« 寝る子 | トップページ | 職場で試し撮りw »

国産機はやっぱ夢がない

Dscf4015_1
 Fujifilm X-H1 + XF35mm F1.4R  f/2.0 1/100 ISO=200

 モバイル機として使ってた前のノート機は、モバイルというにはいささか重すぎ。長く使うためにはCPUパワー全振り、そのためにゲーム機前提のモデルを使う、という自分の判断は正しかったと思うのですが、キーボードやらなんやら、周辺が先にいかれてしまいましてね。仕事にならなくなりました。
 メインフレームがイカれなかっただけ、マウスコンピューターもバカにしたもんじゃありません。ダサい外装のわりに、高いモデルはそれなりに耐久性に気を使ってる模様。ただしソケットとかキーボードとか外装品がね、先にダメになりました。

 シャープ機と富士通機、ソニー機だけは使いたくないと思っていたのは、もう何十年前ですか。どちらもチューンが甘く、しかも独自仕様を押し付けてくるようなところが。
 ソニー機に至ってはアフターサービスがクソで、しょせん家電メーカーかと思ったものでしたが。昨今のようにセキュリティ的に信用できないメーカーさんが増えてきますと、ますます選択肢は減るわけで。

 逆にもう国産でいいやと。軽くてそこそこの能力があるPCでいいやと開き直りましてね、今回は富士通機となりました。無線LANがクソの職場環境から、どうしても有線LANのソケットが欲しくて。折り畳み式のソケットを備えている薄型機に好感を持ちました。
 でもねー、やっぱ富士通機はチューンが甘く、そのスペックでその処理速度しか出ねーのかとか、そのくせして高速アクセス可能な上位SSDへの換装を拒む隠し仕様など、ショボいくせにセコい罠だけはきっちり装備してる姑息さが、いかにも日本のメーカーらしいなと感じました。買っちまったから使い続けますけど。

|

« 寝る子 | トップページ | 職場で試し撮りw »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 寝る子 | トップページ | 職場で試し撮りw »