« 回転窓 | トップページ | まさに機関区 »

戦前から使われてきた車輛

Dscf3205_1
 Fujifilm X-E2 + XF35mm F1.4R  1/30  f/5.6  ISO=4000

Dscf3207_1
 Fujifilm X-E2 + XF35mm F1.4R  1/40  f/1.8  ISO=400

 昭和10年製造のラッセル車。車内前端のオペレーター席から振り向くと、時代モノのあれこれが。

Dscf3211_2

 国鉄でいうところの「キ100形貨車」。自走できないから貨車扱いのラッセル車です。ここ小坂鉄道では「キ115」と名乗っているそうで。国鉄時代の新津から転入したので、越後→エチゴ、115だとか。ホントかな?w

 いかにも博物館に置いてあるような雰囲気ながら、実は現役の動態保存車両なんです。
 今年は諸事情によってやんぴになったらしいですが、昨年は新雪の上をラッセル体験できるイベントでDD130に押してもらって動いたとのことで、その時の動画を御成座のスクリーンで見ましたw
 かなり細かい動きをするサイドクローラーとフロントドーザー。その動きを見ているだけでも楽しく。背中に積んだエアタンクから供給される空気圧動作ですな。

 昭和の雪国育ちにはお馴染みのラッセル車。ラッセルからロータリーへ移り変わっていく時代でした(遠い目)。


|
|

« 回転窓 | トップページ | まさに機関区 »

ちょろすな」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 回転窓 | トップページ | まさに機関区 »