« 常に予備機なRX100w | トップページ | 小坂 その1 »

次はこいつだ!

Xf55_200_0001

 次のレンズはこいつにロックオンしましたですよ。XF55-200mm F3.5-4.8R LM OIS。

 フジ写Xの望遠の絵を体験してみたいという気持ちがベースにあるものの、高スペック単焦点レンズがあってもどれだけ使いこなせるか自信はまったくありません。けれど切り抜き系が似合う景色は田舎に多いのですよ。
 フジ写らしい画質と、携帯性、そして調達価格。そのへんの駆け引きでXF55-200mmと。

 タムロンの便利ズームで超望遠域をその気になればけっこう使うものだなと自覚してますが、フジ写Xで超望遠域を望むとちょっとした冒険的な買い物になりますし、そこまでいったらX-T系列のボディじゃないと厳しいでしょ。
 お安くキメようとしてもXCレンズはフジ写X的な個性に欠ける描写の印象。ほどほどのところを狙うのは、カメラバックの底に忍ばせておくためのチョイスということです。

 とはいえ単焦点レンズで遊ぼうというのがフジ写X調達当初の動機でしたので、XF60mmもあきらめてはおりませんよ。それより前に安定した描写でオールラウンダーな望遠ズームレンズを調達しておこうと。そんな感じ。

|
|

« 常に予備機なRX100w | トップページ | 小坂 その1 »

機材ネタ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。被ったネタで思わず笑ってしまいました。
実は、僕の場合フジXに移行するにあたって、キヤノンのEOSを全て売却しました(実はフィルムのEOS-3と50ミリは残していますが)。
よって望遠らしい望遠がない環境となってしまいました。将来的XF90mmかXF50−140mmが欲しいなと思いつつ、資金もないし買っても結局使わないのでは、と悩んでおりました。

現実的なラインとしてご紹介のレンズか、XCレンズかで迷った末、出物を見つけまして、XC50−230を購入しました。正直無茶苦茶安っぽい外観ですが、なんといっても1万5千円、文句はいえません。
写りの方はまだ評価できませんが、カメラバッグとか車に放り込んでおいても安心な価格ということで良かったかなと思います。
もっとも僕の場合、望遠レンズって滅多に使わないのですが。今後の展開、注視しております。

投稿: 6x6 | 2016年12月 2日 (金) 20:11

自分のを更新してから拝見し、見事に同じネタになってしまったと苦笑しておりましたw
手元に60DとKX7は残してあり、EF200mm F2.8Lも残してあるのですが、持ち歩くにはいささか持て余すレンズでもあって。
かといって便利ズーム系は無理をしたレンズでもあるわけで、物足りなく感じることも多く。それならばXマウントで1本用意しとくかー、といったところ。
春と秋には望遠が欲しくなるシーンがありまして。私の場合。

投稿: ビヨ | 2016年12月 3日 (土) 09:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 常に予備機なRX100w | トップページ | 小坂 その1 »