映画・テレビ

プログレッシブカメラなのか、汚れを排してないのか

 兵庫県の知事さんが、NHKの大河ドラマの画面が汚いとおっしゃられたとか。

 

 「汚い」という表現は、おそらく従来の大河ドラマ的な美しい画面を期待したか、さもなくば平安時代という上っ面のきらびやかなイメージによるものでしょうなぁ。
 「平安時代」なんてのは平安京にちなんだネーミングのようなもので、平安絵巻なんてものは殿上人や貴族に限った世界。武士をも含む庶民は、健康的ながら貧しい生活を送っていたのですよ。

 前々作である龍馬伝と似た撮り方をしているな、と私は第一話を見て感じまして、これはなんらかの意図を持って従前とは違う平安時代、もしくは平家を描こうとしているなと思いました。いや、普通はそう思うんでないかと。
 当時の市井に立ち入っていた場面の若い清盛を描こうとするなら、当然に貧乏そうな市民が画面に入ってくるはずで、度々起こっていた武闘騒ぎで、街が壊れているような背景があっても不思議ではないと思うんです。

 きらびやかな原色が平安の象徴ではなく、それは歴史の表層ともいうべき教科書的なイメージでして、現実にはいつの時代にも庶民は存在していたのですよ。それをスルーしてしまっては市井を描くことにはなりますまい。
 その点で龍馬伝がやたらリアルな絵に感じたというのも、おそらく幕末の古写真のイメージが私の中にあるからなのだと思いますが。

Mrs_uchida

| | コメント (0)
|

どうぞ安らかにお眠りください

Nakedgun

 主演のレスリー・ニールセン氏が先月28日にお亡くなりになりました。享年84歳。合掌。

 こういったバカ映画の中では、『HOT SHOT!』と並び、二大名作シリーズと個人的に受け止めておりますよ。
 なにしろハリウッドが作る力押しのコメディというのは、これでもかというくらいにネタを押し込んであり、俳優さんも照れとか衒いなんてものはなにもなく、ひたすら集中して演じております。
 「シャレなんですからわかってくださいね?」という日本のコメディにありがちな俳優の手抜きは一切ありません。

 この手のバカ映画というのは、映画を芸術の一端と考えるファンからは評判が悪く、存在が軽いためかTVでも何度か放送されたりしてみんな知っており、なんとなく扱いが薄くなりがちなのですが、じゃあ力押しのコメディをこれだけ作ってみんしゃい!というくらい、簡単に真似ができるものではありません。

 もう人生に自信が持てないくらいに落ち込み、ふと立ち寄った映画館でこの映画を観たと思いねえ。
 きっと「なんだか俺はつまんねーことで悩んでたな」と気がつくか、「人生もそんな捨てたもんじゃねえかもしんねーな」とね、きっと元気づけてくれるはずなんです。
 大きな感動なんか最初から与えようとなんざしてません。笑ってほしい。ただそれだけ。そこへ注力した時のハリウッドのものすごさですね。

 勘違いと下品の嵐。いいじゃないですか。世の中なんて、一枚幕をめくってみれば、現実もこんなもんなんです。

| | コメント (0)
|

再びMR.ルーキーについて

 明日の夜にテレ朝系でやる『スリーハンドレッド』って、もしかしてテルモピュライの戦いでないかい?

 300人vs100万といえば、有史上テルモピュライがもっとも有名かと。西欧ではポピュラーな史実らしく、いろいろと引き合いに出されますね。『ラストサムライ』でもエピソードがラストの味付けになってました。

 ギリシアとかローマ時代の歴史にとんと疎い私は、あまりその方面の映画を見ないのでありますが、テルモピュライはミリオタとして把握しておりましたので、ちょっと興味があります。
 絶対少数で防御戦闘となったら、戦場と天候、そして時間帯を選ぶしかないと個人的に考えてはおりますが、300人で大軍を相手にするなら、隘路に布陣するしかないでしょうね・・・・。

 で、映画ネタ。ゆうべね、週末のオッサンにありがちなんですが、TVが大変につまらなく、ひとつ在庫のDVDでも見ようかと。なんの気なしに『MR.ルーキー』を選びましたよ。

