« 十ノ瀬 その10 | トップページ | 十ノ瀬 その12 »

十ノ瀬 その11

Dscf3586_1
 Fujifilm X-E2 + XF55-200mm F3.5-4.8R LM OIS  1/160  f/5.6  ISO=200

 自撮り棒組を追いかけすぎw

 このレンズ、最近はAFに信用がおけなくなってきましてな。セコハンであること。出番が少ないこと。このあたりの理由かと思われます。AFをとんでもない距離に合わせて合焦マークが出たりするんですよね。
 たまたま日中なら気がつくものの、光線状態が悪くなると、気がつかないままレリーズしてる場合があります。気がついたらマウントロック解除でレンズ取り外し動作を一往復させて復帰させてます。

 このへんの不安感もあって、少し大きめのEVFを装備するX-T2にシフトしようかと思ってたのです。

追記:ようはマウント接点の導通不良ですわ。フジ写Xに限らず、電気接点でボディとレンズの通信をしているレンズ交換機は、常にこのような導通不良の可能性があります。

|
|

« 十ノ瀬 その10 | トップページ | 十ノ瀬 その12 »

ちょろすな」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 十ノ瀬 その10 | トップページ | 十ノ瀬 その12 »