« どうもダメっぽい | トップページ | 職場にて »

ヤマハブルー

 ヤマハの300cc単気筒に手を出してしまいました。

2015_1209_0001

 といっても除雪機なのですけれどwww

 推定25年選手の古い除雪機は、昨シーズンに修理へ出したまま工賃が高くてそのまま引き取ってもらったのでしたが、これから自分がジジイ化していく人生の中で、雪寄せの省力化というのは欠かせない気がしましてな。

 なんでまたバイクでフィーリングが合わなかったヤマハを除雪機で選んだのかというと、スキー板などをグループ企業で製造しているので、いくらかは雪のノウハウを持っているのだろうという単純な理由www
 当地ではホンダの除雪機が増えてきているようではあるものの、今シーズンはヤマハさんが大々的にホムセン方面で拡販をカマしましてなぁ。それに乗ってみたわけです。業界的にも一番攻めてるのがヤマハ機という評価の模様。

 いや他にもかっちょいい除雪機を出してるメーカーさんはあるのですよ。エンジンを収めた本体と除雪オーガとシューター部がユニットになっていて、ボルト1本で簡単に分離できるメンテナンス性の良さを売りにしていたり、あるいはカラーリングがシブいやつとか。
 予算の問題もあって、今回はヤマハを選択。消音化ということに気を使ってる機種はヤマハさんくらいしかなくてですね。

 まだ雪が積もるほどではなく稼動させてはおりませんので、実使用の話はなにもできないのですが、旋回能力を省いたおかげで安くできており、人力旋回を考慮してキャタピラの接地面積を小さくしていたりするところを見れば、農村で使うにはほどほどの機種なのかなぁと。
 ただ除雪機にありがちな過度なカバーリングで、メンテの際にはボルトを数本はずしてカバーを撤去する必要があるところは、保護とメンテの両立は難しいという痛し痒しですな。

 とはいえ25年前の機種に比べたら工夫があちらこちらに観察でき、最低限の装備で除雪できる環境を増やそうといった努力が感じられ、実際に使うのが今から楽しみです。

|
|

« どうもダメっぽい | トップページ | 職場にて »

ローカル」カテゴリの記事

コメント

今年は暖冬とはいわれてますが
やはり除雪機は必要なんでしょうね。
雪国に住んだことが無いからピンと来ませんが年を取ると大変そうですね。

投稿: ぴゅんぴゅん | 2015年12月10日 (木) 22:59

日本周辺の海水温の上昇のせいか、雪の降り方がゲリラ的になってましてね。
ダラダラと降るのではなく、降る時は住民を殺す勢いで振り続け、あるいは隣の町はなんにも降ってないのにこちらは降り積もってるとか。ゲリラ豪雨と同じ。
ただ大袈裟な除雪機は不要なのではないかと感じていて、小型でも機能的によくできていそうな機種を選んだらヤマハだったと。
使ってみなきゃホントのとこはよくわからないのですけれどもw

投稿: ビヨ | 2015年12月11日 (金) 09:50

ヤマハはあちこちで見ますね。山形ではドンキホーテにも
ありましたよ。実家の除雪機は50万位したんですけど、
次に更新するときにまた買ってあげないといけないよな
とおもいつつ、安くはないんで気持ちが重くなってましたけど
まだまだ持ちそうです。


投稿: hk | 2015年12月12日 (土) 00:46

メンテしてりゃ20年は使い続けられるはず。とはいうものの、最近の除雪機はどうなのか。まだ使ってないのでなんともいえませんw

投稿: ビヨ | 2015年12月13日 (日) 19:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« どうもダメっぽい | トップページ | 職場にて »