« 43mm スペシャル | トップページ | CX-3が来た »

ちっこいカメラ

Img_6830_2

 小さなカメラに1インチのセンサーって、やっぱり無理があるんじゃないのかなーと、無印RX100を使ってると思うわけですが、気がついたら世の中の使えそうなコンパクト機ってみんな1インチセンサーなんですね。

 最近は通勤時にX-E2を持ち歩かないようにして、RX100を使うよう心掛けてみてます。でもいろいろと写りの物足りなさを感じてしまい、こんな具合なら1インチセンサーじゃなくてもよかったなぁとか後悔しても、もう後戻りはできないのですね。
 使い始めた当初は期待値が低かったので「なかなか頑張る」と感じていましたが、ソニー独特の暗部を誤魔化してる絵がどうも好きになれず。小さなカメラは夜間使うことが多い私としては、徐々に物足りなさを感じまして。

Img_4260_2

 古い映像エンジンのS90と比べちゃ話にならないとはいえ、無理にセンサーを積んだとか、レンズ口径が見切れてるとか、そういう不満は1/1.7型機にありませんでした。
 つくづく1/1.7型Sシリーズの最終機を借金してでも買っておくべきだったと思います。ガンガン使い倒せるプライスでしたしね。今の1インチ機は乱暴に扱うには躊躇してしまうお値段ですもの。

Xq2_0001

 今さらながらにXQ2の中古を探したりしてみても、このカメラのセンサーはそんなに小さいものでもなく、やはりレンズに無理を感じる撮影条件があって、マクロ域の使い勝手はイマイチ。
 便利にホイホイ使えて、なおかつそこそこ絵的にも使えるとなったら、私の中ではやはりキヤノンのSシリーズ1/1.7型機で価値観が止まってます。
 現行のX7/X9 Mark2は初代よりマシになってるようではありますけど、1インチ機で無理がないわきゃないよなぁ、などと懐疑的に見てますよ。

|
|

« 43mm スペシャル | トップページ | CX-3が来た »

機材ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 43mm スペシャル | トップページ | CX-3が来た »