« 冬帽子 | トップページ | もしかして、は気のせいw »

村社

Dscf2163_1
 Fujifilm X-E2 + XF35mm F1.4R  1/200  f/5.6  ISO=200

 都会の方が思う雪景色って、こんな感じなんだろうなぁって思うことがw

 能代市近郊に鶴形という集落がありまして。「鶴形蕎麦」で地元では知られており、そのわりに集落に蕎麦屋は一軒もなく。
 その蕎麦は主にイベント等の出店で目撃されるのですが、原材料が大陸産の蕎麦粉だと昨年バレてしまい、なにやら混迷の一途という雰囲気だったりしますがw

 という名物蕎麦の話はともかくとして。現代では国道7号線からはずれた集落というイメージを持っている地元民が多数かと思われますが、かつては交通の要衝として重要な位置にあり、関所やらなんやらがあったのですよ。
 国道7号線も奥羽線も鶴形をスルーすることはできず、旧7号線は鶴形の集落を貫いております。

 そんな古い歴史の集落をカメラ片手にブラブラするというのは、田舎住まいの密かな楽しみでありましてね。

|
|

« 冬帽子 | トップページ | もしかして、は気のせいw »

ちょろすな」カテゴリの記事

コメント

ああ、能代高校に通ってたんで、鶴形の名前は懐かしいですね。
いまでも年に1度は電車でとおります。
年末わですね、車じゃなくて電車なんです。
帰るときは。
山形からなので、ものすごい時間、在来線に
乗るわけですが、東能代からこっち(鷹巣方面)
になるとようやく家が近いぞっていう感じです。

投稿: hk | 2017年3月17日 (金) 00:31

なにか面白い被写体がある集落、というのではないのですが、歴史が古いだけあって「味」というのでしょうか、個性があるように思えましたですね。
かつては重要な位置だったのに、今は谷に挟まれたゴチャついた集落にしか見えないところがキモかもしれません。

投稿: ビヨ | 2017年3月18日 (土) 03:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 冬帽子 | トップページ | もしかして、は気のせいw »