンを切るべき時は切るのですが、エンジンが止まってもACC状態で電源が切られないというのは、自分がなんか操作を間違えてんのかと頭の中がグルグルしまして、夜勤明けだし変な操作してんの自分で気がついてないだけだったりと主に自分を責める系に原因を求めたりしましてねw

 でもあれはクルマ側のエラーだったなと。長時間運転した出先で、気温もまずまず高めの日。エンジンスイッチを何度押してもオフにならない状況ながら、ブレーキを踏みながらオフにすることを繰り返してたらオフになりました。
 勝手な推測ですが、気温ですかねえ。冬場は半端に気温が低い日が続くと単眼カメラ系の警告ランプが点いて機能オフ。夏場は高温になるとエンジンオフにできないトラブル。回路の耐久性がチョロいんですかねえ。

 とはいえ、好きでCX-3に乗ってますんで。たいして気にしてません。それよりも後ろのサスが硬いのを(以下略

| | コメント (0)

その後のCX-3号

Dscf4030_1 
 Fujifilm X-H1 + XF35mm F1.4R  f/11 1/4 ISO=2500

 その後のCX-3ですが。主に語られるエンジンの不具合はなんもないですよ。バカみたいな空ぶかしをするバカユーザーに起因するエンジンの破損に関わるリプロがあっただけで、あとはディーゼルエンジン特有の「どんどんうるさくなってく」くらいですw
 燃料代が安く済むことと小排気量ならではの燃費の良さが、田舎暮らしには助かります。ただ小排気量ですんでね、アップダウンが続くルートではアクセルワークがいささか神経質になるとこはあります。
 あまりに太いトルクで勘違いしそうになるものの、しょせん1.5Lなのですよ。アクセルを踏み足さないと一定速度を維持できないシーンは、2Lクラスより明らかに増えます。

 あとは現代のクルマ的なエラーが。センサー類に起因する謎の警告灯点灯とか、エンジンが停止できなくなるロジックエラーとか。電気系のマイナートラブルはあるものの、どれも走行が不能になるような致命的なものではなく、今のところ回避できてますんで。あまり気にしてませんw

| | コメント (0)

バイザーつけました

Dscf3840_2

 CX-3のガラスチャネルを無理に引っ張り出したりしまして。

Dscf3843_2

 バイザーをね、取り付けましたよ。

 CXシリーズはクルマのデザインを損なうからとバイザーを取り付けないお客様が多い、というセールスの姉さんの言葉を「なるほど」と受け取ってはみたものの。
 喫煙者としては、バイザーがないのはとてもつらく、霰が降ってきても車内へバンバン入ってきた昨年の惨事を思い出し、冬を前に取り付けることにしたのでした。

 かといって純正品をそのままってのも芸がなく、AUTOEXEのバイザーにしてみましたよ。運転席だけ窓を少し開けておけば、ガンガン換気されるという謳い文句にウソはありませんな。

Dscf3853_2_2

 ちょっと凝ったデザインなところ、わりと気に入ってはいるのですが。今までなかったものが視界にあるのは、まだ慣れませんwww

| | コメント (0)

旧状に復しております

Dscf3991_2

 CX-3のリアバンパーが新品になり、アンダーガードを装着し直しております。

 正直、このガードがあったおかげでグッチャリいかなかったのか、それとも下手にガードがあるからセンサー類が簡単に脱落しちゃったのか、そのへんはわかんないっすw
 12ヶ月点検と同時に修理ができるようディーラーさんにスケジュールを組んでもらったので、12ヶ月点検のメニューに入ってるボディコーティングの一環として、インチキマフラーカッターも磨かれてしまい、左右の色の差が顕著に。ますますニセモノ感がwww

 CX-3に乗って1年が過ぎまして、なにやら雑感のようなものを書こうかと思っておりましたが。現行型とエンジンが違いますのでね。需要がなかろうとやめちゃいました。


 

| | コメント (0)

戻ってきました

 CX-3はピカピカになって戻ってきましたよ。12ヶ月点検も兼ねてのディーラー入庫でしたんで、コーティングもピカピカに。5年契約のコーティングですので、定期点検の度にタッチアップしてもらえるのですw
 で、リアバンパーから取り外したバンパーガードはまた自分で装着しなきゃだし、インチキチタン風味カラーのマフラーカッターもピカピカに磨かれ、より一層インチキがバレる風味になってました。いつかステン風味のやつと交換しときますかねw

 やっぱり自分のクルマっていいですわ。消去法で選んだクルマではなく、欲しくて買ったクルマですから。積極的にオススメはしない車種ですけどもね。気に入ってるんです。



| | コメント (0)

