« 2016年3月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月の11件の記事

秋田中年野営組合 2016年6月 その2

 熊本の地震以来、九州方面は踏んだり蹴ったりの天災が続きますな。博多の若社長は息災ですかの。

 話は変わりまして。

Dscf1141_2

 鳥海山はまだ雪があるのよーん、な光景は、夏休みの声が聞こえるような時期まで続く当地。
 野営へ出かけようとすると、逆に混み合う夏休み前に数を稼いでおきたいところながら、職場の人員が減ったり出世した同僚が出たりで、勤務体系が変わりましてね。ほぼ当直。当直以外は集中的に現場作業。ジジイは疲れるのでしたW

 で、今回は実のところ山形県庄内地区ならあそこしかなかろう、という某野営地を目指して日本海沿いを南下したのでしたが。「熊出没につき閉鎖中」の看板が。
 はぁ?海沿いの松林で熊?本当に熊が出没しているなら、野営地よりも先に地元集落へ注意喚起看板が出てそうなもんなのに皆無。熊の生息が予測される里山から数十km離れている海沿いなのに。

 もしかしたら週末になると撤収する都合のいい熊がいるのではwww

 理由はどうあれ、休業している野営地で強引に決行する理由はありません。遠くから訪れた困っている様子のオートキャンパーを横目に見つつ、第二候補の野営地へ向かいました。

201606291823_001

 庄内の某野営地から北上し、秋田県境に近い海沿いの西浜キャンプ場を狙いました。平日だし、どうせ利用者なんかおるまいと。結果的に貸切状態でしたよ。

Dscf1155_2

 ものすごく細かい注意書きが両面に書かれた紙を手渡されるのでしたが、よくよく読んでみれば野営者にとっては常識であることしか書かれてはおらず、野営慣れした人はスルーしても可w

 それよりもよそ様と比較して意外と自由な野営地だった感があります。時間的な制約は繁忙時以外はなし。いつ来ようがいつ帰っても可。道具を下すためなら場内へのクルマ乗り入れ可。この2点だけでも野営者にとっては気楽。ジジイ1名テント持ち込みで\600。
 んでペット専用のスペースがあったりしましてね。これは周知されちゃうと大化けする予感ですな。

Dscf1157_2

 ただし海水浴場併設というほど海は近くなく、むしろ温泉施設が場内にあることと、自販機が充実していて最低限のランドリーも備えていることがメリットかもしれません(利用時は時期的な理由からかランドリー閉鎖中)。
 夜間は波の音を聞きながら寝られるかと思えば大間違い。川向うのはずの幹線国道を走る長距離トラックと、同じく川を越した先にある羽越線を走る夜行貨物列車の音が響きます。
 まあ寝ちまえば多少の音なんざ関係ありませんけれども、趣がある野営をお望みの方にはオススメできませんねえ。
 逆に人の気配がしないと寂しくて過ごせない方には向いているのかもしれません。至近に道の駅があったり、山形県遊佐のリゾートエリアみたいなとこですから。

Dscf1160_2

Dscf1161_2_2

 炊事棟もトイレもバッチリ。無駄に富士写Xの写りを使ってますw






 

| | コメント (0)
|

秋田中年野営組合 2016年6月 その1

20160623_0001

 いささか出遅れ気味のタイミングでしたが、今期初野営へ行ってきましたのよ。タープのポールがテントのフライへ食い込んでるのはスルーしてくださいw

 このところ野営の荷物が肥大化する一方だという意識から、モンベルの小さなタープの下にテントを仕込む方向をイメージしてたんですが、一つ目小僧はわりと背が高くて小さなタープの下には潜り込めませんでしたw

Dscf1150_2

 思えば、以前はガスランタンなんか持ち歩いてはおりませんでした。照明へガス缶を使うと火器関連全体がガスになりがち。
 いわゆるキャンプ用のガス缶でなくても、家庭用のカセットガスという選択肢もあるわけですが、いずれ照明にガスを使っちゃうと燃料全体がガスになりがち。気軽に使えるんで気持ち的に気楽だというのもあって。

 いや、このロールテーブルそのものがデカいだろ、などと実際に野営へ出てみて吟味するために今回は出かけたようなもの。
 今期の初夏は熊の出没でにぎわうところから始まったようなもので、その上どうも天候に恵まれないまま時期が遅くなってしまい、空のご機嫌の合間を縫って、なんとか野営してきたということなのでした。

| | コメント (8)
|

普段使いする安全靴

Dscf1047_2

 普段から安全靴を愛用していますがなにか?w

 安全靴の世界、というものがありましてね。安全靴は現場作業だけで使われるものとは限らず、世の中のあちこちで活躍しているシューズなのです。
 安全靴の進化は、足指の切断を防ぐ鉄のカバーが代名詞なところがあって、靴底にも鉄板が入っていて、全体的に重量が重いものが安全靴みたいなところがあったのですが。
 最近は樹脂の強度が上がりまして、金属製じゃなくても十分に保護の役目が果たせるようになってきました。これで空港のゲートでキンコン鳴る恥ずかしさから解放されるわけですwww

