模型

まさか扶桑が1/350なんて

 今回は100%ミリオタな話題なので、そっち方面が苦手な方はスルー推奨。

 かねてから「戦艦では扶桑or山城の無理矢理なフォルムが魅力的」と主張している私は、どうせ扶桑も山城もまともなキットなんざ世の中にないんだよなぁと、ここ30年ほど諦めておりました。

 模型の世界とはいえ、商売には変わりがありませんから、そりゃ人気が出そうなフネをメーカーさんは選びますな。例えば戦艦大和。あるいは武蔵。もしくは大東亜戦争でもっとも活躍した金剛。
 ほとんど実戦に参加せず、まともに参加したのが扶桑と山城が最後を迎える捷一号作戦だっつーんだから、戦いへの貢献度では大変に低く、ダメなフネの烙印を後世から押されてしまっても仕方ありますまい。

Yamashiro_fuso_haruna

 画像の手前が戦艦山城。その奥が扶桑。そして榛名。榛名は金剛型の3番艦でして、扶桑と山城が同型艦となります。

 ただし主砲の配置に試行錯誤があって、3番砲塔の配置が扶桑と山城では逆になっています。扶桑が前向き。山城が後向き。
 ですんで、艦橋の基部が扶桑はくびれていて、山城は直線的になっています。これは主砲の旋回を確保するための違いなのでした。

 なんで扶桑と山城が活躍できなかったのかというオタク的解説になります。

 この2艦が建造された当時、フネの中心線上に単一口径の主砲を配置するやり方が常識になった頃でして、主砲口径は36センチが巨砲扱いでした。
 よって、他国では36cmの2連装砲塔4基8門で満足していたところを、6基12門搭載で勝負しちゃろうという発想が扶桑と山城のコンセプトになっています。

 ですが、いくら軍艦とはいえ、砲塔だけ配置しときゃ済むものではありませんな。なにしろフネですから、エンジンがなくちゃ進めません。機関搭載のスペースが必要であり、主砲6基分の弾薬庫を配置しちゃうと、ものすげーヒョロ長いフネになっちまうわけです。
 しかも防御というものも考慮せねばなりませんので、ヒョロ長いフネは防御区画も長大になってしまい、それなりに重量が嵩みます。
 重量が嵩んでしまうと速度が落ちるのは必然で、出力の大きな罐を使ったり罐の数を増やさねばなりません。するってえとまたフネが大きくなってくという悪循環。
 ようはバランスをいかに設定するかというところで設計者たる造船官の腕の見せ所となるわけです。

 で、扶桑と山城は攻撃力に主眼が置かれ、建造された当時は世界で一番大きな戦艦であり、最強最速の戦艦でした。
 ほんの何年か前まで国内で主力艦を建造することなど思いもよらなかった後進国日本の栄光でもあったわけですよ。

 ところがですね、欲張った設計のツケっつーもんがありまして。

800pxfuso1944

 3番砲塔と4番砲塔が離れていて、また離れて5番6番砲塔が配置されてますな。つまりそれぞれの主砲の火薬庫が離れているおかげで、艦内の区画がブツ切りになっていて、防御上、無駄な重量が必要な設計だったのですね。
 しかも機関を3番4番砲塔間と4番5番砲塔間に分散して搭載せねばならず、機関配置上でもその後の技術の進化について行きづらいレイアウトだったのでした。

 かてて加えて運が悪いっつーか、時代の必然というか。扶桑が竣工したのは1915年ですけど、翌年に第一次大戦真っ只中の欧州で、英独の大海戦が発生します。ユトランド海戦ってやつでして。

 日露戦争における日本海海戦以来の戦艦同士による主砲の叩き合いは、大きくなった主砲口径と飛躍的に伸びた射程距離によって、遠距離からの撃ち合いになりました。
 遠距離から飛んでくる砲弾というのは角度がついて上から落ちてくるもんですが、当時の軍艦というのは上から落ちてくる砲弾については考慮外の設計。まだ航空機が戦力として微力の時代ですんで爆弾が落ちてくる前提もなし。つまり無防備に近かったんです。