Mr_rookie_1

 前にも書いたことがあると思いますが、この映画、邦画として偉大なるB級映画だと思うんですよ。演技の面でつたない場面があったり、あるいは過剰な場面があったりはしますが、まだ俳優ヅラしていない長嶋一茂のおかげで、なんとなくうまくまとまってるんですね。

 サラリーマンがプロ野球選手と兼業。しかも家族には秘密っていう、世のサラリーマン諸氏なら簡単に感情移入ができちゃうシチュエーションがいいんです。
 また鶴田真由の奥さんがなかなかよろしく。テンション高えなぁとは思うものの、ありがちな奥様でして、けっこうリアルな気がするんですね。

 ええ、現実では120%あり得ない設定です。正体不明の選手は日本プロ野球で登録は不可。サラリーマンとの兼業も不可。
 でも、なんとなく市民の日常感覚の延長線上で、こういうこともあるのかなと思わせてくれる理由は、阪神タイガースの持つ独特の浪花節的ノリでしょうね。阪神ならやりかねない。そういった部分を上手に生かしていると思います。

 アパートに私以外は住んでないのをいいことに、ラストの場面で六甲おろしを唱和してしましました。
 阪神ファンじゃないし、野球に興味はないんだけど、つい歌ってしまう六甲おろし。

| | コメント (2)
|

やるなぁ 松平健

 松平健の海原雄山って、かなーりハマってるかも。意外に似合ってんだよなぁ。

 レレレのおじさんやったりしてね。あんなシブいレレレのおじさんなんかいねえっつうの。

| | コメント (0)
|

珍しくドラマの話

 オッサンのくせして楽しみにしてるマンガがあるのって、子供っぽいですが(^^ゞ

 このところ楽しみにしてるのは、やまさき拓味の『優駿の門 ピエタ』、そして村上もとか『JIN 仁』です。
 JINがドラマ化されると耳にし、原作でさえ迷いが感じられる展開をしているというのに、どうまとめるのかと思いつつ、なんだよTBSじゃ秋田で見られねーじゃーん。秋田にはTBS系の局はありませんから。

 秋田放送は立ち上げ時にTBS系でしたが今は日テレ系。けれど元TBS系ということもあってか、日曜16時半から1時間枠というハンパな時間帯にTBSのドラマをやってんです。華麗なる一族とか、この時間帯でしたね。
 日曜はだいたいフジ系の競馬中継を見たらそのままチャンネルで、笑点が始まる時間にチャンネルを切り替えるって感じでしたけど、今日の天皇賞をたまたまパソコン地デジで観戦しておりましたので、電子番組表をすぐ確認できる環境だったのでした。

 で、TBSドラマ時間枠でJINをやってるじゃないですか。こりゃひとつ見てみようと思いましてね。
 原作のストーリーを生かしつつ、オリジナルの場面を入れ、ドラマオンリーの設定も取り入れてうまくまとめてますね。
 綾瀬はるかの力が入りすぎた演技、内野聖陽のいつもながらの怪演が、話題として先に耳に入ってきておりましたが、あれなら安心して見てられます。

 『究極超人あーる』の頃からゆうきまさみのファンでしたので、密かに『鉄腕バーディー』もフォローしてはいるんですけどもね(^^;
 ゆうきまさみが不定期に更新してるブログに掲載されていた直筆の絵で、『じゃじゃグル』絡みでおもしろい絵があったので、見にくい寸法かもしれませんが無断転載しときまーす。サムネイルなんで大きくなりますが、あまり大きくなりません(^^;

2ca4f4340374448d7d1564cdb0e5068em_3  

| | コメント (6)
|

もしや滝クリ?

