« 2016年2月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年3月の31件の記事

某寺にて

Dscf1017_1
 Fujifilm X-E2 + XF18-55mm F2.8-4R LM OIS  f5.6  1/27  RAW  ISO=400

 RAWでなくてもよかろう、という突っ込みには「だってRAW撮りしたら後でいろいろ遊べるんですもの」と答えておきます。モノクロもいろいろ遊べるんです。フジ写のRAWは。

| | コメント (0)
|

やはり2台体制が吉なのか

 初春の霧雨の下、漁港で久しぶりに一眼レフとX-E2を併用して感じたことなのですが。X-E2はバリバリとレンズ交換しつつ突撃するというより、やはりレンジファインダー機的な使い方のカメラなのだなと。

 レンズ交換をまったくしないということではなく、ボディ2台体制がやはり吉であるということでして。
 長めのレンズはファインダーと同じ縦線にあると振り回しやすいわけで、従来からある一眼レフの人間工学的優位なのですね。一方で、ワイド系から短めの望遠にかけてはレンジファインダー系のほうが便利なシーンも数多く。
 それぞれの長所を生かす使い方ならば、X-E2を常用域として、X-T1を望遠用として使う構想は、そんなに間違っちゃなかったなと考えてます。

 いや、たまにしか使わないであろう望遠域にX-T1を奢る必要はあるのかどうかというのは再考察すべき点ではありますがw
 フジ写Xの望遠でどれだけ動体に対応できるのかという個人的に未知数な不安点を「お試し」するのであれば、X-T10というのもアリなのかなと、とりあえず視野には入れておきましょう。

 いや、学研学習誌のオマケ日光カメラ的なイメージは今でも払拭できてはおらんのですが、初見よりもは実用重視で見てますので。

X_t10_0001_2
 チンタラと装備の構想を練っている間に新型機が登場しちゃいそうなくらいのノロいペースで機材更新を進めていこうと思ってマスwww
 X-Pro2は使い方からするなら手元のX-E2の延長線上にある機種だと思ってますし、X-E2の2台体制というのは同じ個性の2台になっちゃいますんで。私には贅沢と判断。

| | コメント (4)
|

漁港のネコ(13)

Img_7224_1_2
 Canon EOS KX7 + Tamron B008 18-270mm PZD  f8.0  1/400  RAW  ISO=800

 遠くから歩いてくる野良を撮ってましたら、そのまま真っ直ぐ歩いてきて、私の股の間に収まりましたw
 人懐こいのがいるから話題になるのでしょうね。地元ローカルTVでも紹介されてましたよ。



| | コメント (0)
|

漁港のネコ(12)

Img_7214_1
 Canon EOS KX7 + Tamron B008 18-270mm PZD  f8.0  1/500  RAW  ISO=1250

 もっと寄って撮ればいいのでしょうけれど。最近は田舎である当地でも撮られることを嫌う人が増えてきてますので、画面に人物を入れづらくなってきてるのですよね。都会のスナッパーの皆さんが気落ちしてるの、最近は私も体感するようになってきました。

 さりげなく後方で関心満々の野良がいますw

| | コメント (0)
|

漁港のネコ (11)

Img_7199_1
 Canon EOS KX7 + Tamron B008 18-270mm PZD  f8.0  1/160  RAW  ISO=1000

 RAWのくせして手抜き処理してるので潰れちゃってますねえw

| | コメント (0)
|

漁港のネコ (10)

Img_7192_1
 Canon EOS KX7 + Tamron B008 18-270mm PZD  f8.0  1/500  RAW  ISO=1600

 久しぶりに一眼レフを引っ張り出したのですけれど。緊張感皆無で、意図しない絞り固定で撮っていたりw

 

| | コメント (0)
|

漁港のネコ (9)

Dscf1012_1_2
 Fujifilm X-E2 + XF18-55mm F2.8-4R LM OIS  f8.0  1/34  RAW  ISO=400

 頑なな野良と、ちょっと人間に興味がある野良。

| | コメント (2)
|

漁港のネコ (8)

Dscf1005_1
 Fujifilm X-E2 + XF18-55mm F2.8-4R LM OIS  f8.0  1/30  RAW  ISO=400

 野良仲間にすら馴染めない連中の悲哀がね、なんか悲しくなってくるのです。

| | コメント (0)
|

漁港のネコ (7)

Dscf1002_1
 Fujifilm X-E2 + XF18-55mm F2.8-4R LM OIS  f8.0  1/60  RAW  ISO=400

 霧雨だったのもありますが。寂しそうなんですよね。漁港のネコは。

| | コメント (0)
|

漁港のネコ (6)

Dscf0990_1
 Fujifilm X-E2 + XF18-55mm F2.8-4R LM OIS  f5.6  1/42  RAW  ISO=400

 お。あっしの写真を撮ってたんですかい?的な。腰が引けて逃げ体勢に移ろうとしてますなw

| | コメント (0)
|

漁港のネコ (5)

Dscf0989_1
 Fujifilm X-E2 + XF18-55mm F2.8-4R LM OIS  f5.6  1/26  RAW  ISO=400

 ブラブラと写真を撮りに来た人間よりも、野良の関係性が気になる模様。

| | コメント (0)
|

漁港のネコ (4)

Dscf0985_1
 Fujifilm X-E2 + XF18-55mm F2.8-4R LM OIS  f5.6  1/20  RAW  ISO=400

 ローカル的にはこの漁港へネコを捨てる人がいるとか、地域ネコとして保護しようとか、全国各地のネコ名所と共通の問題があるのです。保護活動の方が作られたのであろうネコ小屋。

| | コメント (0)
|

漁港のネコ (3)

Dscf0966_1
 Fujifilm X-E2 + XF18-55mm F2.8-4R LM OIS  f6.4  1/20  RAW  ISO=200

 撮影条件はよろしくない初春の霧雨という天候でした。ホワイトバランスの調整を後からしておりますよ。濃い曇天をXシリーズは苦手としている気がしております。

| | コメント (0)
|

漁港のネコ (2)

Dscf0960_1
 Fujifilm X-E2 + XF18-55mm F2.8-4R LM OIS  f6.4  1/100  RAW  ISO=400

 漁港の主のわりに、警戒してんのですよ。冬季閉鎖の公衆便所前にて。

| | コメント (0)
|

漁港のネコ (1)

Dscf0959_1
 Fujifilm X-E2 + XF18-55mm F2.8-4R LM OIS  f6.4  1/60  RAW  ISO=200

 漁港の主、とのこと。

| | コメント (0)
|

カラス

Img_7208_1
 Canon EOS KX7 + Tamron 18-270mm PZD  f8.0  1/200  RAW  ISO=400

 カラスさんがね、いいとこにいると思って撮ろうとすると移動するのですよw

| | コメント (0)
|

霧雨

Dscf0973_1
 Fujifilm X-E2 + XF18-55mm F2.8-4R LM OIS  f5.6  1/340  RAW  ISO=400

 霧雨という困った天気の漁港ながら、シャドーの沈み具合がいい雰囲気なのですよ。

| | コメント (0)
|

紅梅

Dscf0956_1
 Fujifilm X-E2 + XF18-55mm F2.8-4R LM OIS  f8.0  1/100  RAW  ISO=400

 紅梅が咲いておりました。海沿いの南岸へ赴けば、北国とはいえ春が近づいていることを感じるのでした。

| | コメント (0)
|

海鮮丼

Dscf0950_1
 Fujifilm X-E2 + XF18-55mm F2.8-4R LM OIS  f11.0  1/15  RAW  ISO=800

 今回は撮ることを考えて自然光がよく入る窓際へ陣取ってみましたw

 天気が悪かったんですけどもネ・・・

| | コメント (0)
|

乾クンジャー

Dscf0948_1

 いや。目撃しておもしろがって撮っただけです@由利本荘市

| | コメント (0)
|

悩む悩むw

 種々の事情から、今すぐレンズをドーンと買っちゃおう、という気にはなれないのに、フジ写Xの望遠を使ってみたい欲求は途切れませんでなぁ。

Xf60mm_0001

 20-35-100mm構想には、現状で欠かせないかもしれないレンズとしてXF60mm F2.4マクロがあるわけですが。描写には定評があるのに、Xシリーズ初期のレンズで描写を優先した結果、使い勝手がいまひとつと評されるレンズでもあります。
 全群繰り出しというレンズ構成が、長々とAFを駆動させねばならない理由でして、全群繰り出しだからこそ安定した写りになっているわけで。

 しかもメーカー純正フードが真面目な作りでかなり大きく。100mmクラスでこんな派手なフードはいかがなものかと躊躇したくなるのは、X-E2をレンジファインダー機的に使いたいと私が感じてるからなのでしょうな。

 で。朗報を発見しましてですね。なるほど、そういう考え方もあったのかと。詳細はリンク先でご覧いただくとして。こちらは真面目にフジ写Xに取り組んでおられるユーザーさんとして知られた方のブログです。

 なるほどなぁ、とは感心しましたけれど、このレンズを調達しちゃったらシグマDP3Merillの出番が減るのではないかという判官びいきな私の気持ちが。
 じゃあDP3を使ってんのかよ!とセルフ突っ込みしてみますと、X-E2だけで精一杯だったりする自分の姿に気がついたりするのですけれどwww

| | コメント (0)
|

望遠で使ってみたいなぁ

 長めのレンズをX-E2で試してみたいなぁという欲求はあいかわらずでして。単純にフジ写Xのレンズ描写に興味がありますし、今まで撮らなかったようなものを撮ってみようかなと考えますと、どうしても望遠側を1本用意してみたいかなと。

Xf55_200_0001

 具体的なターゲットとなる被写体があるわけではなく、漠然と考えている程度のぼんやり加減ならば、おそらくXF55-200mmが最適解のように思えるわけですけれど、このレンズの特性をいまひとつ推測できてないところがありましてねー。
 ズームレンズで焦点距離全域が良好というのはめったになく、たいがいは短いとこか長いとこか、たいていは短い側にスイートスポットがあったりするわけで、そのへんをつかみかねてるという話。

Xf90mm_0001

 単焦点でキメたい気持ちも強いのですよ。XF90mm F2Rですとか。換算135mmですね。このレンズ、おそらく期待にたがわない描写だと思ってるのです。

 絞りリングがXFズームレンズみたいなフリータイプでなくて昔ながらのタイプだという安心感もあるんです。XFの単焦点レンズには。

| | コメント (0)
|

フード難

Img_7182_2

 ズームレンズは花形フードじゃないと不安だなぁと感じてはいるのですけれど、フジ写のレンズフードは意外にズレやすかったりしまして。
 気がつかないままフードで画面がケラれたりしてまして、俺としたことが!的な悔しさがあったりしますw

Img_7178_2

 XF23mmには社外のライカっぽいネジ込みのやつを使ってますんで、とんとフードのことなんか意識してなかったのですよ。

 フジ写のレンズは全般的にフレアに強いのではないかと思ってますが、さすがにズームレンズとなりますと盤石というわけでもなく、XF18-55mmは望遠側で内面反射っぽいコントラスト低下が感じられる時があります。
 花形フードでも中国方面の社外品はあるわけですけれど。

Img_4434_1

 我ながらずいぶんと古い画像を引っ張り出してきましたがw

 このズイコーレンズについてるフードは花形なのにネジ込みで、非常に汎用性が高く、ネジ込みなので固定も確実。
 こういうのを使うことも考えはしましたけれど、ズームレンズのフードはメーカーさんがきっちり設計したやつをね、やはり使いたかったりするのです。

 そのうち小細工するかもしれません。あまりにもイライラしたらw

| | コメント (2)
|

晩冬から初春へ

Dscf0947_1
 Fujifilm X-E2 + XF18-55mm F2.8-4R LM OIS  f5.6  1/15  RAW  ISO=400

 夜明け前の空が春らしくなってきましたねえ。

| | コメント (0)
|

お知らせ

 更新サボり申し訳ございませんwww

 来年度にniftyでホームページサービスを終了するということで、本家のサイトがいずれ消えます。引っ越すつもりはございませんので消滅ということになりますねえ。

 実際の話、自分の便利リンクページとしてしか利用していない現状がありますんで、なくなったところでどうという話でもないのですが。当ブログオンリーということになりますね。
 Webデータサービスは継続する模様ですので、そちらへデータを移すという手がなくもないのですが。需要がないとなれば手間をかけるのもどうかと考えております。

 掲示板も消えます。ご了承くださいませ。

| | コメント (0)
|

マンホール

Dscf0939_1
 Fujifilm X-E2 + XF18-55mm F2.8-4R LM OIS  f5.6  1/15  RAW  ISO=2000

| | コメント (0)
|

金具

Dscf0933_1
 Fujifilm X-E2 + XF18-55mm F2.8-4R IM OIS  f8.0  1/15  RAW  ISO=5000

 手ブレ補正レンズのイヤらしさが出ているような。

| | コメント (0)
|

バルブハンドル

Dscf0931_1_2
 Fujifilm X-E2 + XF18-55mm F2.8-4R LM OIS  f6.4  1/15  RAW  ISO=1250

 実はこのところ後処理でX-E2のシャープネスをいじってませんのよ。


| | コメント (0)
|

職場系

Dscf0930_1_4
 Fujifilm X-E2 + XF18-55mm F2.8-4R LM OIS  f8.0  1/15  RAW  ISO=1250

 ネタがないので職場系ですいませんw

| | コメント (0)
|

どうしたもんか

Img_7182_2

 フードがガタつく件では、わりとイラついてるフジ写Xユーザーさんはいらっしゃると思いますが。
 タムロンのヤワいフードでも同様の不満があり、いろいろ細工した私でありまして、フジ写Xズームのフードにも細工せにゃならんのか、それとも使い方に気を使えばなんとかなるか微妙なところw

Img_7178_2

 単焦点レンズなら、開き直ってネジ込みの社外フードにできるんですが、ズームレンズにはどうも使う気になれず。
 このへんのジレンマとか工夫も、フジ写Xレンズを使う上での楽しみかなーなんて考えるようになると、そりゃ中毒症状ですわw

| | コメント (0)
|

コンビニ飯

Dscf0927_2

 当直仕事をやってますと、どうしてもコンビニ弁当のお世話になることが増えます。健康診断の結果がよろしくなくなるのは承知していますけれど、自炊放棄者としては仕方ありませんw

 とはいえ、一昔前に比べたらコンビニ弁当は美味しくなりましたね。某チェーン店は大々的にキャンペーンを打ったわりに中身が減って手も抜いてるとか、あるいは某チェーン店は秋田人の舌にいまひとつ合わないですとか、いろいろありますけれども。
 あちこちで買ってますと、当たりとハズレの商品にも詳しくなったりしまして。同じ店でも当たりとハズレはあるのですよ。

 最近注目しているのはローソンのやみつきパスタシリーズ。なんとなく食べたくてナポリタンを買ってみましたら、従来の安直な味とは一味違うんですね。
 続いてミートソースも試してみたら、やはり従来品とは一味違ってて。もしかしたら添付の粉チーズに秘密があったりするのかなぁ、なんて考えてみたりもしましたけど。

| | コメント (0)
|

« 2016年2月 | トップページ | 2016年6月 »