 田舎にはホームセンター、通称ホムセンというDIY系のお店がたくさんあって、安全靴の取り揃えは豊富です。
 現業系の職場における安全対策は日々うるさくなってきており、安全靴の需要が高まっていると見え、アシックスやらなんやら、知られた靴ブランドが参入してきており、安売りイメージのホムセン店頭に1万円を超える安全靴が置かれているのも珍しくはなくなってきてます。

 で、安全靴を普段使いしてる私が、これはヒットだなぁと感じたのが、Heva!というブランド名の靴。Web検索しても製造元はよくわからんのですがw
 最大の特徴が軽量であること。そのへんで売ってるスニーカーよりずっと軽く、陸上競技用シューズに近い軽量さ。そして通気性が良く蒸れない。踵の保護を捨てたおかげで潰し履きがいつでも可能なのに、潰し履きの跡がつきにくい構造。
 現場を管理するために求められる安全靴ではなく、現場で実際に使ってる人が求めているスペックなのですよ。

 ホムセンの安売り価格帯では売られていない商品で、樋口一葉さん登場の価格帯なのですが、それだけの価値は十二分にあります。安全靴を普段使いして10年、Heva!を半年間使い続けた私が証言するのですから間違いありませんw

 安全靴を普段使いしている変態に向けた報告でした。「Heva!」というブランド名に秋田人として惹かれたというのもあります。
 秋田弁で「へば」とは、直訳的には「それでは(○○ということか等)」という意味ですが、よく使われるのは別れの挨拶。「へばっ」「へばな」というのは「またね」という程度の意味合いで、ほぼ定番なんです。

 ちなみに現場では名門シモンの安全靴を愛用しておりますのよ。

| | コメント (0)
|

Mマウントアダプタはなかなかおもしろいのです

20160602_0005

 コシレンのスナスコ25mmでも遊んでみようかと思ったのですが。カメラへ装着した姿は大変によろしいのですよ。ポストライカへ装着したみたいな感じになりまして、ちょっとシブい。
 けれど換算焦点距離が38mmくらいになりまして、それならXF23mmを使ってもよくね?といったところでしてw

Dsc01120_2

 ペンタックスの43mmですとかコシレン初期の75mmなんかも装着してみたのでしたが、換算焦点距離が望遠系になっちゃうレンズは、無理して使う苦労をしなくてもいいのかなって思いましたよ、ええ。
 絵は思いのほかきれいなんです。こんなにきっちり写っちゃっていいのって。とくにペンタックスのLマウント43mmなんかは、補正しないと全面にシアンが少し乗ってきますけれど、それ以外はピシッと写りましてね。

 遊んでいて実用に足る焦点域だと感じたのはコシレン15mmですね、やはり。目測式でパンフォーカス狙いで使う限りですが、AFレンズよりもサクサク撮れますもの。
 いざとなったらデジタルスプリットでピントを合わせることも可能、という保険もありますし、持ち歩いても小さく済みますからね。

 へそ曲がりの私としましては、コシレン15mmにしばらく広角域を任せてみようかなーなんて思ったりはしますが、もちろんXF14mmに興味がないわけないじゃないですか。へそ曲がりの変化球を投げる楽しさで自分を誤魔化しているだけにすぎませんのよwww

| | コメント (0)
|

コシレン15mmで代用(5)

Dsc01111_2

 手元にあるコシレンのレンズを富士写Xにくっつけてるというのは、ちょうど銀塩ライカM的な大きさのX-E2に合いそうだったからです。
 写りの良さとか使い勝手の良さを省くと、富士写Xのレンズはいささか大きすぎるのですよ。本命はX-Proシリーズなのだというなら、大柄なレンズも許されるのでしょうが、X-E2がいい大きさだと感じてるユーザーさんからすると、XFレンズは大きすぎ。

Dsc01118_1

 ちょいと広角で寄って撮るとこんなもんですよ。いいレンズの大きさじゃないですか。目測式レンズならマウントアダプタにまつわる面倒臭さをスルーできる要素もあるだろうと。それがイタズラしようと思い立ったきっかけですねw

 X-E2にはMF時にデジタルスプリットと称する疑似スプリットスクリーンが使えるんですけれど、マウントアダプタを介すると絞り込み測光状態になりますから、絞り開放にしとかないとデジタルスプリットの恩恵を受けづらいんです。
 けれど目測式レンズならレンズの絞り値と被写界深度だけでピントをコントロールできますんで、かなり気楽に使えるのでした。

