« 気に入ってますよお | トップページ | ホワイトバランスの件 »

フジ写Xのフラッシュ

 X-E2はフラッシュを内蔵していて、ボタンひとつで簡単に飛び出して使えるのですけれど、ちょっと日中に補助光で使ってみましたら、なんだこれっていうくらいにショボい光量でして。
 それもそのはず、ISO100時でGNが5という仕様。RAWだとISO200が最低感度になりますが、ISO200換算でもGN7。これ絞り5.6くらいに絞っちゃうと目の前のものしか撮れまへんがな。

Ef_x20_0001

 で、ちゃんとフジ写純正でいかにもレンジファインダースタイルに似合いそうなコンパクトなフラッシュが用意されてます。EF-X20。
 型番からわかるようにGNは20。20もありゃ、とりあえずの用は足ります。どうせこちとらアベイラブルライト専門。フラッシュを使うようなシーンは非常に限られているわけで。

 ところがですね、いざ自分がフラッシュを使うシーンを思い返しますと、まず99%夜祭りであるわけで。
 夜祭りとなるとけっこうな回数を焚きますわ。でもEF-X20は単4仕様。ニッケル水素系電池での公称発光回数が90回。GN20ならフル発光になることも多いかと思われ、チャージに5秒。これじゃ夜祭りには物足りないですよねえ。
 かといってEF-X20よりも大きなフラッシュとなると、今度はX-E2の小さなボディに合わないデカさになるわけで。

Img_7140_2

 どうせ大きめのフラッシュになっちゃうのなら、我が家には25SRとB3000Sがあります。少しでも小さい25SRを装着してみると、横に傾けてみたらなんとかバランスがとれそうな。
 サンパック以外にも社外の最新フラッシュはあるのですが、どうせフジ写Xにはまともに機能連動する機種はなく、それならAF補助光以外はどのフラッシュを使っても同じ。手元にある在庫を使い回せば済む話。

Img_7139_2

 とはいえ、縦位置で装着するとけっこうな存在感ですねえw X-E2で田舎の夜祭りは難しいのかもしれまへんなぁ。X-T1は暗所に強いAFらしいので、あちらは社外フラッシュを使ってもかなり事情が変わりそうですけれども。

Img_2465_2

 ホットシューに装着するサムレスト。これがあるおかげで特等席にある内蔵フラッシュポップアップボタンを触っちゃうことが減り、華奢な作りの内蔵フラッシュを壊さないで済む恩恵がありますwww

 外部フラッシュは単3×4本仕様が基本だと思ってます。発光量も発光回数も。夜祭りみたいな暗い人混みの中で乾電池の交換なんかやりたくないですから。夜祭りになったら素直にEOSを引っ張り出してくることにしますかねw

|
|

« 気に入ってますよお | トップページ | ホワイトバランスの件 »

機材ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 気に入ってますよお | トップページ | ホワイトバランスの件 »