« 春の臨海地区 | トップページ | まだ冬っぽい »

不満や疑問はあるにせよ

Img_7340_2

 フジ写Xのレンズ操作性について、帯に短し襷に長し、といいますか、どうもスッキリしないと感じているユーザーさんがおられるご様子で。
 というのも、絞りリング無しでボディ側で絞り操作をするのが前提であるXCレンズ。XFレンズでもレンズの距離リングを前後に動かしてMF切替するレンズと、ボディ側でAFモードを切り替えてMFにするレンズがあったり。
 で、XFでも単焦点レンズとズームレンズでは絞りリングの扱いが違ってたり。操作性がバラバラではあるのですよね。

 とはいえ、すべてのフジ写Xレンズを揃え、かつすべてのレンズを使いこなす猛者なんざ、そうそういるわけではなく、むしろ自分が使うレンズを厳選する人が多いのではないかと思われ、そうなればレンズごとの個性という部分で意識的に操作を分けて考えられるのではないかと思うんですがね。

 そんなことより私が不満に思っているのは、絞りリングの軽さ。わりと簡単に絞りリングが回るんですわ。
 これ、FD/N-FD育ちだから感じることなのかもしれません。キヤノンFDレンズはそんなに重い絞りリングじゃありませんでしたが、N-FDはけっこう固かったですから。
 んでA位置にはロックピンを押し込まなきゃ固定できなくて。不意に絞りリングが動いていきなり最小絞りになってるよりもマシだと思って使ってましたよ。

 フジ写XレンズにもA位置で絞りをロックできるピンでもありゃいいのに、と最初は思ってましたが、絞り優先AEで撮ることがほとんどなので、絞りリングの軽さのほうが気になってます。
 そんなわけで絞りリングは常にf/5.6へ合わせておく習慣になりました。よほどのことがなければ前後一絞りくらいしかズレませんので。

Img_7347_2

 ズレやすいといえば、絞りリングよりもズームレンズの絞り切替スイッチとOISのスイッチのほうが簡単に動きますわ。
 この位置のスイッチはレンズの脱着時に握ると動かしちゃうことが多いみたいなんです。しょっちゅう動いてます。絞り値はファインダーか背面液晶を確認しないとわかんないですし。いや確認したら絞りがオートのまんまになってるかは気がつきますけども。

 自分の頭の中でレンズの使い分けといいますか、出番別みたいに分けて考えてますから、実際はそんなに混乱なんかしないわけですが、たまに間違っててビックリすることはありますよw
 フジ写Xはズームレンズオンリーとか単焦点主義みたいに、偏った使い方をしてるほうが気は楽かもしれんですねえ。もしくはズームレンズでも私のように使う絞りはほぼ一定とか。

 とはいえ、使ってて楽しいカメラは今んとこフジ写Xしかありませんので。多少の疑問や不満はあっても、喜んで使うのでえす。

|
|

« 春の臨海地区 | トップページ | まだ冬っぽい »

機材ネタ」カテゴリの記事

コメント

絞りリングについては同じ意見です。
同じXFレンズでも、レンズによって結構感触も
違いますね。昨日、レンジファインダレンズで
3.11のキャンドルナイト写したんですけど、
絞りをコントロールしてるときに、
やっぱこの感触だよなと思いましたね。

贅沢な悩みなんでしょうけど。


投稿: hk | 2017年3月13日 (月) 00:06

気軽に使えるシステムではフジ写Xのレンズが一番銀塩ライクに使えるといいますか、銀塩上がりにとっては使いやすいように思えますね。
あとは、カメラ側映像エンジンのさらなる進化ですとか、ファインダーの見やすさの進化に期待。
雪がある晴天でEVFが見づらくて泣きましたw

投稿: ビヨ | 2017年3月13日 (月) 18:18

レンズの操作性は好みが色々別れるところかもしれませんね。
個人的には、再生時の画像の拡大がいかにスムースにできるか
にこだわってボディを選んでいます。ダイヤル一発で自由に
拡大・縮小するという、ただそれだけのことがニコンやキヤノンには
出来ませんのでね。写り以外でフジやペンタを好んで使う理由は、
そんなところにあったりします。

投稿: エンゾー | 2017年3月17日 (金) 18:26

普段撮ってる内容が平凡なものですし、使ってて楽しいですとか、好みの絵が出てくるとか、そんなノリでフジ写Xを使っております。
望遠ズームを調達したことで、一眼レフを持ち歩かなくても済んでることにホッとしたり。バックアップでX7を持ち歩くことがありましたからw
それでもちょっと欲が出てきて、X-T2をどうしたものかと考えることが増えてきました(^^ゞ

投稿: ビヨ | 2017年3月18日 (土) 03:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春の臨海地区 | トップページ | まだ冬っぽい »