« てん太郎 | トップページ | 盛岡方面 その1 »

XC初期型

Dsch0142_1
 Fujifilm X-H1 + XC16-50mm F3.5-5.6 OIS  f/8.0 1/5 ISO=12800

 X-H1の最高感度で。

 私は基本的に馬鹿でチープなレンズに触手が動くタイプでしてな。評価が高い2型ではなく、わざわざ1型を中古でお試しですよ。だって安かったんだものw
 XCレンズは絞りリングを装備せず、強度に問題がないとフジ写さんが判断した部材はエンジニアリングプラスチックです。
 はるか昔に書いた気がしますけど、北国の低温環境下においては金属よりもプラスチックのほうがいいんではないかと思えるシーンはよくありまして、冬場はチープレンズでもいいんでないかと。でも少しはコントラスト高めのレンズだと冬場は楽かなって。意図しないくらいにコントラストレスの風景になることも天候次第ではあるので。

|

« てん太郎 | トップページ | 盛岡方面 その1 »

ちょろすな」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« てん太郎 | トップページ | 盛岡方面 その1 »