機材ネタ

F-Xを調達してました

 ブログの編集画面やら管理画面がすっかり変わってしまってて、改悪には定評があるNiftyのこと、わけがわからないまま更新しておりますゆえ、あちこち落ち度があるやも。のんびりと更新してまいります。

 XE-2の次のボディということでフジ写の第3世代センサーを渇望していた私でしたが、実は年明けに調達してましてね。

Dsc01367_2 

 元より一眼レフタイプのボディが望遠系には必要と考えていて、あーでもない、こーでもないと、ストレス頭で出した結論は、X-H1でした。
 第3世代以降のセンサーは電力を食うのを承知しておりまして、それなら最大でバッテリー3個を搭載可能な機種で良かろうと。そして密かに手ブレで泣く泣くボツにしたXF35mm F1.4Rのカットが多かったのを気にしてまして、手ブレ補正搭載機種にいきましょうと。

 まだガシガシ使ったわけではありません。X-E2の延長線上の写りを期待していたんですが、第2世代センサーとは明らかに性格が違いまして。けっこうナイーヴな写りなんですよね。別物センサーという感じがしましたよ。
 そして、当たり前ではあるものの、X-E2とは操作感がまったくの別物。フェザータッチなレリーズもそうですし、やたら減ってくバッテリーとか。旗艦モデルならではの心遣いも感じるんですけども、なんか全然違うんですよね。X-E2とは。

 で、気がついて愕然としたのは、私はフジ写Xが好きなのではなく、X-E2が好きだったのだなって。操作感とか大きさとか、手にしている安心感ね。ライカM5に似た安心感というか、手にしていることを自然に感じているといいますか。
 なんでX-E3はあっちに走っちゃったかなぁ。XE-1の改良機であるXE-2の完成度は、そもそもXE-1のコンセプトが正しかったという証明なのではないですかね。

Dsc01368_2

 いや、頑張ってXH-1を使いますよ。幸いにしてバッテリーがドロップしちゃうとこまで使い倒してはいませんし、そのバッテリーはやめときなさい警告が出るものの、XE-2のバッテリーを使い回せてますし。
 ただ、一眼レフタイプのカメラは、どうしても目立っちゃいますね。これがスナッパー的に泣き所なのかもなーとは感じています。

| | コメント (0)

背負うか背負わないか

Dsc01159_2

 カメラバックは左肩に掛ける右利きですが、実はここのとこ障害が出てましてね。若い頃に左膝を粉砕した後遺症がそろそろ出始めてまして、左右アンバランスで歩き回ってると、左膝がものすごく痛むようになりました。寄る年ウェーブですねw

 カメラバックを軽くすんなら、単焦点レンズをゴロゴロ入れてるよりも、かつてキヤノン機を使っていた頃のようにズームレンズ中心にシフトしてレンズ本数を減らすか、あるいは肩掛けバックをやめるか。
 そんな感じで、撮影スタイルのチェンジも考えなきゃならんのかというグダグダ具合でして。


| | コメント (0)

EF-FX PRO その2

Img_7361_2

 我が家で数少ないキヤノン純正レンズ。そのうちデジタル機に対応しているであろうレンズで、手元のフジ写レンズでカバーしきれていない画角のレンズといえばコレですな。EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STMでやんす。

 当たり前の話ですが、キヤノンレンズ用のマウントアダプタですので、動作にはまったく問題無し。
 ピントの精度についてはワイドレンズゆえ正確なところはわかりません。画像を見る限りは問題なさそう。手ブレ補正もちゃんと効いてますし、AF動作に無駄な動きも見られません。
 ただしこのレンズはいささか硬めに出る描写で、しかも暗いレンズですからね、まだAFについては信用しておりません。
 また、センサーの光の受け方が違うのか、露出の感覚はフジ写Xのデフォルトではオーバー気味に思えます。

 正直、タムロンの便利ズームが使えりゃ御の字だと甘く考えてました。けれどAFは必ず一往復するわ、ピント検出がとても低レベル。手ブレ補正ユニットが唸りを上げますし、あまり使いたくならない感じですね。まだシグマの17-70mmを慎重に使うほうが気楽でした。

| | コメント (0)

EF-FX PRO その1

Dscf4014_2

 X-E2にシグマ17-70mm F2.8-4 DCをEF-FX PRO経由でマウント。そんなに大きなレンズじゃないと思ってたのに、フジ写Xに装着すると派手なレンズに見えますなぁ。

