« 住宅街にて | トップページ | 中央分離帯 »

Ver.4.00きました

 X-E2のVer.4.00来ましたね。メーカー予告にあったファームウェアのアップデートです。

Dsc01099_2

 露出表示の文字が小さくなっちゃったのね。というのが第一印象。ただしEVFは視野外への露出表示になるので、小さく整理されて悪くないかなと思ったり。
 んでEVFは縦位置に構えた時に露出表示が90度動いて下側に来るのですが、残念ながら縦位置では視野内へオーバーレイなのでした。納得いかないので縦横画面変換機能をオフりましたw

 AFセンサー周辺にかなり注力した様子で、より暗い場所でもAFが追従するようになったといいます。明るさの数値的にどうしたというより、確かに夜間のシーンで迷うことが減ったように思えます。

 動体撮影方面対応にも手が入ったようですけれど、ちょっと試す機会がなくてわかんないです。最初から動体を撮ろうなんて考えてませんでしたので。
 唯一撮ってみたのは、由利高原鉄道で駅から出たばかりのノロノロ列車。いちおーAFモードを連続にセットしてましたが、被写体の移動速度がノロくて、正直よくわかんなかったですwww

Dscf0425_1

 とりあえず以前よりも安心してAFを頼れるようになったのかな、というくらいの感覚ではおりますよ。

 いちいちマクロモードに切り替えなくても済むようになったのは、ストレスなくていいですね。ボディ側でマクロモードにいちいち切り替えてる行為が若干疑問ではありましたので。

 ユーザーファンクションボタンをたくさん設定できるようになったのには驚きました。たくさんなくてもいいよ、別に。今まで通りで不自由してないもの。
 と思いましたら、X-E系列とX-T系列で操作体系が違うので、不便に感じているユーザーさんがたくさんいたのですね。

 X-T1に合わせてX-E2の操作を合わせられるのなら、X-E2を売り払ってX-T10に買い替えずに済むというネット上の書き込みをたくさん見ました。
 なるほど、X-E2しか知らない私には想像がつかない部分でした。単焦点をX-E2に、ズームはX-T1のグラファイトシルバーにすっかなー、などと夢想していた私にも朗報なのですねw

 いや冗談抜きに、レンジファインダースタイルはX-E2で十分足りると考えてますんで、ボディ増やすならX-E2シルバーを買い足すか、そうでなきゃX-T1決め打ち。
 X-T10はまだ見た目に慣れてなくて。というか慣れることがあるのか疑問。手にして使い始めたら気にならなくなる予感はあるものの。第一印象の「雑誌のオマケについてきた日光写真カメラ」というチープイメージを打ち消すことができませんのです。昭和に育ったおっさんならではの感覚かもしれませんけれどもネ。

|
|

« 住宅街にて | トップページ | 中央分離帯 »

機材ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 住宅街にて | トップページ | 中央分離帯 »