« 散歩 | トップページ | 絵馬 »

少し遠出してみた

Dscf2679_2

 マツダのSKYACTIVディーゼルは、お約束として「水温が上がらないような短時間のチマチマした使い方はしない」「できれば元気良くアクセル踏みつつ20分以上は連続運転」というのがあって。
 これ、尿素配合でもなくプラチナ触媒でもない、マツダ独特のディーゼル排ガス処理方式に理由があります。短時間運転の繰り返しだと溜まった煤を除去しにくくなるらしく。細かいことは検索していただければw

 いずれ、最低でも月に一度くらいは長距離運転をしたほうが良さそうな感じでして、それを口実にカメラ片手のツキイチ一泊旅行をやったら、自分へのいい強制にもなるなーなんて考えたりして。
 片道200kmくらいの範囲で出かけられればいいかなと暫定基準を作り、Google Mapで200kmはどこまで出かけられるかと調べてみたら、北は青森市あたり、南は宮城県北部あたり。あまり遠くへは行けない感じでした。

 目的地と往復するだけなんてことはなく、たぶんフラフラと寄り道をして走るでしょうから走行距離は増え、実際はもっと近くの目的地にしておいたほーがいいかなー、なんて。

 で、新品の冬タイヤを一皮剥く必要もあって、さっそく出かけてきました。紅葉が終わった当地よりも南なら、まだ色があるだろうと、目的地は水沢。
 現在は岩手県奥州市の一部になってますが、奥州市というより「水沢」と呼んだほうが東北民はピンと来ますな。岩手競馬の競馬場がありますからw

 水沢は歴史のある町で、シブい街角があるとネタを仕入れていたものですから、水沢をブラブラして、後はもうちょっと南下して平泉の毛通寺をのんびり散策。周辺には金ヶ崎や江刺なんていう、これまた歴史のある町がありますんでね、そちらも視野に。

 結果からすると、期待した被写体がまったく得られなかったのですけれど、それはまた後でw

 CX-3の燃費をね、ちょっと覚え書き。AWDのA/T車。16インチのスタッドレスという仕様で。

 ・高速道路 小排気量車ということで、高速道路の一般的な100km/hですら燃費はいまひとつ。速度が上がれば上がるほど燃費は落ちていきます。だいたい16km/L後半から17km/l後半の範囲でした。小排気量ながら、ターボエンジン。動力性能の不足はまったく感じませんし、直進性はバッチリ。レーダークルコンのおかげもあってストレスは感じません。

 ・流れの悪い一般国道と、脇道や市街地で短距離移動の繰り返し 高速道路よりも燃費はいいようで、17km/Lから18km/L半ばといったところ。日曜の国道4号線というダラダラとした流れ。一般道ではアイドリングストップをいかに使うかというところが鍵のようですな。

 ・信号がほとんどない広域農道のような道を60km/h前後で延々と走る 簡単に19km/L以上になり、20km/Lに迫る勢い。CX-3が一番得意とするシーンかもしれません。燃費を伸ばすような努力は一切せず、ただ流れに乗って走ってるだけでしたし、山岳路の裏道ではけっこうアクセルを踏み込んでたんですが、燃費はあまり変わりません。

 というわけで、マツダの1.5Dエンジン。絶対的な燃費数値ではHV車に劣るのでしょうし、同じCX-3でもFF車はAWD車よりも良い傾向があります。A/T車よりもM/T車を選べばもっと燃費は良くなることでしょう。
 平坦路ではクルーザーのような巡航を得意とし、山岳路でもアクセルを踏み込めばけっこう活発に走れます。めったに渋滞なんて出会わない、おそらく東北で一番交通量が少ない田舎である当地に、ベストなエンジンかもしれませんよwww

 あ。調子こいてCX-3のカテゴリーを作ってしまいました(^^ゞ

|
|

« 散歩 | トップページ | 絵馬 »

CX-3」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 散歩 | トップページ | 絵馬 »