代車はデミオ

Demio_0001

 CX-3修理入庫の代車として来たのは、某レンタカー会社御用達のデミオ号。1.3GエンジンのFF車ですから、ちょっと前の仕様ですね。

 この車格にはアンダーパワーのようなエンジンで、1.3GのくせにA/Tは6速なもんですから、1速の出足はイマイチで、かといってアクセルを踏み込んでも回転が上がって唸るばかりで前に進まないのでしたw
 けれど速度が乗ってくるとアクセルワークにストレスはなくなり、アンダーパワーの印象は薄くなっていき、軽快に走る雰囲気に変わります。渋滞や信号でのストップ&ゴーが少ない田舎なら、これでもイケるんじゃね?って感じに。

 出足のパワーが物足りないのはマツダさんの個性なんすかね。マツダ車はほとんど乗ったことがないもので。下がスカスカなのはホンダばかりだと思い込んでましたw

 レンタカー仕様の最低グレードとはいえ、CX-3のベースになったクルマですから、CX-3オーナーとしては興味深いものがありました。
 リアサスの反応が一番興味があったのですが、乗り心地は気になりませんでしたね。デミオに合わせて設計したのでしょうから、そりゃそうでしょ。それをこねくり回してCX-3用に流用しようとするから無理が出てくるってことなんですかね。

 ディーラーの担当姉さんと世間話してて面白いことを聞いたのですよ。どういうわけかこのところCX-3の事故入庫が多く、そのケースがことごとく被害者側なのに、なぜか相手側のクルマの破損状態がひどいと。突撃側がCX-3に負けてるっぽいと。
 どうもCX-3のボディとシャーシ剛性が不必要に高いらしいんですね。ぶつけられた箇所や角度にもよるとは思うんですけれど。三菱のジープにベンツが突っ込んできて、ベンツはグシャグシャになったのに、ジープはバンパーの塗料が剥げただけだった故事が思い起こされますw

 けれどデミオの軽快な操縦感はCX-3とは別物ですよ。吹け上がりがいいガソリンエンジンとのマッチングも軽快な印象を強くします。この価格帯で売られるクルマの中では出来が良すぎると評価されるの、よくわかりました。
 現在は1.3Gは廃番となり1.5Gと1.5DTの二択。あえて1.5GのFFという選択も、これはあるでしょと思いましたね。1.5DT車は価格が高いですからw

 唸るばかりで前に進まない1.3Gエンジンでも、回転はモーターみたいに鋭く吹け上がるし、エンジン音もモーターみたいにきれいだったのが記憶に残ります。


| | コメント (2)

実は

Dscf3956_1
 Fujifilm X70  1/30  f/5.6  ISO=5000

 スーパーマーケットで買い物してる時に、店内アナウンスで自分のクルマのナンバープレートを読み上げられると、とてもイヤな予感がしますよね。
 さてはライトをつけっぱなしにしてたか。いやいやCX-3はそういう事態にならない仕様です。となれば、ぶつけられたかなと。

 当て逃げ天国である当地において、ぶつけた人が名乗り出てくれたのが奇跡ですよ。クルマは中古が当然。ぶつけても惜しくはなく。ぶつけたってお互い様というノリですんで。
 そして加害者がクソネット保険だろうが任意保険に加入してくれてたこともラッキー。田舎はすごいですよ。任意保険加入とドヤ顔してても、対物に加入してないとかよくあることなのでw

 デザインが気に入って買ったクルマのせいか、当て逃げ天国だというのを警戒して、たかがスーパーの駐車場に停める時でさえ、わざわざ離れた場所を選んだり、駐車マスが広い場所を選んでたくらいなのに。
 まさか軽自動車スペースに無理に停めようとした普通車に突撃されるとは。しかも自動車税が割り増しになってること確実の古い田舎ヤンキー車にw

 相手の免許証を見て驚きましたよ。私とたいして年齢が変わらないのに、なにそのヤンキー仕様w しかも傷ついたバンパーは交換するんですか。もうメーカーにパーツないと思いますけどw
 というか、その空間感覚の無さで、よくぞ今までクルマを運転してきたもんだなって。んでネット保険会社担当者のあまりの無知さと手配の悪さ。そんな感じでした。

 ネット格安保険って、加入者には安くてありがたいのでしょうが、被害者にとっては迷惑以外のなにものでもありませんね。ディーラーさんから泣きが入ったくらいwww

 そういう出来事がありましたのでテンション下がってるのも、更新をサボってる理由のひとつだったりします。
 当直生活が少しずつ身体に厳しくなってるのもあれば、時間が自由になる時に限って天気がひどかったり、というのもあります。

 気がつけば、もう夜間の最低気温が10℃を切るか切らないかという案配になってきました。野営のチャンスがますます減るわけで。台風連発も厳しかったですね。

| | コメント (2)