 ユトランド沖海戦で、主力艦というものは水平に飛んでくる弾丸だけではなく垂直に近い角度で落ちてくる弾も考慮しなければならない、という戦訓を得た各国海軍ではあったものの、扶桑と山城はそんな思想の前にできちゃったフネです。
 それよりも古い金剛級は速度優先コンセプトの高速戦艦でしたからまだ救いがありましたけど、古い設計思想で建造され、しかも改装の余地が少ないレイアウトの扶桑と山城は、その後の発展が制限されてしまったわけです。

 落下弾に対する防御を強化しようとして装甲を厚くしちゃえば、当然にフネは重くなります。重くなれば速度は落ち、鈍重な行動しかできなくなります。
 それでは進歩した高出力の罐に積み替えればいいだろうという話になるのですけど、罐の配置が制限されちゃってますから、根本的な機関のブランニューも難しい。
 よって、扶桑と山城は中途半端な改装を重ねるしかなく、大東亜戦争の頃には練習用の戦艦扱いにまで格落ちという体たらくだったのですよ。

Fuso_001

 そんなマイナーな扶桑が1/350で模型化されるなんてなぁ。ありえへんと思ってましたが、どうやら欧州では人気があるとのこと。ヤツらのセンスもなかなかやりよる。
 ただ、ちいっと艦橋周囲の視覚的重みが足りず、ヒョロヒョロと長い艦橋になっちまってる気がしましてね。もうちょっと骨太でも良かったのではないかと。

 模型というのは現物の寸法通りに縮小したら済むものではありません。たいていイメージを壊してしまうものです。
 そのへんがメーカーさんのセンスというやつで、特徴をデフォルメしたり強調したりしつつ、いかにホンモノらしく見せるかというものなのですよ。
 そのへんは日本ナンバー1の模型メーカーであるタミヤが上手ですね。かつ、作りやすさも考慮したパーツ分けになってたりして。作りやすくて見栄えもいいとなれば、そりゃ売れますよ。

 寒くなってくると模型を作りたくなる私が注目してみた、扶桑の模型化という話題でした。

| | コメント (0)
|

しつこく1/350について

 きのうの記事について補足。「光学ファインダーが欲しい」のは、一眼タイプのカメラに関してであって、コンパクト機はそこまで求めてはおりません。役に立たない、形だけの光学ファンダーならいりませんから。

 そんなわけで、リコーGRDとシグマDPに光学ファインダーがなくても我慢できます。いざとなったらホットシューに外部ファインダー載せちゃえばいいんだし。

 最近のEVFはかなり見え具合がよろしいので、光学にこだわらなくて良くなってきたのかもしんない、と思う一瞬はあるものの、やはり一眼タイプはきちんとファインダーを覗いて撮りたいっす。
 KDXはライブビュー機能なんざありゃしませんが、光学ファインダーを覗いて撮るわけですから、なんも気になりません。エントリークラスの一眼レフは、ピントの山がつかめればとりあえず可。

 さて、話は当ブログで超不人気ジャンルである模型(^^ゞ

 龍驤や隼鷹のシブさをちょっと書いてみたりして、しょせん人気のある艦船は俺の好みとは違うのだなぁ、というオチなのですけど、1/350の艦船模型はハセガワの他にタミヤとフジミも出してるんですね。
 精密さよりも作りやすさのタミヤ。独自解釈と手抜きのフジミ。そんなイメージを私が持っているのは、きっと古い認識なのだろうと思いつつ、各社Webサイトを見て回ってみると、メーカーさんの性格はあまり変わってないみたいね(^^;

 フジミは金剛を出してんのかぁ。日本の戦艦の中じゃ一番活躍したフネだから、人気あっても当然の存在。

Kongou_1

 でもなぁ、オラっち同じ金剛型でも比叡のほうが好きなんだよねー。あの塔型艦橋が醸し出す情緒が好きで。

 日本の戦艦なら、不人気の極み、扶桑が一番好きでして、あのゴチャついた上部構造物はとても模型映えすると思うのですよ。

Yamashiro_fuso_haruna

 (手前から、山城、扶桑、榛名)日本初の超ド級艦だったのに、防御能力不足が問題視されて活躍できませんでしたが、無理矢理感のある造形が魅力で。
 ダメ戦艦をなんとかモノにしようとして、あちこちいじり回して改装し倒した結果なので、なんともいえない無理矢理感があるんです。

