« XF35mm F1.4Rで酔眼 その17 | トップページ | またそんなの買って・・・ »

XF35mm F1.4R 開放

Dscf1292_1
 Fujifilm X-E2 + XF35mm F1.4R  1/8000  f1.4  RAW  ISO=200

 薄曇りで太陽は右前45度方向。絞りは開放。フルサイズよりも一回り小さなセンサーとはいえ、さすがF1.4のレンズ。被写界深度を浅く表現することができますね。
 実はいつものテスト撮影場所へ初めて持ち出した時のカットで、画面上に見える樹木のボケ方にちょっとクセがあると感じ、これ以降は絞り開放を多用しなくなったのでした。

 けれどf2.0くらいで十分に落ち着いた絵になりますし、フォーカス位置前後のボケはクセが少ないため、背景に気を遣うことでそのへんはカバーできますでしょ。私はむしろ開放で周辺部が危うくなるレンズが高速レンズっぽくてかわいく思いますけどねw

Dscf1301_1
 Fujifilm X-E2 + XF35mm F1.4R  1/5000  f1.4  RAW  ISO=200

 こういう具合に主題だけなら周辺は気になりません。

|
|

« XF35mm F1.4Rで酔眼 その17 | トップページ | またそんなの買って・・・ »

ちょろすな」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« XF35mm F1.4Rで酔眼 その17 | トップページ | またそんなの買って・・・ »