« 夜に強い印象 | トップページ | ボロ哀車 »

似てるのは

Img_7162_2

 「プアマンズ・ライカ」なんてX-E2を語る人がいるようですけれども。個人的にはライカMの感覚じゃないのですね。コンタックスGのデジタル版と考えるのが一番しっくり来る感じです。

 レンズ群に魅力があること。絞り優先AEで使うことが前提にあるような作り。実像式変倍ファインダーとEVF。似ているのですよ。
 フィルムをバリバリ使える環境なら今でもコンタックスG2を使いたいくらい、趣味的な満足度が高い記憶のカメラと、X-E2は似たところがあると思うんです。そこがX-E2とXレンズに惚れた理由かと自己診断してますw

 縦走りメタルシャッターの音が、X-E2で一番気に入ってるところだったりもします。「撮った」という感覚がハッキリしてて。レリーズは深めなところがありますけれど、慣れの範囲でカバーできるかと。

|
|

« 夜に強い印象 | トップページ | ボロ哀車 »

機材ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夜に強い印象 | トップページ | ボロ哀車 »