« 桜 | トップページ | 夕日が当たるいつもの船 »

幼稚園児と桜

Dscf2299_1
 Fujifilm X-E2 + XF18-55mm F2.8-4R LM OIS  1/800  f/5.6  ISO=200

 同じロケーションでもう1カット。花の色気よりも子供ら重視で。

 このレンズ、素性はかなりいいレンズだと思ってますが、たまに疑問を感じることがあって、その対策として必要ない時にはOISスイッチをオフにしとくことに。補正ユニットが悪さしてる可能性を検証したくて。

 あと気になってるのが、わりといい位置にあるAFモードの切替スイッチ。これフジ写Xシリーズ共通の仕様ではあるものの、中途半端な位置にズレてることが多々ありまして、ズレてるとAFはまともに働かなく、逆光でEVFを覗いていると気がつかないことが稀にあるんですよね。
 X-E2で動体撮影に挑もうとはしないので、頻繁にAF切替をすることはなく、せいぜいマニュアルフォーカスに切り替える程度。そうなると特等席にAFスイッチがある意味はあまりないかなぁなんて。
 もちろんX-E2に限っての話ですよ。X-T系列でスイッチが固くなってるなら幸い。個人的にはなんらかのロック機構が欲しいところ。

|
|

« 桜 | トップページ | 夕日が当たるいつもの船 »

ちょろすな」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 桜 | トップページ | 夕日が当たるいつもの船 »