« 花の季節 | トップページ | とくに意味なし »

路傍の花

Dscf2359_1
 Fujifilm X-E2 + XF23mm F1.4R  1/500  f/5.6  ISO=200

 30年くらい前はそんなでもなかったと記憶しているのですが、お堂とかお地蔵さんの周囲には必ず花が植えられるようになりましたね。
 曼殊沙華とか球根植物は昔からよく植えられていたようです。これは古来から続く球根を非常時の食用とするためかと思われます。水にさらして毒抜きをしてですね。
 それとは別に、慰めるために花を植えるというのは、ここ20年くらいで農村へ浸透してきたような。

|
|

« 花の季節 | トップページ | とくに意味なし »

ちょろすな」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 花の季節 | トップページ | とくに意味なし »