« 寝言 | トップページ | いつもこの時期には降るのですよ »

てんてん近影

Dscf1740_1
 Fujifilm X-E2 + XF18-55mm F2.8-4R  1/30  f5.6  RAW  ISO=Auto(3200)

 モデルさんをやる時は我慢してポーズを固定してくれるのですが、心の中の葛藤が耳の角度に表れていますなw

 眠い感じの絵に見えるかもしれませんが、カメラ側で少し柔らかくしている設定によるものだと思います。ISOが上がってるのもあるかもしれません。
 色も冬らしくクラシッククロームで。今回は嫌な感じのマゼンタが出ませんでしたので、色調はいじってません。

 それにしても。これから撮影条件が悪い季節になるからとズームレンズをデフォルトにしたのですが、つまんねえと見えて写欲が後退してます。やっぱり単焦点レンズが楽しいよなぁ、なんて。
 フジ写Xの操作体系が単焦点レンズ向きなのもありますけれど。使ってて楽しいフジ写Xの理由には、レンズに絞りリングがあることでして。ズームレンズの絞りリングにはf値の記載がないんですよね。ファインダーを見なきゃわかんないんです。

|
|

« 寝言 | トップページ | いつもこの時期には降るのですよ »

ちょろすな」カテゴリの記事

コメント

ビヨさんのX-E2記事に触発され、冬ボ近いこともあり量販店に見に行ってきました。
写りのいい単焦点と合わせてもコンパクトなシステムが組めるのがいいですね。
1年前に買った6Dがでかすぎて難儀していたので余計好ましく感じました。
レンズキットで9万位でしたが、ディスコンで市場在庫のみのようです。後継機のアナウンスなきままということは、シリーズ消滅なんでしょうかね。

投稿: こんどう | 2016年11月25日 (金) 21:27

一度はメーカーサイトでディスコン表示になったのですが、最近はシレッと現行機になってるんですよ。なぜでしょw
来年から再来年にかけてX-A3とX-A10以外に新型機が登場するようです。もしかしてX-E3なのでは、という噂があります。
けれど安い買い物ではありませんから、安易にオススメはしませんですよ。使ってて楽しいのは事実ですがw

投稿: ビヨ | 2016年11月26日 (土) 03:40

2400万画素センサを積んだX-E3楽しみです。
ところで、既知かもしれませんが、現像方法によって解像感がだいぶ違うんですね。Photo Ninjaってのが良いみたいです。
http://bigdaddyphoto.blog41.fc2.com/blog-entry-1223.html

投稿: こんどう | 2016年11月27日 (日) 20:06

X-M1の後継機種は…出ないんでしょうなあ~。フジはローエンドとハイエンドを厚くして、中間を極力無くす戦略なんだろうと思うので。

でも、外見が女子ウケを考えていない渋い感じのサブ機は今やX-T10しかなく、しかもあいつはそれなりにかさばるし重いので、X-M1のポジションは僕にとってはなかなか絶妙だったんですが。

投稿: エンゾー | 2016年11月28日 (月) 11:42

こんどうさん >
いや私なんてめんどくさくてフジ写純正RAW現像たるシルキーピックスのみですよ。
業界的に処理用語が統一されていないというか、個性を出そうとしてわけわかんなくなってる気がしてまして。
シンプルにフジ写版シルキーピックスでRAW処理して、あとの細かいとこは古いフォトショへお任せって感じですかね。
どこまでも理想の絵を追うつもりはなく、気に入ってるフジ写の絵の個性を消さないよう、自分の意図へ近づける感じなのです。


エンゾーさん >
その気持ち、ものすごーくわかりますです。仮にX-M2というカメラが登場していたら、予備機でX-A2を調達することはなかったと思います。
X-E2が動いている限りはバッテリードナーでしかないX-A2より、X-M2があるならおそらくサブ機にします。ワイド系の単焦点で自信があるとこはX-M2にお任せしたでしょうね。
今は中古のX-T1がかつてのX-A2と同じ価格帯とはいえ、一眼レフスタイルとRFスタイル、そして最低限のファインダーのみで勝負しちゃうスタイルのカメラって、それぞれポジションが違いますよねー。
現行の2,400万画素センサーにあまり魅力を感じていない私としては(センサーと組み合わせた映像エンジンも含めてのところではアドバンテージを感じてます)、枯れたセンサーで堅実なスリム機が欲しいところ。けれどレンズはXF18mmかXF27mmの二択にしかならんでしょうなw

投稿: ビヨ | 2016年11月28日 (月) 19:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 寝言 | トップページ | いつもこの時期には降るのですよ »