Naka

 巡洋艦なら、どうしてどのメーカーも5,500t型に手を出さないかな。頭数じゃ一番多かったってーのに。
 シンプルなラインの艦体に、細々と上部構造物が並んで。迫力こそなんにもない姿ではありますが、大正モダニズムと形容しますか、なかなかシブいと思うのです。
 キスカ撤退作戦に参加した多摩なら、昨今評価が高くなってきている木村昌福との兼ね合いで、話題性もあると思うのですけど。エッチングパーツも映えると思うんですけどねー。

 駆逐艦の場合、どうしてもそのストーリー性から雪風が日本駆逐艦のホームラン王でやんすな。

Japanese_destroyer_yukikaze3bh73052

 幾多の凄まじい海戦にことごとく参加し、最後は大和特攻にも随伴したというのに、終戦まで生き残った驚異の武勲艦として、その優しい名前の響きも相まって人気。ハセガワもタミヤも1/350で出してます。開戦時の姿が廃番になったようで寂しいものがあります。

Yukikaze_1

 次点で人気は秋月型あたりですかね。大きめの艦体で作り映えしますし、特10cm高角砲を搭載した4基の砲塔が独特のフォルムで、当時としてはかなり先進的な思想によって建造された部分も、日本人のプライドをくすぐるのかと。

Fuyuzuki

 でもですねえ、やっぱり日本の駆逐艦といったら、特型より前の細い艦体を持ったシリーズがシブいと思うのですね。

Yuunagi

 画像は神風型駆逐艦の夕凪。艦橋前の甲板が低くえぐられており、ここへ前部魚雷発射管を設置しているところがフォルムの特徴で、第一次大戦時のドイツ水雷艇も同じようにここへ発射管を置いてますが、真似したのかどうかまではわかりません。
 特型駆逐艦が登場するまで、日本の駆逐艦というのはこのスタイルが基本でして、太平洋の荒波の中でも、艦首を乗り越えた波浪が艦橋へ直接ぶち当たらない構造とのこと。

 中でも神風型駆逐艦のネームシップである神風は、かなりドラマ性のある戦歴を誇った艦で、最後は南方唯一の作戦可能艦として生き残った武勲艦。
 旧型扱いされて地味な任務に黙々と従事していたのに、戦勢不利となって第一線に引っ張り出され、連合軍潜水艦と死闘を重ね、終戦時まで無傷で生き残りました。
 戦後、復員輸送艦指定され、御前崎で座礁した海防艦国後を救助しに出動し、自らも座礁して放棄されるまで、21年に渡って現役を張ってました。

 小スケールの1/700だといまひとつパッとしないフォルムですが、1/350ならけっこう映えるんじゃないかと思いますよ。大正期の艦にありがちなゴチャつき具合が、作り応えを生むと思われますしねえ。
 地味な戦歴ながら、武勲艦として雪風にも負けてないと思いますよ。神風も。

 あー。でも艦の名前がカミカゼだと、ちょっと教育委員会とかPTAから睨まれるかもしんねえっすね。社民党とか共産党から怒られたり、わけのわからない抗議団体が会社の前に来たりして。

| | コメント (2)
|

週刊なんとか

Img_4900_2

 仕事が終わる時間の1時間前に遠隔地で故障が発生するの、やめてほしいよね。日曜の夕方に疾走する社名入りトラック・・・・。

 さて。ミリオタとしては触れねばならないでしょうね。ディアゴスティーニに(^^;

Issue_1_1_2

 1/250スケールですから、今までにない大きさといえます。模型メーカーは1/350でしたから。赤城の全長は261.2mとされています。単純計算で1mを越えますね。
 しかもフルハルモデル(水中部分の船体も再現しているタイプ)で、赤城は飛行甲板の位置が高い空母でしたから、模型の高さもかなりのものになるでしょ。迫力あるな。

 木と金属の組み合わせというところに、作りにくさを感じますなぁ。どちらもそのまんまじゃ塗装できない素材ですけん。
 木製パーツは木目を埋めて表面を円滑にしてやんなきゃなりませんし、金属も普通はそのまんまじゃ模型用塗料は乗りません。すぐ剥げてきます。下地にプライマー塗らなきゃ。

