« 炎 | トップページ | 地べたスタイル »

安物のロールテーブル

Dscf1530_1
 Fujifilm X-E2 + XF18-55mm F2.8-4R LM OIS  1/25  f8.0  RAW  ISO=Auto(6400)

 しなびたソーセージは、張り切って買った高価な地元食材がいまひとつだった結果www

 暗くなったらこのレンズの出番。高感度域描写に不安がありませんので、グッと絞る気になれるのです。
 最初はいろいろと物足りなく感じていたレンズでしたが、Xシリーズを使い続けていると確実にこのレンズの出番があります。小さいので単焦点派のユーザーさんの非常用としてもオススメ。

 かつて愛用していたこの小さなロールテーブル。あれこれと載せられないからこそ、お店を広げずに済むところがあります。
 この考え方は、テンバの大きめのカメラバックからドンケの小さめへ移行した時と似てますね。ちょっと窮屈なカメラバックだからこそ、余計な機材を持ち歩かなくなって厳選するようになると。


 

|
|

« 炎 | トップページ | 地べたスタイル »

ちょろすな」カテゴリの記事

コメント

ちょっと窮屈なカメラバックだからこそ、余計な機材を持ち歩かなくなって厳選するようになる> ああ、すごく、わかります。車での移動のときはあれやこれや機材をつめるのですが、電車で行かないといけないときは機材厳選しますから。
 XF35 f1.4、値上がり前に無理して買いました。昨日、実践してみましたが、いやあ、かなり活躍してくれました。頻繁におとずれる場所で使いやすかったので、うれしい収穫でした。

投稿: hk | 2016年9月25日 (日) 22:17

XF35mmはいかがでしたか。時間帯や光線状態によっては物足りなく感じる時はあるのですが、総合的にいいレンズだと思ってます。
換算53mmという3mmの長さが、私の場合はいい具合に使えてるようにこのところ感じてます。

投稿: ビヨ | 2016年9月26日 (月) 06:20

 うまく表現できませんが、3mmのところに神さんが宿るかもしれませんね。あ、大丈夫です。頭は大丈夫です。
 あのですね、ほんのかすかな、ほんのわずかに「よれる」写真がとれただけでも、ぜんぜん違うときがあると思うんで、そういう機会をもたらしてくれるかもっていう。そんなことを思いました。
 AFは迷わなけりゃ問題ないスピードに感じます。

投稿: hk | 2016年9月27日 (火) 22:03

昨日のこと。ガラス越しでこのレンズを使おうとしてMFへ切り替えた時に、ピントが動かない症状がありまして。
それがシャッター半押しをやり直すと動き出すという半端な状況で、原因の推測がつかないだけにちょいとMFでは警戒かな、となってます。
接点の導通不良はあり得るかなとは今のところ考えてるとこでした。

投稿: ビヨ | 2016年9月29日 (木) 18:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 炎 | トップページ | 地べたスタイル »