« STM系の続き | トップページ | モフっていいのよ? »

エンジン止まらなくなるという記述について

Dsch0018_1
 Fujifilm X-H1 + Canon EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM  f/5.6 1/160 ISO=400

 エンジンが止まらなくなるロジックエラーと書きましたが、正確には「エンジンは停止するけどACC状態を維持しててオフにできない」です。
 バッテリーに負担をかけたくなくなる昨今のクルマ事情から、エンジンを切るべき時は切るのですが、エンジンが止まってもACC状態で電源が切られないというのは、自分がなんか操作を間違えてんのかと頭の中がグルグルしまして、夜勤明けだし変な操作してんの自分で気がついてないだけだったりと主に自分を責める系に原因を求めたりしましてねw

 でもあれはクルマ側のエラーだったなと。長時間運転した出先で、気温もまずまず高めの日。エンジンスイッチを何度押してもオフにならない状況ながら、ブレーキを踏みながらオフにすることを繰り返してたらオフになりました。
 勝手な推測ですが、気温ですかねえ。冬場は半端に気温が低い日が続くと単眼カメラ系の警告ランプが点いて機能オフ。夏場は高温になるとエンジンオフにできないトラブル。回路の耐久性がチョロいんですかねえ。

 とはいえ、好きでCX-3に乗ってますんで。たいして気にしてません。それよりも後ろのサスが硬いのを(以下略

|

« STM系の続き | トップページ | モフっていいのよ? »

CX-3」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« STM系の続き | トップページ | モフっていいのよ? »