« Tボタン紛失の巻 | トップページ | 興奮して酔眼 »

特殊兵器よのう

Dsc01030_2

 で、X-E2号なのですけれど。写りはかつてのFinepixの延長線上にあるのですね。10年くらい前にFinepixを使ってましたから、とってもバック・トゥ・ザ・フューチャーw

 実際の写りとEVFがまったく連携してないあたりもFinepixの伝統ですなぁ。EVFの軽薄さとは裏腹な実際の写りですけん。
 EVFは単なるフレーミング用で、露出判断用とするにはいささか不安なところはありますね。慣れねばならんとこ。とりあえずEVF照度をマイナス1にしてみました。

 XF23mmも、これちょっと特殊なレンズですよ。ものすごく贅沢な設計なのはおそらく事実と思われるのですが、つけっ放しってのはどうかと。
 撮影条件が悪くなっても屁でもない写りをして見せるところは「さすが!」なのですけれど、ピーカンだと写りが硬すぎます。コントラストが強めなんですね。カリカリというのではなく、コントラストが勝ってる感じ。

 XF23mm固定というユーザーさんが少なくないのはWebで拝見して承知してましたが、個人的にはもうちょっとおとなしい描写でも良かったかなぁと思わなくもありません。
 これは秘密兵器的なレンズですわ。撮影条件が悪くなってきた時間帯に取り出すような、必殺技レンズではないかと。

 レンズそのものの大柄さを含め、常用としては個人的には疑問です。かといってあらためてなにか新しくレンズを調達するには、いささか高価な買い物をしてしまいましたw
 XF27mmあたりがおそらく私が望む写りなのではないかと推測したりしてますが、フィルター径39mmとか極端に小さかったりしまして、手元の49mm規格レンズフード群が利用できなくて悲しかったりwww

 XF23mmでもうちょっとかんばってみます。

|
|

« Tボタン紛失の巻 | トップページ | 興奮して酔眼 »

機材ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Tボタン紛失の巻 | トップページ | 興奮して酔眼 »