« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月の11件の記事

ちっこいカメラ

Img_6830_2

 小さなカメラに1インチのセンサーって、やっぱり無理があるんじゃないのかなーと、無印RX100を使ってると思うわけですが、気がついたら世の中の使えそうなコンパクト機ってみんな1インチセンサーなんですね。

 最近は通勤時にX-E2を持ち歩かないようにして、RX100を使うよう心掛けてみてます。でもいろいろと写りの物足りなさを感じてしまい、こんな具合なら1インチセンサーじゃなくてもよかったなぁとか後悔しても、もう後戻りはできないのですね。
 使い始めた当初は期待値が低かったので「なかなか頑張る」と感じていましたが、ソニー独特の暗部を誤魔化してる絵がどうも好きになれず。小さなカメラは夜間使うことが多い私としては、徐々に物足りなさを感じまして。

Img_4260_2

 古い映像エンジンのS90と比べちゃ話にならないとはいえ、無理にセンサーを積んだとか、レンズ口径が見切れてるとか、そういう不満は1/1.7型機にありませんでした。
 つくづく1/1.7型Sシリーズの最終機を借金してでも買っておくべきだったと思います。ガンガン使い倒せるプライスでしたしね。今の1インチ機は乱暴に扱うには躊躇してしまうお値段ですもの。

Xq2_0001

 今さらながらにXQ2の中古を探したりしてみても、このカメラのセンサーはそんなに小さいものでもなく、やはりレンズに無理を感じる撮影条件があって、マクロ域の使い勝手はイマイチ。
 便利にホイホイ使えて、なおかつそこそこ絵的にも使えるとなったら、私の中ではやはりキヤノンのSシリーズ1/1.7型機で価値観が止まってます。
 現行のX7/X9 Mark2は初代よりマシになってるようではありますけど、1インチ機で無理がないわきゃないよなぁ、などと懐疑的に見てますよ。

| | コメント (0)
|

43mm スペシャル

 XF16mmがあるので、コシレン15mm作戦は終了かなぁと考え、テストした時に悪い印象がなかったペンタックスの43mmをつけてみたりして。

Img_7353_2

 これが意外とX-E2に似合うのですよね。

 Lマウントの銀塩レンズだから、という理由の面倒なシェーディング補正はほぼ不要で、ちょっと露出オーバーになりがちな傾向だけ把握してれば、普通にデジタルで使えそうなところが怖いレンズですw
 銀塩で使うと「いぶし銀」とでもいいましょうか、派手さはないのに、撮影条件が悪くなればなるほど秀逸な描写になるレンズでした。
 高速レンズっぽい絞り開放描写もわずかながらありますし、デジタルでも使えてしまうんですから。すごいレンズです。

 願わくば、フルサイズセンサーで43mmとして使いたいところですがねえ。X-E2では約65mm。中途半端ですな。

| | コメント (0)
|

手間かけそう

 次のクルマはおそらくこういうところを不満に感じるだろうと、現物が来る前からあれやこれやと検討してみたところ、まーリストが長くなる一方でw
 なにかカスタムしてやろうとかそういうのではなく、足りないところをカバーしようかという程度なのですが。

 いや「足りない」というのは、個人的に足りない感じがするって話で、クルマを動かすことに問題があるわけじゃございません。そちら方面はむしろ我慢ならなくなるまでは触らないつもりでおりますよ。
 なんか物足りねえなーと私が感じる部分というのは、世の中のオーナーさんも同じことを感じているらしく、ネット上にはいろいろと解決した報告が載ってたりしまして、参考になりますね。
 ネット創成期のような怪しげなのもあれば、わかっててちゃんと処理してる場合もあって。確実に参考になる情報が得られるのは、ネットさまさまであります。

 とはいえ、目前に迫ってきた冬季にとりあえず備えなければならないわけで。そちら方面に出費と相なります。半年くらいかけて好みの仕様にしていこうかと考えておりますよ。

 トルクレンチすらないままに今まで過ごしてきたのに、そうもいかなくなる感じですw

De9afff1_2

| | コメント (2)
|

わりとやるかも

Dscf2655_1
 Fujifilm X-E2 + XF55-200mm F3.5-4.8R LM OIS  1/1500  f/4.8  ISO=200

 条件がいい順光だと開放でもけっこうガッツリ写りますな。遠景だと絞らなきゃ物足りなくても、ある程度は近い距離で使うなら、望遠側でも期待できそうな感じ。

 なんでまたこの望遠ズームを持ち出してるのかといえば、55mm側の印象が悪くなく、56mmとか60mmの代用として使えないものかとね、まあ貧乏根性ですw
 せっかく調達したというのに、200mm側の最初の印象が悪くてあまり使ってなかったですからね。55mm側を使おうというわりに、無駄に大きなレンズということにはなってしまいますが。