 ちなみにコシレン15mmの最短撮影距離は0.45mくらいなのですが、そのくらいの距離ならF4.5であってもデジタルスプリットの恩恵を得られます。

| | コメント (0)
|

コシレン15mmで代用(4)

Dscf1070_1
 Fujifilm X-E2 + Cosina/Voigtlander 15mm F4.5 ASP.  f8.0  1/350  RAW  ISO=200

 あれ?意外とイケんでねの?と思ったのがこちらのカット。少々パースペクティブがキツい24mmという感覚で、順光なら使えるんでね?とか思ったりして。
 周辺光量補正を入れてることは前に書きましたが、それ以外の補正はしておりませんのよ。レンズの写りというよりも「フジ写Xの写り」という感じはしますけれども。

| | コメント (0)
|

コシレン15mmで代用(3)

Dscf1065_1
 Fujifilm X-E2 + Cosina/Voigtlander 15mm F4.5 ASP.  f8.0  1/56  RAW  ISO=200

 左下の看板が変な色になっているのは、光を反射して光る素材で作られた看板だからで、レンズのせいではございませんw
 2ヶ月も前に撮ったもので、まだ冬の残り香のようなものがありますね。

| | コメント (4)
|

コシレン15mmで代用(2)

Dscf1067_1
 Fujifilm X-E2 + Cosina/Voigtlander 15mm F4.5 ASP.  f4.5  1/200  RAW  ISO=200

 コシレン15mmでF4.5の開放にしますと、こんな具合に周辺はブワブワになっちまいます。
 Mマウントアダプタを装着したフジ写のMFでいきますと、絞り込み測光状態を考えていただくとわかりやすいと思いますが、むしろ絞り開放だとMFがやりやすくなるとはいえ、コシレン15mmは目測式のレンズ。ここはF8に絞ってパンフォーカス的な使い方が吉でしょうね。

| | コメント (0)
|

コシレン15mmで代用

Dscf1068_1
 Fujifilm X-E2 + Cosina/Voigtlander 15mm F4.5 ASP.  f8.0  1/640  RAW  ISO=200

 もっとフワフワになるかと思ったのですけれど。けっこう頑張って写ってますね。

 フジ写純正アダプタの機能を生かし、周辺部の減光を+3EVほどブーストしてます。色補正設定もできるのですが、このレンズには設定しませんでした。
 純正マウントアダプタには7本までレンズ登録が可能で、それぞれ補正特性を設定して保存できます。使うレンズに合わせてユーザーが呼び出す仕組み。


| | コメント (0)
|

Mマウントアダプタ

20160401_0001

 レンズで遊んでるというのは、こういうことでして。フジ写純正のMマウントアダプタですね。

 デジタルの世になってからというもの、デジタル向けに設計されたレンズでなければガッカリすることが多く、そも古いレンズをデジタルで使う意味を見出せないでいたのですが。
 アル変といいますか、勢いといいますかね。ちょいとポチッてみたのでした。

 ちなみにコシレン15mmSWHはご覧の通りに絞りF8でほぼパンフォーカスになります。というか元が目測式のレンズですので、このような使い方推奨みたいな。
 15mmを約1.5倍ということで、実焦点距離はおおむね22.5mm。24mmでもなく、かといって20mmというわけでもなく。微妙なところです。

 元からフルサイズでも絞り開放では周辺が荒れるレンズ。まさに「荒れる」という表現そのままで、私は嫌いじゃありません。これがフジ写Xに装着されて画角がクロッピング状態になると、さてどうなりますか。

| | コメント (0)
|

※撮影日は4月23日ですw

Dscf1079_1
 Fujifilm X-E2 + XF18-55mm F2.8-4R LM OIS  f5.6  1/1000  RAW  ISO=200

 高速域でもイケる電子シャッターが使えるようになったのだから、絞り開放でいくべき場面だったと後悔しております。
 絞り込むよりも、開放からF5.6あたりまでが美味しいフジ写Xレンズという認識がありますので、いつも絞り優先のF5.6にセットしてたんですよねー。考えが甘すぎました。

 というわけで、あまりにも放置していては無用のご心配ばかりかけるものと思い、ぼちぼち更新してまいります。
 ただし毎日更新は無理すんのやめました。義務感というか、イヤになってくる時もあるわけでw

 撮影量は激減してますが、なにも撮ってないかというとそういうわけでもなく。レンズで遊んだりもしてます。そのへんは追々ということでw

| | コメント (6)
|

« 2016年3月 | トップページ | 2016年7月 »