 実は最初、タムロンのSP17-50mm F2.8で試そうとしたのですが、AFが勝手にガーガー動いてる状態で、MFにしなきゃ使い物にならず。フリンガーのファームウェアを最新のVer2.50にしてもダメでした。

 次に同じくタムロンの便利ズーム、18-270mm F3.5-6.3 DI2を装着してみたところ、とりあえず正常に動作しているように見えて、ピント検出があいまいで、絞りの表示もちょっとおかしいような。

 それでシグマ17-70mmにしてみたら、AFが一往復しなきゃ合わない点と、露出補正をかなり入れながら撮らなきゃいけないところが気になっただけで、とりあえず使えそうな雰囲気ではありました。
 ただ実際に使い始めると、手ブレ補正が効いてるのか効いてないのか中途半端な感じで、AFも合ってるように見えて実は合ってないような、なんだか微妙な感じなんですよね。発色もフジ写のセンサーというよりもシグマレンズの色のような。

 あえてキヤノンレンズを後回しにしてるわけですが、マウントアダプタなんて無理してるに決まってまして、正常に動作してくれて御の字と思わなきゃならんのでしょうなぁ。

 EF-FX PROは絞りリング装備で、かなり狭いところにリングがあって使いづらいものの、ないよりはずっとマシでして、慣れればなんとかなるレベル。リングそのもののクリック感などは悪くありません。どうしても調達したいなら、リング付きをオススメしておきます。

| | コメント (0)

手を出してしまった

Dscf3805_2

 我慢できずにポチッといっちゃいましたw

 フジ写純正レンズ以外ではまともなパフォーマンスが発揮できるはずがないシステムだと理性ではわかっていても、ミラーレス機なのだから多少は冒険してみたいイタズラ心を抑えられませんで。
 よくよく考えてみれば、キヤノンEFマウントで私が常用していたレンズは、シグマとタムロンばかりだったのに。
 しかもちょっと古めのレンズ。マウントアダプタが対応してくれてるのかどうかは、実のところ怪しいんですよね。まぁ最後はフレクトゴンでも装着してみっか、という逃げ口を用意しておいてw

 そのうち失敗談を記事にすることでしょうwww

| | コメント (0)

ストラップチェンジ

Dscf3802_2

 DP2XからDP3Merillへ使い回し、X70に使ってたユリシーズさんのストラップが、とうとう寿命を迎えてしまい、春に新潟のヨドバシで調達してた三角リングの出番となりました。
 ストラップはもしかしたらMZ-5からMXへ使い回していたものかもしれません。化繊のストラップのほうが長持ちするってのも、なんだか味気ないですなぁ。気持ちの余裕ができたら、またユリシーズさんのストラップを漁ろうかと思ってますw

 ユリシーズさんのストラップそのものがイカれたのではなく、紐状になってる装着部ですね。この紐が寿命。


| | コメント (0)

手を出しました

 熟慮の結果、今シーズンの残りの予算はCX-3へ回すことにし、新ボディは来年に回そうと決めました。決めましたけど。

 余計な買い物をしちゃいました。失敗談は後日に期待のことw

| | コメント (0)

そうでしたか

20180422_0001

 X70を使ってて、これ28mmの画角じゃなくて、50mmとはいわないまでも、40mmくらいの画角なのも楽しいだろうなぁって思ったりします。無理をしてないレンズでね。そんなに寄れなくてもいいから。

 いやX70のいいところは寄れるとこなんですが、寄れる代償としてフレアが出やすいレンズなら、そんなに無理しない仕様でもうちょっと画角が狭いレンズでも楽しいだろうなぁってね、X70はXユーザーにとって楽しいカメラなんですよ。
 小さく軽く、けれどいろんな仕事をしてくれる。あとはユーザーさんの好みでレンズ画角を選べたら、もっと楽しいはず。

Xe3_0007

 ああ、その正解がX-E3でしたかw

 XF35mmのF2と組み合わせたら、私が欲しいX70になるかもしれませんね。


| | コメント (2)

Lマウントアライアンス、とな

 フジ写Xの写りが気に入ってるんで、もう他社の動向に興味がなくなった私ですが。

 Lマウントアライアンス、とかいう企画。ちょっと気になってます。というのもシグマが参戦表明したからですね。
 フルサイズセンサー載せたボディを出しますよ。しかもSAマウントやめます、と。独自規格ってのはなにかと裏目に出る業界とはいえ、シグマさんはずいぶんと思い切った決断をしたものです。

