« YS-860 | トップページ | ほっこりした雪ダルマ »

わりとやるレンズです

 単焦点と比べちゃうとなーと最初は思っていたXF18-55mmですが。使ってみると、なるほど写りに定評のあるレンズだというのが理解できます。
 他社に比べたら安いとはいえない単価のレンズ群ながら、中身からしたらむしろお買い得なのではないかという印象はますます高まるばかり。

Img_7169_2

 で、フジ写XのXFズームレンズの場合、絞りリングが無限回転になってまして、ボディ側の電源を入れればファインダー内、もしくは背面LCDで設定f値がわかるのですけれど、レンズ外見からは現在の絞り値はわかんないんですよね。
 焦点距離によって開放f値の変動があることを嫌ってこういう仕様にしたのかなと思わなくもありませんが、絞りリングがあるならやはり絞り値をアナログ的に把握したいなぁと。ちょっと不満です。

 フジ写Xの手ブレ補正はガッツリ効きますね。予想以上のものがあります。もちろん手ブレ補正レンズ独特の周辺部の微妙な描写を感じることはありますが。
 レンズ交換をする暇が惜しいか、もしくは吹雪などで物理的にレンズ交換をしたくないか。はたまたレンズは1本で済ませたいとか。XF18-55mmはかなりそういったニーズに沿ったものがあるように感じています。

 冬場に使ってもうちょっと深いとこまで把握できたらいいなと思ってますです。

|
|

« YS-860 | トップページ | ほっこりした雪ダルマ »

機材ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« YS-860 | トップページ | ほっこりした雪ダルマ »