 滝川クリステルじゃないか?と資生堂のCMを見て一瞬思ったのですが、よく考えたらニュースJAPAN見てない俺。オッサンなんで寝るのが早い♪
 しかも最近の芸能人は名前が全然わからない。顔と名前が一致しない。テレビに出てる人に興味ないからなんですよね(^^ゞ

 各放送局のスポンサー収入は凄まじいまでに低下し、番組に予算をかけない=外部の人間にギャラを支払わず月給で済む局アナを全面採用、という流れのようで、系列子会社所属の「斜め45度の美女」はヤンピになったとかならないとか。

 でもニュース読んでる時よりCMのほうが数段魅力的な表情してますよね。オリエンタルビューティーたるTSUBAKIのブランドに合うかどうかはともかくとして、この生き生きとした表情のハーフは誰よ?と気になっちゃうくらいですから。
 名だたる女優さんに伍して存在感を示してます。彼女を起用したディレクターは殊勲賞モノですな。

20091008181512

| | コメント (0)
|

いい女は早死にする?

 大原麗子が死んじまったよorz

20081107org00m200010000p_size5

 記憶に残る範囲内なら、私がテレビで見て「きれいな人だなぁ」と思ったたぶん最初の女優さんなのですよ。
 とくにあの少し枯れた声がたまらなく。枯れているのに甘ったるいというか。目の前で「ウフフ」なんて笑われたら、たまらんよなぁと思います。

 追悼関連で20年前の大原麗子さんが徹子の部屋なんかに出てるのを見ましたらですね、いや、やっぱりお美しい。
 今の私と同じくらいの年齢なんですが、「かわいげ」があるのですよ。あれで本当に「仕事を持ってる女は男と同じ」だけであるなら、かわいい女オーラは出まへん。

 いい女がまたいなくなっちまったなぁ・・・・。合掌。

 話は変わって。

 名作『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦』を実写化した映画が秋に公開されるらしいっすな。『BALLAD 名もなき恋のうた』というタイトルで。
 個人的には実写化にかなーり疑問を抱いておりまして。実写ではカネや手間がかかってできない綿密な時代考証と、骨太の「人が死ぬ意味について」という大きな問題を、コメディの中のキャラクターに載せてきた戦国大合戦なわけで、アニメならではの描写で完結させているところがあるというのに、実写化というのは本末転倒というかなんつーか。

 アニメのくせして黒澤映画を意識したカットを盛り込むなど、制作側でかなり手間をかけてるモノを実写化しちゃったら、単なる黒澤のパクリになっちまうんじゃねえのかと思ったりして。
 うまく言えませんけど、原作を越えることはなかろうと。そんな気がします。なにより野原家一家が出てこないなんてねえ。みさえとひろしがいいとこ見せてたのに。

| | コメント (9)
|

いい加減にせい(-_-;)

 前々から気になっていたので書きますわ。「秘密の県民ショー」とやら。最近はちょっと捏造に近くね?

 あのね、末廣ラーメンってさ、秋田の店だと誰も思ってないから。店内の能書きのおかげで京都のラーメンかと思ってるしー。
 しかも味が濃すぎて、酔っ払いじゃなきゃ食えないくらい塩っ辛くて。一時的に塩ラーメンをメニューに加えていた頃は薄味で私も通ってました。朝から店を開いてるんで、冬場の夜勤明けに重宝したもんですが、どう考えてもダシを濃いタレでだいなしにしていて閉口したものです。

 当地のローカルTV局のラーメンアワードでなんかの賞をもらったらしいですけど、あれが秋田人の味覚かと思うと悲しくなるくらい、舌の貧しさを物語ってると私は思います。
 田舎に帰ってきてから確かに塩気を求める舌になった私ですが、さすがに末廣のラーメンはしょっぱすぎますぜ。私の周囲ではみなさん同意見ですね。当地では年寄りの支持がある店、と申しておきましょう。

 あとさ、いつだか「なんでも寒天にしちゃう」っていうネタもありましたけど、あんなことやってんのは県南のごく一部。
 豆腐カステラだって、子供の頃に見たことがあるだけで、売ってるとこなんか今でも見たことありません。
 それをもう「秋田県民夢中!」なんて、無理がありすぎ。ネタがなくなってるんだなぁと感じさせてくれます。齢70になる農村暮らしのオフクロも同意見ですから。

 隣県である山形のソバとか、盛岡冷麺を食べるとですね、秋田ってやっぱり舌が貧しい土地なのかなぁと思いますよ。ああいったタレやスープの微妙な味加減って、秋田の文化にはないですもん。

