ちょろすな

盛岡方面 その14

Dsch0208_3
 Fujifilm X-H1 + XC16-50mm F3.5-5.6 IS  f/8.0 1/20 ISO=640

 で、その先にあるレンガ造りのシブい建物に入ってみたわけですけども。

| | コメント (0)

盛岡方面 その13

Dsch0206_1
 Fujifilm X-H1 + XC16-50mm F3.5-5.6 IS  f/5.6 1/500 ISO=200

 そして翌日は盛岡市内を散策。盛岡という街はこじんまりとしてますが、徒歩で移動するのが当たり前の街でもあるんです。
 新潟市もそうでしたが、徒歩で移動する都市は地方都市だとしてもなかなか廃れません。弘前もそうかもしれませんね。徒歩移動の街は商店街も生き残ってるケースが多いですよ。

| | コメント (0)

盛岡方面 その12

Dsch0200_1
 Fujifilm X-H1 + XC16-50mm F3.5-5.6 IS  f/5.6 1/80 ISO=6400

 アクロスモードが優秀すぎて、モノクロに逃げたくなる気持ちを抑えるのが大変になりますね。フジ写X三世代センサーは罪なセンサーですわw

| | コメント (0)

盛岡方面 その11

Dsch0199_1
 Fujifilm X-H1 + XC16-50mm F3.5-5.6 IS  f/5.6 1/50 ISO=5000

 夜の街のこういうウインドウ、好きですw

| | コメント (0)

盛岡方面 その10

Dsch0197_1
 Fujifilm X-H1 + XC16-50mm F3.5-5.6 IS  f/8.0 1/40 ISO=12800

 北東北で歓楽街といえば秋田市の川反が有名らしいですけど、盛岡の歓楽街のほうがはるかに煌びやかですわ。

| | コメント (0)

盛岡方面 その9

Dsch0196_1
 Fujifilm X-H1 + XC16-50mm F3.5-5.6 IS  f/8.0 1/50 ISO=12800

 最高感度でf8.0まで絞ってこのくらいの絵になるんですね。20年前には想像できなかった世界ですぜ。

| | コメント (0)

盛岡方面 その8

Dsch0195_1
 Fujifilm X-H1 + XC16-50mm F3.5-5.6 OIS  f/8.0 1/80 ISO=6400

 後から知ったのですが。ちょっとディープな飲み屋区画へ入りかけていたみたいです。この小路を入らず真っ直ぐ行ってしまうと、石鹸の匂いが濃い地区だったようで。
 そういえば20年くらい前の日中にこのへんをブラついたような朧げな記憶が。当時は女房といっしょに歩いてましたねw

| | コメント (0)

盛岡方面 その7

Dsch0192_1
 Fujifilm X-H1 + XC16-50mm F3.5-5.6 OIS  f/8.0 1/80 ISO=3200

 線が太いレンズのイメージがあったのに、被写体によってはそう感じないものですね。

 いろんな方の作例を拝見し、線が太い描写という印象がありましたし、光線状態によっては変な色に転ぶことがあるのも把握してましたが、色に関してはカメラ側の制御もあるでしょうから。レンズのせいにはしたくありません。
 なによりセコハン激安でして、惜しげもなく使えるレンズというのは1本手元に置いておくべきだと思ってます。安くて軽くてコンパクト。24-75mmくらいの画角でつぶしが効き、ちょっと暗めのズームだけども手ブレ補正内蔵。
 もしかしたらレンズ壊れちゃう場面かもな。今の私にそういうシーンが訪れるかはわかりませんが、現代の電気カメラを使うには、壊してしまってもかまわないレンズって、用意しておくべきのような気がしてます。

| | コメント (0)

盛岡方面 その6

Dsch0187_1
 Fujifilm X-H1 + XC16-50mm F3.5-5.6 OIS  f/8.0 1/25 ISO=400

 夜なのにf/8.0まで絞れて手ぶれの心配もあまりない。フィルム時代と比べ隔世の感がありますよね。というか、それを期待してのX-H1というチョイス。
 さすがにバッテリーはかなり食いますよw 私はカット数が少ないからなんとか誤魔化せてるものの、普通は増設グリップ追加がデフォでしょうね。
 第一世代の旧型バッテリーを入れると警告が出るのはビックリしました。そのまま使えますけど。

| | コメント (0)

盛岡方面 その5

Dsch0186_1
 Fujifilm X-H1 + XC16-50mm F3.5-5.6 OIS  f/8.0 1/20 ISO=12800

 盛岡の夜はXCレンズオンリーで。わりと頑張るレンズだと思いません?

| | コメント (0)

より以前の記事一覧