« 30分後 | トップページ | 沼ですよ、これは »

地味に使いやすいっすよ

Img_7141_2

 ホットシューに差してるサムレストがよくわからんというクレームをいただき。単品のカットがあればいいのでしょうけれど、ブツ撮りする気はなく(^^ゞ
 これ、あるとないとじゃけっこうグリップ感が違いましてね。「それでもブレてんじゃねえかよ!」と突っ込まれればそれまでながらも、ストラップを手首に巻かないと不安になる私の気持をかなり救ってくれてますよ。

 X-E2のいいところは、フジ写RAWの書き込みも読み込みも早いところです。撮影時の書き込みも早いし、PCへ読み込む際も早く。
 ただしフジ写RAWはWindows 7側で認識してくれませんので、ドライバを入れてやる必要があるのですが、これはRAW処理用のシルキーピックスをインストール際にいっしょに入りますんでね、問題なし。
 PC上での取り扱いも重くはないですよ。細かく指定できすぎて面倒で放り出したシルキーピックスでしたが、フジ写RAWを読み込む際には簡易モードといいますか、最低限の項目だけで追い込めますんで、こりゃ楽でいいやって感じ。

 カメラ本体の電源スイッチが簡単に切り替わるという不評は、確かにその通りだなと思います。スリープから素早く再起動させるハイパフォーマンスモードにしてたりしますと、バッテリーの消耗が激しくなりますし。
 でも現状では裸でカメラを持ち歩いてまして、懲りてハイパフォーマンスモードをやめてからはバッテリー消耗に困ることはなくなりました。むしろ意外なくらいにバッテリーがタフであると感じてます。

 私が嫌がるバッテリーの自然放電については気にする必要はなさそう。最初の一発目の充電こそすぐ消耗しましたが、最近のバッテリーはたいていそうですよね。二発目の充電からが本番。
 神経質にバッテリー残量を気にする必要がないのは、ボディの大きさからしたらバランスがおかしいくらい厚みのあるバッテリーのおかげもあるかもしれません。

 これから本格的な冬に突入する雪国である当地で、どのくらい安心できるバッテリーなのかの真価が発揮されるのではないかと期待しておりますよ。

|
|

« 30分後 | トップページ | 沼ですよ、これは »

機材ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 30分後 | トップページ | 沼ですよ、これは »