« その後のCX-3号 | トップページ | 手ブレ補正の威力 »

煤煙

Dsch4060_1
 Fujufilm X-H1 + XF55-200mm F3.5-4.8R LM OIS  f/3.7 1/50 ISO=400

 製紙工場の排煙が盛大に出ているということは、紛れもなく冬の光景ですねw

 こんな具合に巨大発電風車が林立する地区にイージス・アショアって、レーダー波へ影響があるんじゃないのかなーと思うのですけど、どうもそのへん、話題にならないことが不思議でなりません。山岳が不適の理由になるなら、目の前に発電風車があってもうまくないように感じるんですが。

|

« その後のCX-3号 | トップページ | 手ブレ補正の威力 »

ちょろすな」カテゴリの記事

コメント

イージスの性能が高すぎて問題に
ならないんですかね。
すんごいAF性能なんですかね・・・。
そういうことじゃないか。
いや、そういうことなんでしょうか。

さて、X-H1、うらやましいです。
この世代のセンサーは燃料を
すごく食いますが、X-E2では
できないことが実現できますね。

エテルナがX-T2にも来てほしいですが、
難しいでしょうかね。

投稿: hk | 2019年6月13日 (木) 22:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« その後のCX-3号 | トップページ | 手ブレ補正の威力 »