« ソロテント | トップページ | 寒いっすね »

アームレストについて

 CX-3に対する不満として、アームレストがないっつーのがありますな。乗り換える前のクルマにアームレストがついていたならなおさらのこと。私もそうですw

Dscf3141_2

 お試しでつけてみましたw

 CX-3(とデミオ)でアームレストを追加するなら、選択は4つ。純正オプションを選ぶか、社外のもの3つから選ぶか。
 社外品は東欧製が2つ選べますな。もしかしたら欧州クラフトマンシップなのかと思えるようなところから2種類。純正品も東欧製もどちらも穴を開けてネジ止め。
 ただし純正品はスマフォの充電が可能な2.4A仕様ソケットがついてきます。クルマに最初からついてるUSBソケットは1.2A仕様なのでたいした充電は期待できません。

 そして残る1つが、妙に安くて、センターコンソール最後尾の小物入れへ差し込んで固定するだけの某社のものw
 なにが安いって、\5kに送料ですわ。モノそのものはお値段にしてはずいぶんと出来がよろしく、小物入れへ差し込むだけという不安定そうな固定方法さえ目をつぶれば、コスパ良すぎなシロモノ。

Dscf3144_2

 あれ? これわりと使えんじゃね? 正直な感想です。シートの色と合わないところはさておきw

 アウトバックからCX-3へダウンサイジングするにあたり、実は一番最初に危惧したのは運転席の狭さだったんですよ。身長180cmを越える人間でも不快にならないものなのかと。
 ところがマツダさんは上手にそのへんをクリアしてましてね。視覚的には広く感じないのに、いざ運転すると腕がぶつかるとか、そういうのはないんです。運転してると狭いストレスはなく。それで試乗の時にホッとしたようなもんでして(ピラーが視界の邪魔なのは今でも慣れませんが)。

 けれど社外アームレストを装着してみたら、なんで最初から装備されていないのか、なんとなくわかりました。これがあると狭く感じるんですよ。とくに冬場で着込んでるような厚着の時には。
 センターコンソールへマツコネのコントローラーを装備し、伝統的なサイドブレーキレバーも装備しているおかげで、カップホルダーがやたら後ろへ位置しており、純正オプションであるアームレストを選ぶとカップホルダーに覆い被さって使い物にならなくなるレイアウトなので、ユーザーが狭く感じるようなアームレストは省いたのかもしれません。

 で、伊藤製作所(GT Romanという名のブランド)のやたらコスパのいいアームレストは、純正オプションよりも短めに作られているため、カップホルダーを全面的に諦める必要はありません。前側のカップホルダーは普通に使えますよ。
 体重を思いっきりかけるようなことさえしなければ、変にグラつくこともなく。まずまず使い物になりますね。

 ただしドア側の張り出しと高さの統一性がなく、アームレストの位置が高すぎという苦情があるの、理解できます。しょうがないじゃん。社外の安いやつなんだしw
 背が低い人だけではなく、背が高い私でも「あと3cmでも低ければかなり違うだろうに」と感じます。残念なところですね。

 それでも左側にアームレストがある安心感というのはあります。そしてアームレストのおかげで、狭くなったと感じる瞬間も。

|
|

« ソロテント | トップページ | 寒いっすね »

CX-3」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ソロテント | トップページ | 寒いっすね »