« 現代的な | トップページ | 手形 »

PRO2を触りました

X_pro2_0001

 ちょいと用事があって大型家電店へ行きましたら、なんとX-PRO2のデモ機が置いてありまして。
 田舎都市で暮らしていると、お目当てのカメラを実際に手にしてみるなんてことは最初から諦めてますんで、実機を見かけると驚くくらいなんです。ええ、もちろん手に取ってみましたよ。

 第一印象は、意外と軽いのね、でした。X-E2よりも重厚で重々しいイメージがあったのに、なんて軽いハンドリング。レンズがXF18-55mm F2.8-4Rだったからかもしれません。
 スイッチの類もゴツゴツなんてしてなく、むしろ上品にソフトタッチ。X-E2のほうがスパルタンな使い心地であるくらいでw

 ファインダーをRFとEVFに切り替えることができる点がX-PRO系列の売りながら、EVFはX-E2よりも少し大きく見える感じで、明度をデフォルトより一段落としたら使えそうな感じはX-E2と変わらないにせよ、見やすさはPRO2が上でしたね。
 ただRFとEVFが同居しちゃってるなら、視野率の関係でEVFを使いたいなぁとトリミングしたくない私は思いました。
 頻繁にRFとEVFを切り替えてみますと、遠近感が意外と違って見えるのだと戦慄する感じ。もうちょっと差がないのかと思ってたのに。

 そのRFとEVFの切替スイッチも、なにしろ展示デモ機ですから数限りなく操作されているのでしょ、軽く切り替えても変わらなかったりする点が気になりました。いや私はきっとめったにRFにしないのでしょうが。
 ライカMを使うくらいの感覚でイケるのではないかとX-PRO2のRFに対して思っていたのですけれど、そんな簡単な話ではなさそうだなと。PRO2はガッツリRFに浸っていた層向けかもしれません。

 前と後ろに操作ダイヤルがあるのも気にしていたんですが、実機は上品に控えめな配置になっていて、使うも使わないもユーザー任せにできる絶妙な存在感。ああさすがPROと名付けるだけあると感じました。

 次はX-T2のデモ機に触りたくなりましたよ。実際に触ってみると自分の勝手なイメージとは大きく違うものですね。

|
|

« 現代的な | トップページ | 手形 »

機材ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 現代的な | トップページ | 手形 »