ちょろすな

十ノ瀬 その10

Dscf3579_1
 Fujifilm X-E2 + XF35mm F1.4R  1/250  f/5.6  ISO=200

 たまにシャープネスを追加したくなるところはありますが、なんだかんだでかわいいレンズなんですよね。XF35mm F1.4R。
 なんというんですかね、いかにも高速標準レンズでござい、という性格付けがね、いいんですよ。わざと満点主義のレンズにしなかったでしょ、というね。

 関西で大きな地震がありましたな。仕事柄、地震の度に書き込んでる気はしますが。電気はインフラの中で最も復旧が早く、関西電力は地震発生後のわずか3時間以内に停電をほとんど復旧させました。やるな関西電力。
 ガスと水道は地中埋設の弱みで復旧が遅れがちですが、ガスは危険だからと元から送出を停止しても直接市民生活に響かないかもしれませんが、上水道はモロに影響あります。
 で、水洗便所の水は、台所の蛇口をひねると出てくる水道水と変わりません。普通に飲めます。
 ですんで、地震直後に水道がまだ使えるなら、バケツやら浴槽やら、とりあえず水を早急に溜めておき、それをバケツで水洗便所用に使い、便所の隅にある水溜容器の水はキープしといたほうがいいですよ。いよいよ切羽詰まったら飲用にしちゃえばいいんです。

 ところがですね、熊本の地震の本震の時に、あまりにも激しい縦揺れで浴槽の栓が飛んで抜けちゃい、せっかく溜めた水がなくなっちゃったケースがあったらしく。
 となれば、2Lサイズの空きペットボトルが最強かもしれません。理想的な採水は、背が高いバケツとかに水を溜めておいて、そこへ空のペットボトルを沈めて蓋をする採水方法。
 飲用にする可能性があるのなら、ペットボトル内に空気が入らないよう採水すべき。容器内に空気が残ると、そこから水へ含まれる不純物の酸化が始まりますから。

 これは水質分析で実際に行われている採水方法です。採水してから分析場所まで運ばれる間、クルマに揺られてシェイクされますわな。その際の影響を最低にすべく、容器の中には空気が残らないように採水するのですよ。
 市販のペットボトル飲料に空間があっても、あれは空気ではなく主に窒素を充填してますんで。中の飲料には影響が最低限しかない仕掛け。

 本震なのか前震なのかわからないうちは、ある程度は備えておくことをオススメ。2Lペットボトルなら1人前で1日/2Lを最低限の飲料目安としておくといいと思います。
 本格的な大震災クラスなら4日分。最低でも3日粘れば必ず救助隊が来る日本だといわれていますが、余裕をもってプラス1日で。電力の復旧で最長4日とされてますから、電動ポンプで井戸水を汲み上げてるケースも含みつつ4日分。

| | コメント (0)
|

十ノ瀬 その9

Dscf3560_1
 Fujifilm X-E2 + XF35mm F1.4R  1/500  f/2.8  ISO=200

 ええ、顔が写らないように気を使ったりして。そんな自分にイラつきますw

| | コメント (0)
|

十ノ瀬 その8

Dscf3632_1
 Fujifilm X70  1/640  f/2.8  ISO=200

 思い出作りの自撮り棒組は、どうしても被写体にしやすいですねw

| | コメント (0)
|

十ノ瀬 その7

Dscf3582_1
 Fujifilm X-E2 + XF16mm F1.4R WR  1/1250  f/1.4  ISO=200

 自撮り棒全開のリア充をアウトフォーカスで。

 重量級で高価で絞り全開番長のXF16mmを調達したのは、換算28mmの画角では知らないふりして画面に人物を置くには狭く、かといってXF14mmのように換算21mmの画角では広すぎて整理する自信がない、という消極的な理由だったり。明るい24mm換算レンズに置く私の意味はそのへんw

 っていうか、肖像権クソ食らえの私でも、ちょっとは気にするようになってきましたねえ。いちいち被写体に撮影許可を求めるような手間なんざ、それスナップの意味ねーじゃんと馬鹿らしくてする気にもなれませんが、無用なトラブルもね、あまりいただけないなと。