 つまり、作りやすい要素は排除し、大スケールで迫力ある赤城を製作でき、手間をかけて作ることに主眼を置いたキットなのですね。ターゲットは、暇を持て余している団塊世代ってことでしょうな。
 こういったゴツゴツした部分が多い模型は、やはりプラスチックのほうが楽に組めて緻密さもキープできると思うんですよね。

Hasegawa_akagi_3

 1/350スケールながら、同じフルハル仕様のハセガワの赤城。この緻密さはプラスチックならではのものだと思うんです。

 かつての1/700ウォーターラインシリーズは、水中の船体を無視した海の上だけという仕様で、個々の艦に気合を入れるというより、とにかく連合艦隊フルラインナップを可能にする頭数に注力したようなシリーズでしたが、買い求めやすい価格帯を実現してました。
 40年前の模型技術でしたから、現代の目で見たら稚拙な部分が少なくなかったりはしますけど、マイナーな艦も模型化されてましたので、私のようなマイナー志向者にはうれしい部分もありました。

 例えば、空母なら龍驤。軍縮条約内で余った排水量を無理矢理に利用して作られた小型空母で、あちこちに無理がきてる特異な艦形が魅力でして。

Japanese_aircraft_carrier_ryujyou

 また、商船改造空母ながら、ミッドウェイ以降、主力空母不足の日本海軍の中で活躍した隼鷹とか。

Japanese_aircraft_carrier_junyo

 特異な傾斜煙突ですとか、いかにも商船出身のような柔らかなラインを描く艦尾が魅力。こういったオタクな部分がミリオタっていうやつでしてね(^^;
 戦艦なら扶桑。巡洋艦なら5500t型。駆逐艦は睦月クラスと、まあ私はマイナー志向の典型ですが、こうした艦船をきちんと模型化してくれたのがウォーターラインシリーズでした。

 大スケールの模型は、どうしてもメジャーな艦に落ち着くのは仕方のないことと承知していながら、空母ならせめて大鳳くらい模型化してちょーだいよ、なんて思ったりして。大鳳なら赤城ほどではないものの、マイナーじゃねえだろってね。
 でもきっと資料が少なすぎるのかもしれません。残されている写真は少ないですし、なにしろ戦時中で日本のフィルムは品質が悪くなり、残ってる写真のクオリティはかなり低いもので、模型化への資料価値は低いものです。

 で、ディアゴスティーニの赤城に話を戻しますけど、通刊で14万円くらいするそうです。その点、ハセガワの1/350赤城は\24,800ですから。オプションのエッチングパーツをすべて買ったとしてもプラス\33,400(いずれも税別)。
 模型としては安くないものの、ディアゴスティーニよりもは安く、しかもかける手間はエッチングパーツのおかげで同じようなもの。むしろエッチングのおかげでかなりの精密さが出せるはず。

 ディアゴスティーニの場合は資料としても価値のあるものが添付されていますので、赤城の生い立ちから活躍までハァハァしながら興奮したい人にはいいかもしれません。
 でも模型としてはハセガワの1/350っしょ。こっちもかなり気合の入った製品ですんで。

| | コメント (2)
|

きのうの続き

Img_1308_2

 きのうの888。よく観察してみたら、スイングアームは塗装のための仮組み状態。フロントフォークも同じく塗装のために仮組み。
 エキゾーストパイプはチタンっぽい塗装の上から、焼けて青っぽくなったところを表現しようと塗装した痕跡あり。でもサイレンサー回りはツヤのないアルミを塗っただけの状態で、これから気合を入れて塗装しようという段階のようだ。

 888の前に練習用でこさえたデスモセディチで、どうしたらいいのか悩みつつ作った部分を、モデラーの先輩から見せられた某番組の録画で勉強して、それを888に生かそうとしてる形跡がある。真面目だな、俺。
 サーフェイサーをきちんと塗ろうなどと、以前の私の発想じゃありえない。各部の材質も完全に脳内確定でやってたもんなあ。調べてみようなんてちーっとも考えなかったしー。

