« 実は | トップページ | 戻ってきました »

代車はデミオ

Demio_0001

 CX-3修理入庫の代車として来たのは、某レンタカー会社御用達のデミオ号。1.3GエンジンのFF車ですから、ちょっと前の仕様ですね。

 この車格にはアンダーパワーのようなエンジンで、1.3GのくせにA/Tは6速なもんですから、1速の出足はイマイチで、かといってアクセルを踏み込んでも回転が上がって唸るばかりで前に進まないのでしたw
 けれど速度が乗ってくるとアクセルワークにストレスはなくなり、アンダーパワーの印象は薄くなっていき、軽快に走る雰囲気に変わります。渋滞や信号でのストップ&ゴーが少ない田舎なら、これでもイケるんじゃね?って感じに。

 出足のパワーが物足りないのはマツダさんの個性なんすかね。マツダ車はほとんど乗ったことがないもので。下がスカスカなのはホンダばかりだと思い込んでましたw

 レンタカー仕様の最低グレードとはいえ、CX-3のベースになったクルマですから、CX-3オーナーとしては興味深いものがありました。
 リアサスの反応が一番興味があったのですが、乗り心地は気になりませんでしたね。デミオに合わせて設計したのでしょうから、そりゃそうでしょ。それをこねくり回してCX-3用に流用しようとするから無理が出てくるってことなんですかね。

 ディーラーの担当姉さんと世間話してて面白いことを聞いたのですよ。どういうわけかこのところCX-3の事故入庫が多く、そのケースがことごとく被害者側なのに、なぜか相手側のクルマの破損状態がひどいと。突撃側がCX-3に負けてるっぽいと。
 どうもCX-3のボディとシャーシ剛性が不必要に高いらしいんですね。ぶつけられた箇所や角度にもよるとは思うんですけれど。三菱のジープにベンツが突っ込んできて、ベンツはグシャグシャになったのに、ジープはバンパーの塗料が剥げただけだった故事が思い起こされますw

 けれどデミオの軽快な操縦感はCX-3とは別物ですよ。吹け上がりがいいガソリンエンジンとのマッチングも軽快な印象を強くします。この価格帯で売られるクルマの中では出来が良すぎると評価されるの、よくわかりました。
 現在は1.3Gは廃番となり1.5Gと1.5DTの二択。あえて1.5GのFFという選択も、これはあるでしょと思いましたね。1.5DT車は価格が高いですからw

 唸るばかりで前に進まない1.3Gエンジンでも、回転はモーターみたいに鋭く吹け上がるし、エンジン音もモーターみたいにきれいだったのが記憶に残ります。


|
|

« 実は | トップページ | 戻ってきました »

CX-3」カテゴリの記事

コメント

ボディ剛性なんてと初めて車を買ったときは思った
もんでしたが、仕事で某T社/D社の一番小さい乗用車を運転したときは、自分のコルト号が意外としっかりした車(当時はベンツ、それもダイムラー・クライスラー時代・・・と提携中だったはず)だったことを
実感したもんです。
 基本性能がしっかりしてる車を経験すると、
買い替えのときに「今の車未満」の選択肢はしたくなくなると思います。すくなくとも、「同じ価格帯」なら。
 マツダの戦略は正しい気がしますね。今の時代、「エンジンで話題に」なるメーカーがすごく少ない気がするので、マツダは心ではずっと応援してるメーカーなんですよね。

投稿: hk | 2018年10月14日 (日) 10:41

シャーシ設計は近年国産各社が力を入れてますね。シャーシがしっかりしていると他の設計が楽になるためか、あるいは商品品質として重視し始めたのか。いずれいいことだと思ってます。
マツダのガソリンエンジンはいい音しますねえ。鋭い吹け上がりときれいな音。マツスピ欲しいっていう人の気持ち、わかりましたw

投稿: ビヨ | 2018年10月14日 (日) 14:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 実は | トップページ | 戻ってきました »