« 早すぎた秋 | トップページ | CX-3 冬タイヤ »

CX-3が来た (4)

 CX-3が来てまだ一週間程度なのに、けっこう走り回りました。子供みたいに浮かれてんですかねw

Dsc01209_2

 さて、乗り心地について触れておきましょう。ただし新車の時点での話ですから。今後は変わってくる可能性大。
 きちんと舗装管理されている道を走る分には、それほど乗り心地に不満は出ないのではありますまいか。硬めの足回りであることは感じますが、薄く小さく見えるわりに座り心地がいいシートのおかげですかね、あまり気になりません。

 ただしこれが不整路となりますと違います。雪国田舎の山沿いによくある、舗装管理を放棄されているに近い、亀の甲羅状にひび割れてるような道では、ガンガンとショックがクルマ全体に伝わり、苦痛以外のなにものでもありませんでした。
 サスペンション関連がまだ硬いかもしれませんし、路面状態を拾いやすい18インチ扁平タイヤだというのもあるかもしれません。このへんは継時変化を待ってから考えるべきでしょうね。

Dscf2758_2

 ちなみに冬タイヤは16インチを選び、乗り心地が普通のクルマという感じになりましたので、不整路でもまた違う感触である可能性が高いですよね。後ろのタイヤだけ2cmほど外へ出した効果も少しはあるのかな?
 16インチ化でCX-3のデザイン性が損なわれるというご意見は、まったくその通りだと思います。けれど乗り心地の点では16インチのほうが、スタッドレスタイヤだという点を割り引いても、ずっといいですねえ。16インチでもガツンと来る時は来ますがw

 アームレストが標準装備されていない、という点で残念に思う方はいらっしゃるでしょうね。ええ、装備されてません。
 あれば使うかな、という程度にしか考えていない私は、どうしても欲しくなってから考えることにしていますが、後付けだとカップホルダーの上に被さるので、そっちが不便ということになりますね。
 マツダコネクト操作用ダイヤルの位置が、本来であればカップホルダーが収まるスペースでしょう。カップホルダーが後ろすぎる位置の理由ですね。カップホルダーがシートベルトのアンカー側すぐ隣、と書けば、現在お乗りのクルマで想像できるのではありますまいか。

Dscf2740_2

 オートエアコンのはずなのに、俺が知ってるフルオートエアコンと違う・・・。温度制御と風向は自動制御でも、エアコンのオンオフは手動の模様。
 このへんは「小さな排気量のクルマで勝手にエアコンが動いてパワーダウンされては困る」というドライバー側の考えもあるかもしれませんので、一概に欠点とは言えないと思ってます。私はフルオートに慣れてしまっているため、物足りなく感じているのでした。
 エアコン操作ダイヤルがスカスカの操作感だと指摘するユーザーさんがいらっしゃるようですが、私はちょうどいいと感じました。

 物足りないといえば。CX-3に触れた方でおそらく最初にガッカリする点は、ドアノブの安っぽさではないかと思います。
 作りが安っぽいのではなく、音が軽すぎ。軽自動車みたい。いや今どきの軽自動車はそのへんも気を使って製造されてるかもしれませんね。
 ドアそのものの開閉音ではなく、ドアノブを操作した時のパコンという軽い音。これなんとかならんかと今後に工夫したくw

Dscf2741_2

 A/Tのマニュアルモードへシフトレバーから入れる点は、シフトダウンを多用しがちな雪国の住民としては重視したところなれど、ギアのアップダウンが一般的な国産車と逆になってるところは注意されたし。欧州車はこっちが標準らしいです。
 とっさの時に操作することが多いんで、必ず間違えてギアアップしてしまい、なおさら速度が乗ってくという恐怖w
 ですが、これについては、不本意ながら、パドルシフトを操作することでカバーしてます。あまりエンジンブレーキが効かないので、素直にブレーキを踏むべきシーンが多いんですが、それでもシフトダウンはしますよ。やっぱり。

 マニュアルモードでおもしろいのは、ギアを下げるとエンジンが自動でブリッピングして回転数を合わせてくれるんですよ。追い越し加速なんかだといい雰囲気に走れますね。

 と、最初に感じたのはこんなもんです。

|
|

« 早すぎた秋 | トップページ | CX-3 冬タイヤ »

CX-3」カテゴリの記事

コメント

CX-3に行かれたんですね!おめでとうございます(^^)。キビキビ走って楽しそう!それに国産らしからぬデザインの良さは、やっぱり気分が上がりますよね。欧州でよく売れているというのも納得です。僕も買い替えにあたっては、CX-3が有力候補の一角でした。

>Kizaoさん
もう少し荷物が載ってほしいという欲もあり、ジープの「レネゲード トレイルホーク」になっちゃいました(^_^;)。

投稿: エンゾー | 2017年11月17日 (金) 13:48

私の荷物は野営道具くらいのものなので、積み荷もダウンサイジングする方向でw
現状でもシート片方を倒せば積めるであろうと見積もってはいますが。
普通に選んじゃったらCX-3は最終候補にはなかなか残らないパッケージングだと思います。
それを乗り越えてわざわざ選ぶわけですから、消去法の選び方ではなく積極的に選んでるユーザーさんが多いのでしょう。
そうして選んだクルマですから、なんというか、気分がアガるクルマですね。
そこがCX-3の一番の長所ではないかと思ってますw

投稿: ビヨ | 2017年11月17日 (金) 21:57

北海道在住の伊藤と申します。
9月にCX-3 XD L Package 4WD 6EC-AT エターナルブルーマイカを購入しました。ブログ参考となります。更新を楽しみに拝見させて頂きます。

投稿: 伊藤 | 2017年11月23日 (木) 19:58

クルマに詳しい人が書いてるわけではありませんので、テキトーなこと書くかもしれませんよ?
(実はすでに要訂正箇所が出てきておりますw)

投稿: ビヨ | 2017年11月24日 (金) 17:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 早すぎた秋 | トップページ | CX-3 冬タイヤ »