 バイクに乗るなら直4の私でも、模型的には造形美優先なので、ドカのLツインは作りたくなるエンジンなんであるよ。
 900SSなんてのはロケットカウルのノスタルジックさと、空冷のLツインエンジンがたまらん。空冷エンジンはいいよなあ。ボクサーエンジンのBMWのR80パリダカ仕様は複数作ったし、ホンダのNR750だっけかな、水冷だけど全体の形がおもしろくてやはりパリダカ仕様のやつも作ったっけ。

R039et_2

 完全なAFVモデラーでしかない人が作った、凄まじいR80だったけどもなー。オフ車だから許してちょんまげって感じだった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

ドカ888 その後

 すっかり失念していたが、作りかけのまま放置されてる888について(^^ゞ

Img_1304_2

 実はこの状態で止まったまんまっす。フレーム組んで、スイングアームとケツタイヤ組んで、カウル関係にサーフェイサー吹いたまんま~。

Img_1309_2

 エンジン回りにやたら墨を入れてるくせに、その他はなんもやってないのは、もちろんやる前に放置しちゃったから。
 AFV出身モデラーとしては、なんと非難されようが墨入れは避けて通れない道。不必要なウェザリングもできればやりたいんである。これでも我慢してるんだけどもさ。

 888に関しては、けっこう資料に目を通した。材質はなんだろうかとか、焼けたらどういう色になるんだろうとか、考えながら作ってたんである。けれどモチベーションの燃料不足で放置状態。
 手をかけるだけ、まだいいのかなと思う。未製作の模型がただ積みあがってくだけという状況よりもはずっとマシではあるまいか。

Img_1289_2

 かといってな、作りかけがこうして積み上げられてるってのも問題だよな(^^;

 T34は、手元に古い説明書ナシのT34があって、わかんないとこがあるのでそれの参考用でもあったりする。
 それにしても節操ねえよな。レーサーに飛行機にAFVかよ。しかも密かにグリーンマックスのキットも見え隠れしてやがったりするのだった(ーー;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

バッファロ~

L1010830_1

タミヤの1/48バッファローですがな。
実はオフクロんちの納屋から発見。
箱がウネウネになってますな。湿気を吸って。

オリジナルのバッファロー。3箱キープしてたりして(^^;
だってよー、ゼロとか雷電なら金型新規で新製品っていう可能性が大きいけど、バッファローは不人気機種だもの。
見かけた時にゲットしとかなきゃってんで、20年ほど前にキープした品。

L1010831_1

ほれ。定価¥600だ。

模型って安くつく趣味のはずだったんだがなあ。
いつの間にか高価で大人の趣味になっちまった。

L1010832_1

あぁ?私は飛行機を苦手としてますんで。
製作途中の888もあることだし。バッファローはねえ、どうなることやら。

密かにフィンランド仕様のBwを調べてるのは内緒。

ソフィン戦争のバッファローは、伝説と化してますからね。
ブルースワスチカをいかに再現するかという話で。
デカールねえかと探してみたわけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

デスモセディチ 追補

Img_4387_1

私がこさえたタミヤのデスモセディチなんですけど。
イタリアンレッド1色で、レーサーのわりに、やけにさっぱりしてるなーとは思ってました。

レーサーってのは、普通はスポンサーのマークがデカデカと入ってるもんです。
そしたらですね、本物はマルボロのスポンサーが入ってるとゆーじゃありませんか。

模型業界のお約束で、レーシングマシンのタバコメーカースポンサードと、ナチスのハーケンクロイツはご法度なのですよ(日本ではハーケンクロイツはOK、西欧では違法表示の場合が多い)。
模型を作る→子供→タバコに興味を持たれたら困る、という一連のお役所的発想が背後にあることはすぐわかりますが、いまどきの子供は模型なんか作んねーっての。むしろ大人の趣味になってんのにな。

だいたい模型そのものが安い買い物ではなくなってるし、今の子供は自分の手を動かしてなにかを作り上げるなんてことはやらないのです。
むしろ年寄りのボケ防止とか、高年齢層の楽しみという側面が強くなってきてる気がします。
もちろん、きちんとした大人で模型が趣味という人は少なくありませんし、若年層が気軽に手を出すような価格帯の趣味ではなくなってるのが現状です。

