« 不思議な空気 | トップページ | 顔がある大木 »

留魂の碑

Dscf3931_1
 Fujifilm X70  1/180  f/4.0  ISO=400

 境内の片隅に、こんな像がありました。能代市郊外にかつてあった東雲飛行場の碑ですね。もしかしたらこの碑が境内の空気を締めたものにしていたのでしょうか。

 東雲飛行場は陸軍が戦争末期に特攻隊員を養成した基地。マリアナからの米軍空襲が及びにくい地域と考えられていた北東北には、第二次世界大戦末期にたくさんの飛行場が作られ、そのほとんどが特攻隊員の養成に使われていたといいます。


|
|

« 不思議な空気 | トップページ | 顔がある大木 »

ちょろすな」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 不思議な空気 | トップページ | 顔がある大木 »