 あ、X-E3のデモ機を触ってきました。小さくなったというよりも「いい大きさになった」という感じで、軽いレンズを使う分には不安はないかなぁと感じましたね。
 十字キーで慣れてるので最初は戸惑ったものの、スティックしかないのだと思えば、逆に操作の迷いはなくなります。シンプルの良さ。
 倍率は変わらなくてもEVFは進化してますね。縦位置にした時に表示も連動して変わります。

 ついでにX-T2も置いてあったので触ってきましたけど、X-Pro2と同じく、持った時の軽さに意外な感じでした。プロ機だという先入観でしょうか、もっと手に重さが伝わるのだろうと思い込んでまして。
 大きさもペンタックスM系列くらいですもんね。銀塩機なら十分に小さな大きさで。その代わりにゴテゴテと操作スイッチはあるわけで、デジタル機ならではといったところ。慣れれば使いやすそうかもしれません。
 ブースターがなくても十分に動きは速いので、想定していたグリップのみ調達で良さそうな塩梅。

| | コメント (2)
|

船溜まり

Dscf2652_1
 Fujifilm X-E2 + XF55-200mm F3.5-4.8R LM OIS  1/1500  f/8.0  ISO=200

 春のような空に見えますな。でも水面の反射がちょっと違うw

 職場が海沿いなもんで、たまにこうして撮ったりしていますが。クルマはかなり錆びやすい環境ではありますよ。これに加えて冬場の融雪剤でクルマの足回りが錆びやすかったりしますしねえ。
 前の嫁の実家がこれまた海沿いで、クルマより早くTVアンテナが使い物にならなくなるのを思い出しますわ。

| | コメント (0)
|

みなと

Dscf2648_1
 Fujifilm X-E2 + XF55-200mm F3.5-4.8R  1/500  f/8.0  ISO=400

 ISO200で撮りたかったですな。普段はオートにしてるんで、思い付きでカメラを構えた時は、ほぼISOはオートになってますw

| | コメント (2)
|

考えるだけならタダw

 「そのレンズ使ってみたい」のノリだけでいるなら、次はまた単焦点レンズに手を出してたでしょうな。例えばXF56mm F1.2Rとか。

Xf56mm_0001

 開放F1.2なんて、キワモノですよねえ。FDレンズを思い起こさせるような、約85mm相当のF1.2。
 けれど、作例を拝見している限りは、写りそのものはキワモノって感じではなく、むしろ開放でここまでよく破綻しないものだと感心したくなる写りではあります。その代わりに絞ってもつまんなかったりしてなぁ、なんて思わなくもありませんがw

 短めの中望遠で開放が明るいレンズって、ボディ側で超高速シャッターに対応しているなら、昼間っから絞り開放にできたりして、街角の普通のスナップが、まるで戦前の中判で撮ったみたいな被写界深度の浅さがあり、なにやらノスタルジックな雰囲気をね、勝手に私個人で感じていたりするんですよw

 そのためだけに手を出すにはお高いレンズながら、やりかねないとこまで購買欲は進んでいたのですよ。
 購買欲の暴走を止めるといった意味で、クルマという出費はいい心理的ブレーキ役でしたねえ。

 ホイールからなにからまるで違うクルマなので、冬に備えるだけでもガッツリとオカネが飛んでいきますのよ。そのへんをいろいろ考えていると、レンズ購買欲は嫌でも萎みますなwww

 でも中望遠はですね、いずれ装備したいと思ってます。XF35mmを使ってみて、意外にも自分は切り取り系を撮れるかもしれんと感じてますし。ブラブラ歩いてて切り取るなら、中望遠ですな。
 XF56mmだと短いか。もうちょっと長いほうがいいのか。でもズームレンズの55mm域で手応えがないわけでもなく。換算75mmだとちょっと短く感じるので、XF50mmはねえよな。などと考えるだけは考えてるんですよ、ええ。

| | コメント (2)
|

感覚的に感情で選ぶこと

Xe3_07_1

 フジ写Xの最初の1台なら、X-E3を選んでたかなー。あるいは潔さを不安に感じて別のボディを選んだか。微妙なところです。
 個人が使い倒したようなインプレをまだ拝見できてませんで、XF18mmでさえ太く感じるほど小さなボディの使い勝手というのはどんなもんなんでしょうね。

 わりとこなせるX-E2からスタートして、私の場合は正解だったのかもしれぬとはぼんやり思ってますけどもね♪

 それにしても。ズームレンズでカバーしようとする方向へ走らなかったのが我ながら不思議です。荷物を減らそうとして、ズームを常用してきてましたから。
 フジ写Xの場合、3本あればかなりの範囲をカバーできるわけで、これX-T10からスタートだったりすると、ズームレンズをメインにする発想があってもおかしくはなかったかも。
 これがX-E2を手にしてしまったもので、そのボディスタイルから単焦点レンズを使いたくなってしまったのかもしれません。