Img_2094_2

| | コメント (4)
|

涙するおっさんについて

 TVのワイドショーやらなんやらで紹介され尽くしている感がある英国の番組、『Britain's Got Talent』。夜勤体制に入ってると平日の午前中の番組をTVで見てたりするからね(^^;
 ポール・ポッツのブレイクはゴールデンタイムの某番組で紹介されて周知のこととは思うけれど、それに続くスーザン・ボイルもすげえんだわ。

 スーザン・ボイルを知らない人は、ぜひYOUTUBEで確認してほしい。日本語字幕付をオススメしとく。
 「ポール ボッツ」と「スーザン ボイル」のサイト内検索で済むが、今や「スーザン」で検索してもトップに並ぶから心配ないぞ。ポールのやつは某番組バージョンでいいよ。

 ここへ映像を直リンするような無粋な真似はよしておく。ただ、私は某番組を視聴している時からすでに歌声に感動して涙していた。ナマで聴いてた聴衆の感動はそれ以上のものであったろうと思うと羨ましいくらいである。
 スーザン・ボイルもかなりキテる。彼女の場合はまだ予選突破の段階でしかないが、今後進展があればきっと某番組で取り上げることと思う。

 本選で落ちようがなんだろうが、47歳独身無職、キスの経験すらありませんの女性が歌い上げる歌は、選曲も絶妙ながら、聴いている人間に訴えかけるものがある。歌声の見事さを越えて、なお訴えかけてくるものがあるのだった。40歳を越えてからすっかり涙もろくなってるビヨさんは、感動しちゃって大変であった。

 そして中年独身の身としては、どうせこの先なにも楽しいことなんかあるわきゃないのよな、と惰性のみで生きてるに等しい。
 けれど、この世の中はそんなに捨てたもんじゃないのかもしんない、と思わせてくれるだけ、感動にも価値があるというものである。

 英国TV番組独特のイヤらしさはあるんだけどもな。

| | コメント (2)
|

レッド・クリフ視聴中

 あんまりサボってっと、イジけてんのかと思われるからなぁ。とはいえ、春だというのにナーバスな私なので、軽く更新。

 実はデスクトップ機にデジタルチューナーを繋いじゃってな。19型ワイドの安物液晶ディスプレイが密かに地デジ化しちょる。
 映像の色合いは安物なんでアレだけど、ワイド画面で地デジを見られるってのはいいものよのう。格安デスクトップ機を譲ってくれたはもさんに感謝。クロックアップで楽しんだり、いろいろ遊んでるよ。

 というわけで、TVでやってるレッドクリフを見てんだけど。日本におけるキャラのイメージとキャスティングがけっこう違いますな。関羽の肉体の貧弱さったら。ナデ肩の関羽なんてありえねーだろってw

 趙雲は若々しいくせにシブくてニヒルな二枚目であってほしいし、張飛はひたすら傍若無人なワイルドであってほしい(張飛の見せ場の長坂橋がハショられてんのは悲しい)。
 もちろん劉備は人間的魅力が滲み出るキャラでなくてはならず。孫権はボンボンっぽい外見が似合う気がするし。曹操は人間的奥深さと怪しさが同居してるルックスが似合う。
 諸葛孔明は顔色ひとつ変えない完璧な冷静さがあって当然。ノーミスのスーパー軍師だもの。周瑜は甘い二枚目のマスクじゃないとなぁ。デロリとした二枚目なのに、中身はシャープ。外柔内剛の典型的なタイプだと思う。

 とはいえ、我々日本人の持つ三国志キャラのイメージというのはもっぱら吉川版三国志がベースになっており、原典は三国志演義という中国のフィクションである。正史ではない。江戸時代に日本語訳された通俗三国志の影響もあると思われる。
 おそらく中国においても現代中国版三国志というようなものが存在するのであろうし、それは吉川三国志とノリが違うはずである。
 しかも映画化に当たって脚色した場面もあろう。現代日本の我々のイメージが違っても仕方ないか。

 ところで、甘興って誰だよ。映画化オリジナルのキャラかい?日本人をキャスティングするための。
 女性キャラに力を入れすぎって感じもする。小喬が活躍しすぎ。冒頭の身投げの場面は必要なシーンだけどもな。

| | コメント (0)
|