ちょろすな

出番

Dscf2382_1
 Fujifilm X-E2 + XF35mm F1.4R  1/2500  f/1.4  ISO=200

 雪国で冬場に眠さが気になることがあっても、春が来て夏が来ると、このレンズに安心感があったりします。
 なんというのでしょうか、使っていて安心感があるというか、銀塩上がりのモヤモヤを落ち着かせるというか。
 絶対的な写りだけでどうのこうのと語るレンズではありませんね。いろんなとこが絶妙なんです。絞り開放だとほどほどに破綻しますし、かといって光線状態が悪くてもそんなに破綻しない。

 ふんわりとしてるかと思うと線が細い描写を見せたり、きつい光線なのに丸め込んでみたり。このレンズの味付けが「神レンズ」なのでしょうね。なかなか飽きが来ません。魅力的なレンズです。

| | コメント (1)
|

早朝

Dscf2379_1
 Fujifilm X-E2 + XF55-200mm F3.5-4.8R LM OIS  1/640  f/8.0  ISO=200

 早朝の農村なう、みたいな。

 このクラスの焦点距離でもうちょっとピリッとした写りを求めてしまうと、フジ写の場合はお大尽級レンズになってしまうのが困りもの。お値段も重量もお大尽級。

| | コメント (0)
|

不満

Dscf2366_1
 Fujifilm X-E2 + XF23mm F1.4R  1/5000  f/2.8  ISO=200

 まだ梅雨前だというのにどんよりとした天気が続く当地。そんな空の下でリバーサル使ってりゃこんな感じだったよなー、という絵作りだったりしてw

 職場の色々としたアレで、週休二日の日勤生活なんか望むべくもない日々になってしまい、しかも明け番はいつも天気悪い的な。やる気が起きませんwww
 梅雨前の初夏の新緑時期が、一年で一番好きな季節なのですが。欲求不満なのでした。


| | コメント (0)
|

とくに意味なし

Dscf2364_1
 Fujifilm X-E2 + XF23mm F1.4R  1/200  f/8.0  ISO=200

 梅雨前の緑を殺したくなくてB/W化への欲求を抑えましたw

 とくになにかあったわけではありませんが、更新をサボッておりましたのよ。

| | コメント (0)
|

路傍の花

Dscf2359_1
 Fujifilm X-E2 + XF23mm F1.4R  1/500  f/5.6  ISO=200

 30年くらい前はそんなでもなかったと記憶しているのですが、お堂とかお地蔵さんの周囲には必ず花が植えられるようになりましたね。
 曼殊沙華とか球根植物は昔からよく植えられていたようです。これは古来から続く球根を非常時の食用とするためかと思われます。水にさらして毒抜きをしてですね。
 それとは別に、慰めるために花を植えるというのは、ここ20年くらいで農村へ浸透してきたような。

| | コメント (0)
|

花の季節

Dscf2353_1
 Fujifilm X-E2 + XF23mm F1.4R  1/8000  f/2.8  ISO=Auto(400)

 北国では花の季節になりましたね。路傍の花を愛でたりする季節ですが。

 今年はこの花がやたらたくさん咲いている地区がありまして。無念ながらも花の名前をよく知らないもので、なぜこの花が大量に繁殖し始めているかもわかりません。
 冬季の融雪剤散布車のタンクに種がたくさん入ってたりして? などと考えたくなるくらい、道沿いに咲いています。

 画面左上の蜂は単なる偶然で、EVFでは確認できておりませんでした。EVFとはそういうものなのか、それともファインダー倍率とか見え具合の問題なのか。

 

| | コメント (4)
|

早すぎる陽気

Dscf2345_1
 Fujifilm X-E2 + XF55-200mm F3.5-4.8R LM OIS  1/500  f/8.0  ISO=Auto(400)

 北国において5月というのは、前半はまだ朝夕が寒く、後半から陽気が少しずつ元気になっていくのが定番なのに、今年はどうしたものか、いきなり暖気が元気になりましてな。なぜか梅雨前みたいな積乱雲が平気で出現したりしてますのよ。

| | コメント (0)
|

サイバー(昭和)

Dscf2343_1
 Fujifilm X-E2 + Digital King TFX-02 Fisheye  1/30  f/7.4  ISO=Auto(3200)

 ザ・工場、みたいなシーン。

| | コメント (0)
|

マンホール&ラッタル

Dscf2341_1_2
 Fujifilm X-E2 + Digital King TFX-02 Fisheye  1/30  f/7.4  ISO=Auto(3200)

 カラー画像をモノクロっぽく。暗い場所でピントを探るのが至難なところは、このレンズとEVFの組み合わせで泣き所ですねえ。

| | コメント (0)
|

そして配管

Dscf2340_1
 Fujifilm X-E2 + Digital King TFX-02 Fisheye  1/25  F/7.4  ISO=Auto(6400)

 このところカメラ業界の凋落が激しく、メーカーさん内での事業部再構築や、予定していた商品が発売されなくなったりとか、あまりよろしい雰囲気ではありませんね。ショボいニュースばかりが流れてくる感じで。
 DC市場は台数ベースで往時の2割ほどしかないとか。カメラ以外の事業を上手に育てた兼業メーカーさんは踏ん張っているようですが、DC事業の比重が高いところは厳しいようで。

 これからカメラ趣味ってのは贅沢な趣味になっていくのかもしれませんね。カメラの性能をひたすら高めて価格も高める方向もあるでしょうし、銀塩時代のカメラから離れずその魅力を押し上げていくメーカーさんもあることでしょう。
 いずれコストはどんどん上がっていくことでしょうから、今のうちにレンズを揃えておいたほうが(そっち方向かw

| | コメント (0)
|

より以前の記事一覧