 その単焦点レンズを選ぶにしても、最初は大きさとか重さとか気にしてましたが、単焦点XFレンズの写りの面白さを知ってしまったら、あまり気にしなくなりましたっけ。
 WRレンズの常用域単焦点レンズがあったほうがいいだろう、という理性的な判断よりも、いかにも高速レンズというXF35mm F1.4Rを感覚的に選んだあたりから、なにか自分の中で理性的選択を放棄しているように思えてますw

 なにもレンズだけではなく、おそらくクルマもそうなんですよ。理性的に選んだら、おそらく無駄がない道具的なクルマを選んだと思うんです。堅実な実用一途なクルマを。
 でも理由をつけてクルマを選ぶの、今回はやめました。いいじゃない、という感覚だけで決めましたよ。

 自分の考え方が変わってきているのでしょうね。なにをもって「優れたものを選んだ」といえるのか。優れてなくてもいいじゃん。自分が気に入ったのなら。そんな感じに変わってきているよう自覚しています。
 いや、ある程度は取捨選択しているんですよ。機能的な部分ですとか。けれど機能の優劣やコスパだけで選択したものを、なんだか愛せる気がしなくなってましてですね。もっと好き嫌いですとか直感みたいなものを大事にしたいなぁと。そんな感じで。

 日々ゆっくりと人の価値観というのは移ろっていってるのでしょうが、何年かに1回という長いスパンで入れ替えるクルマという買い物を今回してですね、若い頃とはずいぶん変わったもんだなと。そう感じましたよ。
 本当は若い頃も好き嫌いの判断をしていたのでしょうが、それを抑えつけてきたのでしょうね。ジジイになって解放されてきたと。

| | コメント (7)
|

Dsc01186_3
 Sony RX100  1/15  f/1.8  ISO=800

 週末の夜間にえらい勢いで貨物の積み下ろしをしている貨物船がいますと、どうしても有事と結び付けて不安になってしまう昨今w

 被写界深度が浅いのが、手ブレしてるかのように写ってしまう悲しさ。痒いところへなかなか手が届かないもどかしさがあるのですよね。

 話は変わりまして。

 仙台の御大、お誕生日の模様。携帯電話の連絡先をほぼ飛ばしてしまいまして、直接お祝いを申し上げられないのも、これまたもどかしさなのであります。

| | コメント (0)
|

正門

Dscf2636_1
 Fujifilm X-E2 + XF16mm F1.4R WR  1/6  f/4.0  ISO=6400

 実は手ブレしてますw そして「縦位置じゃなくてもよくなくね? ってかもうちょっと前に出て手前の水たまりを大きく入れたらよくね?」と内なる声がwww

 夜の仕事で移動してる時に撮ったもので、片手間にやってりゃ散漫なものになりますわなー。じっくりのんびり撮り歩きたいものです。
 田舎民的には、クルマの調子が完璧といえない状態では、出歩くのが少々怖くなるところがありまして。新しいの来るまで出かけるのは控えておこうかなと。我慢できるならw

| | コメント (0)
|

ちょっと停滞

Dsc01183_1

 調子こいてXF16mm F1.4Rへ走った後は、XF56mmとかいうキワモノに手を出そうかとか画策してたなんて、もう兵どもが夢の跡、という感じでやんす。「そのレンズ使いてえわー」だけで考えてたというw

 最小限の出費でどうのと、レンズを揃えるつもりなら、XF16mmではなくXF10-24mmを普通は選びますわな。
 仕事で撮ってる人ではありませんので、フジ写Xの本音は単焦点レンズにあると勝手に確信してる私としましては、単純に「常用でもイケるかも」という理由でXF16mmなわけで。
 何年か前の仙台で、EF24-85mmの広角側固定でけっこう遊びまして、24mmイケるやんという記憶がね、かなり影響してますw

 もひとつ、24-50-100というトライアングルを組むことはできないかと。フジ写でいうところの16mm、35mm、70mm(なんていうレンズはありませんが)ですね。この70mmのところをXF56mmかXF90mm、もしくはマクロレンズたるXF60mmで補完できねーもんかなーとか、ぼんやり考えてました。
 センターを35mmにするなら、20-35-100mmってな感じで、XF14mmからXF23mm、XF60mmと、現行ラインナップで組めますが。

 XF35mmが思いのほか自分にフィットしてると感じてしまい、ここを真ん中にして組めないもんかなぁとか考えてまして、100mm相当に近いXF60mmをどうしようかと。それより先に24MP機へ手を出そうかとか。

 クルマ買っちゃったんで、そのへんの妄想はリセットw

| | コメント (6)
|

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »