« こういうこともある | トップページ | けむり »

早朝の埠頭

Dscf2104_1
 Fujifilm X-E2 + XF55-200mm F3.5-4.8R LM OIS  1/50  f/8.0  RAW  ISO=Auto(400)

 望遠側の描写が軽薄なレンズだと思ってましたが、絞って使うとそんなに悪くはなかったりしますね。55mm側は開放でもかなりいけるので、素性は悪くないレンズのはず。使うコツがなんとなくわかりかけてきたような。

 動体撮影をしない、という前提で、望遠側の押さえの予備として持ち歩くなら、このレンズよりもXC50-230mm F4.5-6.7 OIS2のほうが軽くてよろしいのではありますまいか。
 一眼レフを使う感覚で望遠側レンズを選んでしまうと、ミラーレスではどうしてもAF速度や精度に不満が出ると思うのです。そもそもAFに不満が出るような使い方は似合わないという話でしてね。

 とくにスナッパー的な使い方をするならば、長めの望遠ズームというのはアクセントとしてのワンカットになることが多いでしょうし、持ち歩くなら軽くて小さいに越したことはないと思うんです。
 実際、XF55-200mmとXC50-230mmは同じ露出で使っている限りは、よほど撮影条件がキツくないのなら結果はほとんど差がないようですし。

 とはいうものの、買ってしまったもんは仕方なく。XF55-200mmを使いますよw

|
|

« こういうこともある | トップページ | けむり »

ちょろすな」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« こういうこともある | トップページ | けむり »