微妙なオートワイパー

Dscf3695_2

 CX-3ネタをもうひとつ。

 クルマに装備されている仕掛けはそのまま使おう派の私でも、最初に切ったのは車線逸脱警報。
 というのも、昔の規格で作られた幹線道路が半端な車線幅で、ちょっとしたことで警報がビービー鳴ってうるさくてたまんなかったからです(一度キャンセルするとずっとキャンセルを維持する仕様)。
 けれどマツダさんに点検に出す度に元へ戻され、これ使えってことなのかと諦めてそのままにしてますが、ぼんやり運転してる時にハッと正気に戻る効果があったり、役には立ってますよ。
 自分ではきっちり車線に入ってたつもりのカーブでビービー鳴り出した時には、ちょっとメゲましたけどネ。あと黄色いキャンセルしたよインジケーターが点灯しないのは精神衛生的によろしかったりしますw

 あとひとつ、オートワイパーを最初からキャンセルしてました。これはマツコネから入るメニューでキャンセルできますんで、警告インジケーターなどはありません。
 たいして役には立たないだろうという決めつけでキャンセルしてたんですが、思い付きでオンにしてみたらですね、使えなくはないですよ。
 オートワイパーはワイパースイッチを間欠にセットすると機能しますので、雨の降り方によって間欠速度が勝手に変わってくれるんです。便利そうな気はするものの、このオートワイパーがけっこうな気分屋さんでw

 おそらく周囲の明るさを加味した制御になってるのではないかと思います。暗い時は積極的に。明るい時は消極的に。そんな使い分けになってるのではないかと想像しました。
 けれど実際には、なんでそんなにしつこく動くの?と思う時があれば、前がよく見えなくなってきてるのになんで動かないの?という場合もあって、あまり洗練されてねーなーという感じ。救いは間欠ポジションの時だけ働くってことで、手動で介入してやる余地がありますんでね。フィーリングが合うユーザーさんにとっては役に立つかもです。


| | コメント (0)

マツコネさん、フリーズする

Dscf2736_2

 うひょひょ。マツコネのフリーズというやつ、9か月目にして初遭遇しましたw

 いや、このところ起動が遅いなぁと感じる時がありましてね。気のせいかなぁと思うことにしてたんですけれど。
 農村地帯がどこまでも広がる平野という、道をひとつ間違えたらとんでもねーとこに出てしまう土地鑑のない場面でナビを頼ってみたら、途中でフリーズしやがりましてw
 そんなに深刻な場面ではなく、遠回りになろうが適当に走ってりゃ知ってる道に出る地区ではあったんですが、フリーズした挙句にエンジンを切ったらマツコネの起動すらしなくなり、なんだよコレ状態。

 おそらくBluetooth絡みであろうと見当はつきました。普段は使わないBluetooth接続をたまたまiPhoneとやった直後でしたので。
 実際、Bluetooth接続直後にフリーズしたという報告はありますね。古いバージョンのマツコネだと、なにもしなくても定期的にフリーズするケースがあったといいますから、これでも安定してきてるらしいですw

 Bluetooth接続なんてめったにしませんので、今後は出会うことが少ないケースかと思いましたが、いちおー備忘録代わりに。

 GPSが赤マーク(認識してない)になり、クルマを動かしてもナビ無反応。リセットすべくエンジンを切ってもう一度始動したら、今度はマツコネそのものが起動中のまま無反応に。
 この場合、ナビのSDカードの抜き差しなどではなく、コントローラーのナビとミュートを同時押しの10秒以上で、マツコネのリセットになります。

Dscf2742_2

 私の場合、リセット後にマツコネが起動したものの、ナビの現在位置表示はフリーズした時のまま。ナビの設定画面から位置補正を選択し、正しい現在位置へカーソルを動かして設定。そのままエンジンを切りました。
 その後に走り出したところ、なんの問題もなかったかのように動いておりました。けれどリセットしてますから、オーディオの設定などがデフォルトに戻ります。ブックマークした項目は維持されてましたが、音質調整関係はデフォになってました。面倒ですねw


| | コメント (0)

IPFのLED

 昨日の話のブツというのがコレでして。

303bl_0001

 もっと安いLEDはあるのですけれど、安いのは暗いんですよね。それじゃ交換する意味がなく。純正と明るさがほとんど変わらなかったりするんです。
 その点、IPFのやつはかなり考えて作られている印象で、その分だけお高かったりするんですけれどもw

 もうちょっとCX-3にイタズラしようかと考えていることもありますし、調達順序の中に混ぜておきましょうかね、といった感じ。
 冬場は雪があるから、夜間といえど灯りが少しでもあれば反射して明るくなりますけど、晩秋あたりは日の暮れも早く、きつくなりそうな悪寒。

| | コメント (0)