ちょろすな

水害とは無縁の畑

Dscf2514_1
 Fujifilm X-E2 + XF16mm F1.4R WR  1/160  f/11.0  ISO=400

 絞っても試してみました。フジ写Xのレンズにありがちなところで、だいたいf/8.0くらいからコントラストと先鋭度はおとなしくなっていきます。
 これはf/2.0くらいの描写と比較しての話。普通にピシッと写ってはいるんですが、開放に近いところのイメージから、物足りなく感じることがあるかもしれません。

| | コメント (0)
|

航空防除の旗

Dscf2506_1
 Fujifilm X-E2 + XF16mm F1.4R WR  1/20000  f/1.4  ISO=400

 開放バカ状態になってます。24mm相当画角のレンズで絞り1.4の開放っつーのがどうにもイメージできませんで、とりあえず撮ってみることを繰り返してました。
 1.4だとこんなに背景がボケるのかと当たり前のことが新鮮で、ヌケがいいレンズであるということと、開放なのにピントが来てる距離のシャープさにも驚きました。

| | コメント (0)
|

でぶ

Dscf2499_3
 Fujifilm X-E2 + XF16mm F1.4R WR  1/30  f/1.4  ISO=4000

 でぶちん。ISOをオートにしていたら、やっぱりガンガン上がりますねえ。スポット測光で撮ったからですね。

 お盆休みという形で連休を延長することが事情でできませんでした。次の週末の前後に休みを取ってみたんですが、出かけようかと思っていた宮城方面、天気が思わしくない感じですねえ。残念ながら計画中止でやんすねえ。

| | コメント (2)
|

寄って開けたくなる

Dscf2493_1_2
 Fujifilm X-E2 + XF16mm F1.4R WR  1/50  f/1.4  ISO=400

 未明の朝日が顔を出す前の畑にて。どうしてもね、絞り開放で寄りたくなる仕様のレンズなので、ワンパターンになりがちなところ、まだまだ手の内に入らないレンズということですねw

| | コメント (0)
|

おちょこ

Dscf2472_1
 Fujifilm X-E2 + XF16mm F1.4R WR  1/90  f/1.4  ISO=200

 鈴木さんの名前が入ったおちょこ。あるようでない品。

| | コメント (0)
|

リサイクル

Dscf2471_1_2
 Fujifilm X-E2 + XF16mm F1.4R WR  1/30  f/1.4  ISO=640

 ワンカップのガラス容器をコップに転用する貧乏な台所は、どこの誰の台所だい?

| | コメント (0)
|

秋の気配

Dscf2454_1
 Fujifilm X-E2 + XF23mm F1.4R  1/1000  f/5.6  ISO=200

 台風5号が通り過ぎたら、いきなり北国は涼しくなってきましてね。空が高くなってきたなぁと、秋の気配を感じます。ドタバタしてました春から夏はあまり出かけられませんでしたが、いよいよ野営を含めて出かける季節が来ましたかね。

| | コメント (0)
|

まんぷく

Dscf2453_1_2
 Fujifilm X-E2 + XF23mm F1.4R  1/400  f/5.6  ISO=200

 晩酌生活を脱すると、夕方から夜にかけて時間ができたりしましてね。「夜が長い」といいますか。
 近所に飲食店が少なくない環境ですんで、カメラ片手にラーメン屋までブラブラ歩いてみたり。

| | コメント (2)
|

手形

Dscf2443_1
 Fujifilm X-E2 + XF23mm F1.4R  1/1000  f/5.6  ISO=200

 ある町の廃校跡地にあったレリーフ。といってもOBの手形ではなく、どうやら公募の模様。法面をカバーする石材にひとつひとつ手形が彫り込まれていたのでした。不思議な光景です。

 ノイズは後処理で加えています。

| | コメント (0)
|

現代的な

Dscf2435_1
 Fujifilm X-E2 + XF23mm F1.4R  1/320  f/11  ISO=200

 なんかこう、現代的な写りのレンズだなぁって思います。優等生レンズですよね。

| | コメント (0)
|

より以前の記事一覧