 某SNSで見かけた話で、鎌倉にレンタル和服で繁盛している店があって、そのまま街を散策できるのが好評なんだそうです。
 あのシブい街並みを和服で散策できるってのは、そりゃ楽しいだろうと思う一方で、梅雨時に鎌倉の街並みと和服の組み合わせはシットリとした絵になるかもな、と推測する撮影者の私もいるわけです。番傘なんかあると、これまたよろしいかと。
 そのへんの頭の中に描く雰囲気というのは、ある程度は撮ってる人なら誰でも思い浮かべるものでしょうが、美味しい絵を狙って、その和服レンタル屋さんの前で待機しているカメラマンがいて、ずっと尾行してくるんだそうです。

 尾行ってのはどうなのよ?と思いますが、そうしたくなる気持ちは理解できないわけではありませんし、画面の中に人物を置きたくなるのはスナッパーの性。
 ただ、尾行するような人は、おそらくスナップではなく和服の女性がメイン被写体なんでしょうがね。

 「その先の橋で写真教室の生徒が待ち構えてますから気を付けて」なんていう具合にSNSでカメラマン警戒情報がやり取りされてるんですよ。なんなの、その排除の姿勢って。もうそういう世の中になってるの?
 田舎はのんびりしているとはいえ、撮影を妨げるようにブロックされた経験は私にもあります。少しずつ撮りづらくなっていく世の中になるのかなとは感じていましたが、首都圏じゃめんどくせーことになってるんですね。そりゃ皆さん撮るのやめたくなりますわ。

 スナッパーとして尊敬してやまないKizaoさんが撮るのやめたの、ものすごく残念で。センスの塊だなぁと思ってたのに。そういう人が撮るのをやめてしまう今の風潮って、どうなのよ。ずっと考えてます。

 

| | コメント (2)
|

十ノ瀬 その6

Dscf3580_1
 Fujifilm X-E2 + XF16mm F1.4R WR  1/4000  f/1.4  ISO=400

 絞り全開で撮ったらどうなるかな?という興味本位。それ以外の意味はなくw

| | コメント (0)
|

十ノ瀬 その5

Dscf3571_1
 Fujifilm X-E2 + XF16mm F1.4R WR  1/2000  f/1.6  ISO=200

 現場は田んぼの真ん中に位置していたり。それがまた良かったりするんですが。


 

| | コメント (0)
|

十ノ瀬 その4

Dscf3557_1
 Fujifilm X-E2 + XF35mm F1.4R  1/400  f/3.6  ISO=200

 よそ様の藤を眺めるのは風情があるのに、老母宅の藤を絶滅させようとしている私のメンタリティは、実は複雑だったりw

| | コメント (0)
|

十ノ瀬 その3

Dscf3559_1
 Fujifilm X-E2 + XF35mm F1.4R  1/1600  f/2.8  ISO=400

 藤の花は曇天だとさすがに微妙な色は再現しづらいっすね。だからといってベルビアに逃げなくてもとは思いますが。WBを調整しても、曇天は難しいっす。

| | コメント (0)
|

十ノ瀬 その2

Dscf3549_1
 Fujifilm X-E2 + XF35mm F1.4R  1/640  f/5.6  ISO=400

 このところ撮るのをサボッてまして、露出とアングルを本能的に選ぶことができなくなりつつあります(^^ゞ

| | コメント (0)
|

十ノ瀬

Dscf3628_1
 Fujifilm X70  1/640  f/2.8  ISO=200

 バラの後は、旧田代町の十ノ瀬にある藤の名所へ。

 個人の方が育てている藤園みたいなところでして、自慢の藤を見てってよ!的な感じで公開されています。
 十ノ瀬山のすぐ麓、という立地。この「十ノ瀬」という地名がなかなか趣きあるよな、と感じてます。

| | コメント (0)
|

より以前の記事一覧