ちょろすな

中華居酒屋

Dscf3952_1
 Fujifilm X70  1/40  f/8.0  ISO=400

 某サッポロラーメン店を訪れる道中にあるこの店。以前はエスニック系の店だったような怪しい記憶があるのですけど。今は中華居酒屋なのですね。

 美味しいなら中華居酒屋は最高、と思ってます。しかも中華料理屋の酒の飲み方を知ってる店。そんなお店、田舎にはないんですよ。横浜の中華街だってなかなかそんな飲み方をさせてくれません。

 なにかしら理由があって更新していないわけではありません。単なるネタ不足w

| | コメント (0)
|

陰陽

Dscf3941_1_2
 Fujifilm X70  1/30  f/8.0  ISO=400

 針葉樹と広葉樹。陰と陽みたいだなぁと感じまして。もしかしたら意図的な配置なのかもしれませんね。


 

| | コメント (0)
|

鳥居の向こう

Dscf3947_1
 Fujifilm X70  1/1500  f/5.6  ISO=400

 市街地は発展していき、また勝手に衰退していくのかもしれないけれど、神社の聖域は変わらん。鳥居の向こうに見える古いビルに、そんな感慨を抱きました。

| | コメント (0)
|

顔がある大木

Dscf3936_1
 Fujifilm X70  1/125  f/8.0  ISO=400

 この大木が印象的な境内。実は幼稚園が併設されてましてね。境内は子供たちの遊び場にもなっているようです。

| | コメント (0)
|

留魂の碑

Dscf3931_1
 Fujifilm X70  1/180  f/4.0  ISO=400

 境内の片隅に、こんな像がありました。能代市郊外にかつてあった東雲飛行場の碑ですね。もしかしたらこの碑が境内の空気を締めたものにしていたのでしょうか。

 東雲飛行場は陸軍が戦争末期に特攻隊員を養成した基地。マリアナからの米軍空襲が及びにくい地域と考えられていた北東北には、第二次世界大戦末期にたくさんの飛行場が作られ、そのほとんどが特攻隊員の養成に使われていたといいます。


| | コメント (0)
|

不思議な空気

Dscf3926_1
 Fujifilm X70  1/125  f/5.6  ISO=400

 曇り空という天気も影響してか、なんだかこの神社の空間だけ異質な気がしましてね。都市の真ん中にあり、周囲のショッピングセンターから人工音がたくさん聞こえてきているのに、とても神聖な空気が支配しているような。不思議でした。

| | コメント (0)
|

重量級

Dscf3924_1
 Fujifilm X70  1/500  f/5.6  ISO=400

 この神社の狛犬は重々しく大きく、歴史の重みを感じさせてくれるものでした。

| | コメント (0)
|

八幡さん

Dscf3915_1
 Fujifilm X70  1/320  f/8.0  ISO=400

 御所の台の帰りは、能代市にある某ラーメン店へ立ち寄ると心に決めておりました。

20180829_0013

 コテコテの古い札幌ラーメンのお店。地元に根差した近所の人しか来ないようなお店で、高齢のご夫婦が切り盛りしてる田舎の典型的な飲食店。
 かなり前の能代の嫁見祭りの時ですな。いい匂いに誘われてフラリと立ち寄ったのがこのお店。塩ラー派の私は大変に満足したのでしたが、今回は初の味噌ラー。まさにコテコテの濃さ。当地の古い味噌ラーにありがちなワイルドスタイル。

 やっぱあそこは塩ラーが素晴らしいよな、と納得し、汗を拭きつつクルマへ戻ろうとしていた時に、ここに神社なんかあったっけかと意識外を突かれた気がして、導かれるようにフラフラと近寄ったのでした。
 この鳥居の左には魚松、右手には料亭金勇と、地元の名店が位置していて、そっちに今までは意識を奪われていたのですよね。


| | コメント (0)
|

某廃村にて

Dscf3911_1
 Fujifilm X70  1/250  f/8.0  ISO=400

 もしかして御所の台へ前回赴いた際にも確認してましたかな。某廃村。

 維持を放棄されると急速に朽ちていく雪国の木造建築。廃村はいわば捨てられた集落ではあるわけですが、愛着を持ってなんとか景観は維持しようとしているケースがかつては多かったんですけど、かつての住民らの高齢化ですね。通わなくなるとこうなってしまうんです。

| | コメント (0)
|

じゃがいも野郎

Dscf3883_1
 Fujifilm X70  1/125  f/8.0  ISO=400

 じゃがいも好きなんですよねー。困った時はじゃがいもw


| | コメント (2)
|

より以前の記事一覧