« けむり | トップページ | はえーよw »

なんだかんだで楽しい

Dsc01133_2

 X-E2を使い始めてですね、一番に感じるのは「使ってて楽しい」ですなぁ。

 上位機種に新しいセンサーが載ったりして、なにやら羨ましいなぁと感じることはありますよ。ミラーレスの宿命として、AF速度に泣く被写体はあるのだろうとも思いますしね。
 初のミラーレス機で、レンズ交換時にセンサーへゴミが載るのがものすごく気になる構造に驚いたり、どうにも慣れないレンズ交換に難儀したりとか、いろいろありますわ。
 そういうのを全部「俺が慣れないだけなのだから、しょうがねえよな」で済ませられる楽しさがあるのですから、趣味の道具としては及第点ですよ。

 これ、やはりダイヤル操作を基本にしているフジ写Xのおかげだと思うんです。ものすごく「使いやすい」と感じさせる要素の大部分はこれなんだろうと。

Img_2463_2

 ボディの大きさもあるでしょうね。ライカM的な、いわゆる八角形のデザインを採用してくれたら、もしかしてもっと手に馴染む可能性があるとはいえ(このへんは欧州的なデザインセンスが欲しいとこ)、X-E2の小ささと凝縮感は、手にした時に安心感があったりします。

 信頼性がある小さなボディってのは、とにかく持ち出す気になりやすいわけで。コンパクト機を持ち歩かず、すべてX-E2で済ませたくなる所以ですね。
 いささか間抜けなルックスのカメラがスナップには向いてる、とかなり前に書いたような気がします。X-E2は小さい上に、正面から見た時に間抜けなデザインなとこがあります。
 カメラを構えている側からすると、逆に撮る気満々になれるレイアウトに見えるのに、カメラ正面側はまっさらすぎて。そんなとこも、たぶん長所なんだと思います。

 スペックだのなんだのを気にせず、「楽しい」の一言で済ませられる私の神経が変わってると指摘されればそれまでの話ですが。シグマDPでの、別の意味での楽しさと同じですよ。
 シグマDPは、ものすごく使いにくくて、バッテリー残量に神経質にならざるを得ないパッケージングながら、コダックのKRを使っているかのようなRAW撮りに魅力があって。

 いや作品至上主義のストイックさ方面からのアプローチで斬るなら、シグマ機を神扱いするのを理解できるものの、使ってる現場で楽しいかどうかとか、カメラ片手に出かけてみたいとか、そういうシロート的な感覚では、やはり使ってて楽しいというのは大きな要素だと思うのですよ。

※ 放置していたDP1Merillに久しぶりにバッテリーを入れてみたら、液晶表示がイカれてて泣きでした。こんなとこにもカメラ作りのノウハウ不足っつーものはあるのだなと思いました。
 DP2Merillの新品がプレミア価格で販売されてますね。X-T2にバッテリーグリップ付けたのより高価で。あれも液晶イカれてたりしてな、なんて思います。

 なお我が家のDP3Merillは無事な模様。使う場面がわりと難しいカメラではありますが、動いているうちは実戦投入したいところ。

|
|

« けむり | トップページ | はえーよw »

機材ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« けむり | トップページ | はえーよw »