« 2018年9月 | トップページ

2018年10月の4件の記事

戻ってきました

 CX-3はピカピカになって戻ってきましたよ。12ヶ月点検も兼ねてのディーラー入庫でしたんで、コーティングもピカピカに。5年契約のコーティングですので、定期点検の度にタッチアップしてもらえるのですw
 で、リアバンパーから取り外したバンパーガードはまた自分で装着しなきゃだし、インチキチタン風味カラーのマフラーカッターもピカピカに磨かれ、より一層インチキがバレる風味になってました。いつかステン風味のやつと交換しときますかねw

 やっぱり自分のクルマっていいですわ。消去法で選んだクルマではなく、欲しくて買ったクルマですから。積極的にオススメはしない車種ですけどもね。気に入ってるんです。



| | コメント (0)
|

代車はデミオ

Demio_0001

 CX-3修理入庫の代車として来たのは、某レンタカー会社御用達のデミオ号。1.3GエンジンのFF車ですから、ちょっと前の仕様ですね。

 この車格にはアンダーパワーのようなエンジンで、1.3GのくせにA/Tは6速なもんですから、1速の出足はイマイチで、かといってアクセルを踏み込んでも回転が上がって唸るばかりで前に進まないのでしたw
 けれど速度が乗ってくるとアクセルワークにストレスはなくなり、アンダーパワーの印象は薄くなっていき、軽快に走る雰囲気に変わります。渋滞や信号でのストップ&ゴーが少ない田舎なら、これでもイケるんじゃね?って感じに。

 出足のパワーが物足りないのはマツダさんの個性なんすかね。マツダ車はほとんど乗ったことがないもので。下がスカスカなのはホンダばかりだと思い込んでましたw

 レンタカー仕様の最低グレードとはいえ、CX-3のベースになったクルマですから、CX-3オーナーとしては興味深いものがありました。
 リアサスの反応が一番興味があったのですが、乗り心地は気になりませんでしたね。デミオに合わせて設計したのでしょうから、そりゃそうでしょ。それをこねくり回してCX-3用に流用しようとするから無理が出てくるってことなんですかね。

 ディーラーの担当姉さんと世間話してて面白いことを聞いたのですよ。どういうわけかこのところCX-3の事故入庫が多く、そのケースがことごとく被害者側なのに、なぜか相手側のクルマの破損状態がひどいと。突撃側がCX-3に負けてるっぽいと。
 どうもCX-3のボディとシャーシ剛性が不必要に高いらしいんですね。ぶつけられた箇所や角度にもよるとは思うんですけれど。三菱のジープにベンツが突っ込んできて、ベンツはグシャグシャになったのに、ジープはバンパーの塗料が剥げただけだった故事が思い起こされますw

 けれどデミオの軽快な操縦感はCX-3とは別物ですよ。吹け上がりがいいガソリンエンジンとのマッチングも軽快な印象を強くします。この価格帯で売られるクルマの中では出来が良すぎると評価されるの、よくわかりました。
 現在は1.3Gは廃番となり1.5Gと1.5DTの二択。あえて1.5GのFFという選択も、これはあるでしょと思いましたね。1.5DT車は価格が高いですからw

 唸るばかりで前に進まない1.3Gエンジンでも、回転はモーターみたいに鋭く吹け上がるし、エンジン音もモーターみたいにきれいだったのが記憶に残ります。


| | コメント (2)
|

実は

Dscf3956_1
 Fujifilm X70  1/30  f/5.6  ISO=5000

 スーパーマーケットで買い物してる時に、店内アナウンスで自分のクルマのナンバープレートを読み上げられると、とてもイヤな予感がしますよね。
 さてはライトをつけっぱなしにしてたか。いやいやCX-3はそういう事態にならない仕様です。となれば、ぶつけられたかなと。

 当て逃げ天国である当地において、ぶつけた人が名乗り出てくれたのが奇跡ですよ。クルマは中古が当然。ぶつけても惜しくはなく。ぶつけたってお互い様というノリですんで。
 そして加害者がクソネット保険だろうが任意保険に加入してくれてたこともラッキー。田舎はすごいですよ。任意保険加入とドヤ顔してても、対物に加入してないとかよくあることなのでw

 デザインが気に入って買ったクルマのせいか、当て逃げ天国だというのを警戒して、たかがスーパーの駐車場に停める時でさえ、わざわざ離れた場所を選んだり、駐車マスが広い場所を選んでたくらいなのに。
 まさか軽自動車スペースに無理に停めようとした普通車に突撃されるとは。しかも自動車税が割り増しになってること確実の古い田舎ヤンキー車にw

 相手の免許証を見て驚きましたよ。私とたいして年齢が変わらないのに、なにそのヤンキー仕様w しかも傷ついたバンパーは交換するんですか。もうメーカーにパーツないと思いますけどw
 というか、その空間感覚の無さで、よくぞ今までクルマを運転してきたもんだなって。んでネット保険会社担当者のあまりの無知さと手配の悪さ。そんな感じでした。

 ネット格安保険って、加入者には安くてありがたいのでしょうが、被害者にとっては迷惑以外のなにものでもありませんね。ディーラーさんから泣きが入ったくらいwww

 そういう出来事がありましたのでテンション下がってるのも、更新をサボってる理由のひとつだったりします。
 当直生活が少しずつ身体に厳しくなってるのもあれば、時間が自由になる時に限って天気がひどかったり、というのもあります。

 気がつけば、もう夜間の最低気温が10℃を切るか切らないかという案配になってきました。野営のチャンスがますます減るわけで。台風連発も厳しかったですね。

| | コメント (2)
|

そうでしたか

20180422_0001

 X70を使ってて、これ28mmの画角じゃなくて、50mmとはいわないまでも、40mmくらいの画角なのも楽しいだろうなぁって思ったりします。無理をしてないレンズでね。そんなに寄れなくてもいいから。

 いやX70のいいところは寄れるとこなんですが、寄れる代償としてフレアが出やすいレンズなら、そんなに無理しない仕様でもうちょっと画角が狭いレンズでも楽しいだろうなぁってね、X70はXユーザーにとって楽しいカメラなんですよ。
 小さく軽く、けれどいろんな仕事をしてくれる。あとはユーザーさんの好みでレンズ画角を選べたら、もっと楽しいはず。

Xe3_0007

 ああ、その正解がX-E3でしたかw

 XF35mmのF2と組み合わせたら、私が欲しいX70になるかもしれませんね。


| | コメント (2)
|

« 2018年9月 | トップページ