 で、意外に思ったのは、シグマユーザーはみんな現行のセンサーを支持しているもんだとばかり思ってましたら、Merillセンサーへ戻せという声がけっこうあること。
 ええ、実は私もMerillセンサーを至高と思ってまして、撮影データ量が膨大になろうと、あの写りには代えられぬと感じております。

Sdim0450_2

 手元のDP1Mが壊れてしまい、DP3Mしかないのですが、一時はDP2Mを中古でもいいから調達しようかと真剣に考えておりましたよ。50mmレンズ域を使うようになってきてましたので。
 旧機種よりマシになったとはいえ予備バッテリーを複数持ち歩く手間があって、カメラも使いやすい仕様ではありませんが、それでも使いたいセンサーの魅力ですよね。それがMerillセンサーにはありました。
 USB充電が可能な仕様になってくれれば、今はモバイルバッテリーという便利なものがあります。複数のバッテリーを持ち歩く煩雑さから解放されますよね。

 シグマさんが今さらMerillセンサーへ回帰するわけがありませんけれど、贅沢レンズをたくさんリリースしてみたり、かといってお手頃レンズに手を抜かなくなったシグマさんが参戦するとなると、Lマウントアライアンスからは目が離せないと思っておりますよ。

| | コメント (0)

第4世代センサー

X_t3_0001

 X-T3が出ましたねえ。ものすごい勢いで新製品に更新されている気がするのですけれど、これキヤノンとニコン、そしてソニーに伍してやろうというフジ写さんの矜持の現れである、といい方向に受け取っておきますw

 小さく収まるカメラシステムで、どんな用途にもそこそこ使えまっせ、がTシリーズ一桁のポジションなのでしょうね。銀塩時代の135小型一眼レフの大きさを変えないとこは好感を持ってます。
 X-T2から正常進化、というとこなんですかね。アクロスモードを使ってみたくて、ファインダー視野がいくらか広いX-T2に手を出すか出さないかと2年くらい悩んでるうちに、早くも第4世代センサーですか。チマチマと田舎で楽しんでる貧乏ユーザーはついてけまへんw

 細かいところを比較したわけではありませんが、X-T2に比べてなんだか軽薄なデザインになってません? 気のせいでしょうか。ダイヤル等のデザインは変更になってるようですが。
 コンタックスRTSっぽくて、なんだか良くね?とX-T2は思い込んでたんですけど、X-T3はちょっとイメージ変わったような。具体的にどこがどうというのではないのですが。

Xt20_0001

 実はですね、X-T20でもいいかなーと、最近考えてたんですわ。どうせたいしたもんを撮るわけじゃなし、プロが使うような立派なカメラはいらんよなぁと。
 X-E3のジョイスティックは応答遅れが顕著という情報に、スティックしかないのにトロいとはどういうこっちゃと、興味が失せましてね。余計な操作部材がない潔さはひとつの方向なれど、反応が遅いっつーのはいただけません。

 その点、X-T20は従来型のボタン操作で、あれば便利なチルト液晶を積んでますな。X70を使うようになってから、チルト液晶はないよりもあったほうがいいかもと感じてます。ただしタッチパネルは私には不要でして。ますますX-E3はいらねーかなと。

 お値段についてもX-T20は底値じゃないですか。X-E3は意味不明な上がり下がりを繰り返してますが、X-T20は安定。
 ならばアクロスモードのためだけと割り切って、X-T20の黒にしといて、日光カメラ然としたフォルムは余計なもんをゴテゴテ装備させて誤魔化し。とか考えてました。

 でも新しいセンサーが出たとなりますと、これ半年くらいでX-T30が登場しますわな。どうせなら新しいセンサーがいいですよ。
 で、X-T30の値下がりを待つ間に、もしかしたらX-E3を反省した新型が出るかも!なんていう期待が高まり、ワクワクして待ってるうちにX-T4という無限ループですかw

 そろそろX-E2がファームウェアアップデートでフォローしてもらえない悪寒がありますんで、どこかのタイミングで第3世代センサー以降に乗り換えたいとは思ってますが、第2世代センサーだって使いこなせてないじゃん、という内なるツッコミもあるんですよwww

| | コメント (2)

より以前の記事一覧