« てんてん近影 | トップページ | お腹マルダシーノ »

いつもこの時期には降るのですよ

Dscf1743_2

 当地で必ず雪が降る時期が来ました。

 勤労感謝の日の前後は、ほぼ必ず雪が舞います。冬が近いのだなぁと嫌でも感じる風物詩。
 なれど今年はいささか大げさな感じで、雪が舞うというより「翌日まで雪が少し残りそう」というレベルです。寒気団の派手な南下に、首都圏で降雪というのも納得できるところです。

 それでも当地ではまだまだ根雪になる雰囲気ではありませんけれどもネ。長引いた夏からいきなり秋を通り過ぎようとしているような季節の塩梅でしたから、早めの冬が来ても驚きはしませんw
 野営趣味者だから季節の移ろいに敏感なわけではなく、飲み水を作る仕事をしばらくやっていたことが影響しているように自分では思えます。

 いわゆる浄水場で市民の飲み水を作る仕事をしますと、明日明後日の天気もさることながら、一年単位で季節の移ろいを見る習慣が身につきます。例年対比ですとか昨年対比ですとか。
 季節というものはこういう具合に移行していくのだと学習しないと仕事になりませんで。それが今でも自分に影響している気がします。

 話は変わりまして。

 昨今の宮城福島における津波の避難について。クルマで避難して渋滞を起こしてるのは大震災の学習がない!、というご意見が多いようですが、北国に住まう身からの感覚では、クルマ=暖房空間という認識がありますので、この寒い時期の避難にクルマを選択したことを責めるのはいかがなものかと。
 もちろんクルマがたくさん集まったら渋滞を引き起こしますな。当然のことです。けれど避難先は吹きっさらしの高台だったりするわけで、津波避難はいつ戻れるかわからんくらい待機してなきゃならんでしょ。
 そんな中、暖房無し確定の場所へ避難するためにクルマを使ったというのは、私には否定する気になれません。

 寒い時期にクルマで避難したことと、避難路で渋滞を引き起こしたことは分けて考える必要があると思います。
 例えば高台に暖房完備で温水も使える施設がありますよと周知されていたらどうでしょうか。あるいはセルフサービスだとしても避難先に温かい食べ物がありますよとか。これでも少しは避難者の行動は変わるのではないでしょうか。

 地方はお年寄りが多いというのもクルマ避難の動機になっていると思います。すぐそこに高台があるとは限りませんので。仮にあったとしてもお年寄りの体力で登れるのかどうか。
 都会に住まう方々には、田舎の事情、もしくは北国の生活といったものへの想像力がないのだろうなと今回は感じましたですね。

 そうかと思えば、過去の地震の発生パターンから24日早朝の地震発生を指摘していた方がいたりして、いろんな方がいらっしゃるもんだと感心もしましたですよ。

|
|

« てんてん近影 | トップページ | お腹マルダシーノ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ご意見ごもっともですね。
寒い時期にいつ終わるかわからない避難ならそりゃ車で行きますよ。
むしろ渋滞しない様に高台に大駐車場整備して道を拡幅するとかすべきですね
前回で堤防はあまり意味を成さなかったことが分かっているのに再度堤防作るよりは大規模な避難場所を作る方が人命守れると思いました。
普段は体育施設でも良いと思いますけどね。

投稿: ぴゅんぴゅん | 2016年11月26日 (土) 01:04

市街地への津波避難指定建築物や津波タワー増設、なんてのもひとつの解決手段かもしれません。
地区の地形にもよりますが、高台に消防署がある地区があったりしますし、そこは避難所兼用になるくらい土地が広いですね。
なにかしら工夫することで、クルマに頼らない避難と渋滞を引き起こさないことを目指せるのではないかと思います。

私には知恵が足りませんけれどw

投稿: ビヨ | 2016年11月26日 (土) 03:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« てんてん近影 | トップページ | お腹マルダシーノ »