で、マルボロのスポンサーが入ってない話に戻ります。
たまたま用事があって、模型が趣味の先輩のおうちを訪問したらですね、私がモデラーとしてカムバックしつつあるのを知っていて、CS放送かなんかでやってたタミヤのデスモセディチの製作記DVDを、わざわざ再生してくれたんです。

なんだよ、そこはやっぱりそういう再現だったのか。
マルボロのマークが入るんだったのかよ。
そういう技法があったよなー。思い出した。
そんな感じで、温故知新っていうか、いたく刺激されちゃいまして。

すでに888の製作をスタートさせてしまってる私が、どれだけ真面目に組み上げるかはわかりません。
でもデスモセディチはもう1回作ってみようかなー、という気持ちが大きくなりました。

え?888なんてすっかり放り出してるんだろうって?
いーえ。今でも「なんか頭働いてない」と感じると、すぐ手をつけます。
モデラーとしてのこだわりというよりも、今できる精一杯のやり方で組んでるんですよね。

実は排気管のサイレンサー末端を変な形に整形してしまい、ちょっとやる気なし。
戦車のエンジンにならないよう、今回は少々遠慮がちな細工にしちょります(^^ゞ

Img_4447_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

デスモセディチ 終了(^^;

Img_4393_1

結局ですね、クリア吹くの、やめました。
組む順番を間違えまして、もはやクリアを吹けない状態に。

もうデスモセディチはこれでいいかあ。そういう心境になると、模型は終わりですな。
次に組む888へ気持ちは移行しちまってます(^^ゞ

私が作ったデスモセディチは、テキトーな塗装をしてます。
本来のホイールは黒。リアのスイングアームも黒です。
それじゃイタリアンな色にはならんでしょ、という勝手な決め付けで塗装を変更してます。

でもデスモセディチは組んでいて楽しかったですよ。2ヶ月くらい楽しんじゃったし。
色違いのバージョンがあるみたいなので、そちらに再び手を出す可能性があるかもよん。

次回作はドカッティ888ということで。スーパーバイクレーサーですな。
グランプリレーサーと違って、スーパーバイクっつーカテゴリーは市販車改造クラスなのですよ。
市販車改造のレーサーっつーのは、バイク乗りの琴線を揺るがすものがあり(あたしゃバイク乗りじゃないですけど)、しかもドカッティは強制開閉バルブの空冷Vツインと相場が決まってます。
ところがデスモセディチはV4エンジンで、しかも水冷エンジンでやがんの。888は水冷Vツインだしね。

いまどき空冷のレーサーエンジンなんてないか(^^;

ドカっつったら、もう空冷のL型Vツインだろ、という古い頭の私。
でも空冷時代の900SSとかヘイルウッドレプレカは、もう模型屋にないのよ。
それでね、スーパーバイクレーサーで手を打つかあ、みたいな。

888の資料画像を見つけたぞお。でも↓こんなのだったよ(-_-;)

Pic0001393

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ヘタだな、俺

Img_4358_1

デスモセディチが思った通りの出来にはならないことが、まだ製作中なのに判明してしまい、早くも888を買ってきたよ。

中をよく見ないで買ってきたけど、金型と部品割りが少し古い感じ。
調べてみたら、888はやっぱ古いんだな。でも個人的には組みやすそうでいいぞ。
デスモセディチは練習台って感じになっちゃいました。
いちおー完成を目指すけどもさ。

かなーり前に作ったBMWのオフローダーも、作る前に不満足なバイクを2台くらい作ったんだなーと思い出します。
カムバックモデラーは、いくつか作らないとコツが思い出せませんね。

R039et

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

なにがなにやら

Img_4320_1

はい、少しは作業が進んでますね。

フロントフォーク周囲はまだ仮組。
けれど塗装をミスって、フロントのディスクが変になっちゃったんだよーん(T_T)

ええい、とりあえず完成させることに主眼を置きます!
約15年ぶりにいきなりバイクを作ろうったって、簡単にはいかんようです。

ええ、もう次に手をつけるバイクは決めてます。ドカッティの888でーす。
デスモセディチは練習台だと思うことに決めました(-_-;)

それにしても。買った時は「高いな!」と思った模型の価格。
私は価格以上に手間と時間をかけて、価格分は十分に楽しんでるみたいですぜ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