« 秋田中年野営組合2015 9月編 その4 蔵王 | トップページ | 蔵王坊平にて その1 »

秋田中年野営組合2015 9月編 その5 蔵王

Dscf0200_2

 蔵王は坊平あたりで紅葉が始まってましてね。標高が高いですからなぁ。紅葉の初期というのはなんとも艶やかで、かつ物悲しさを湛え。贅沢な季節です。

Dscf0209_2

 例によって炭は焚くわけですけれども。夜は暖房にもなります。今年は夜の冷え込みが早く訪れていますんで、紅葉が見事なのも納得の観。

Dscf0211_2

 サンマを焼いたりしましてね。一度訪れて勝手がわかっている野営地というのは、なんともいえない安心感があって、のんびりする気分になれます。
 野営地の新規開拓も楽しいものですが、いつもの野営地、というのもいいものなのですよ。

Dscf0248_2

 新調したタープ。なかなかよろしいですよ。ソロユースにはまったく不適な大きさですが、複数で使うには張るスタイルを少しばかり調整できたりして、ユニフレームならではのこだわりを感じるタープです。

 ソロユースといえば。

Dsc01077_2

 バイクツーリングの方なのですけれど、モンベルの定番であるムーンライトにワンポールテントを組み合わせ、いい塩梅の設営ですよねえ。
 ムーンライトの1と2スタイルではテント前が寂しくなりがち。夜露を避けつつ過ごすなら天井が欲しいとこでして、小さなタープですとかなにかしら布が欲しいところです。
 こういうスタイルはソロユースとしてかっこいいですなぁ。かつては憧れたものでしたが。

|
|

« 秋田中年野営組合2015 9月編 その4 蔵王 | トップページ | 蔵王坊平にて その1 »

アウトドア2015」カテゴリの記事

コメント

バイクツーリングには大荷物かなぁ。
ウチはダンロップの一人用だからコンパクトではあるものの狭いのは我慢。
確かに全室は広いと良いけどねぇ。
コンパクトにパッキングするなら
快適性は犠牲にしてますなぁ。

投稿: ぴゅんぴゅん | 2015年9月25日 (金) 23:24

1人用のワンポールなので、タープよりも小さく携帯できるのがミソ。
旅先で出会ったと思われるソロツーリストと語らってましたけど、X-E2を手にしてるならレリーズしたくなるいい雰囲気でしたよ。
ミニマムとはいえ、確保するところはする。そういった割りきりがツーリングの夜を充実したものにするんでないですかね。

投稿: ビヨ | 2015年9月26日 (土) 07:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋田中年野営組合2015 9月編 その4 蔵王 | トップページ | 蔵王坊平にて その1 »