« 某駅にて その25 | トップページ | 秋田中年野営組合2015 9月編 その2 »

秋田中年野営組合2015 9月編 その1

 台風もまだ遠いし、なんとかなるべい。そんな案配で出かけたのは。

20150911_0001

 秋田県から青森県にかけての日本海沿いで貴重な野営地である御所の台。

 ここは「御所の台オートキャンプ場」と名乗ったり、資料によっては「御所の台ふれあい公園」などと名乗るので気をつけたいところ。いずれ秋田県北部日本海沿いではオンリーワンといってもいい野営地です。
 とりあえずこの界隈でキャンプ場を名乗っているところは少なくないのですが、のんびり野営を楽しみたいよお、となったらここですね。

 オートキャンプ場を名乗ってはいますが、フリーサイトもございまして。ゲートが設けられていたりしてオートキャンプ臭プンプンなものの、海岸に近いところまで入るとフリーサイトがあったりしましてね。

Dsc01038_2

 ほれ。日本海が目の前。このロケーションを逃がす手はありませんな。便所から遠いとかそういった不便はスルーして、この位置を押さえないわけにはいかんでしょ。

Dscf0144_2

 あ、今回からタープも贅沢仕様。というか、長い目で見たらちゃんとしたタープを用意してもいいのかなと考えたのでした。
 ユニフレのREVOタープ。変形ヘキサの形が個性ですが、内側に光を反射しやすい素材を使ったりして、夜間のタープ下が少しでも明るくなるように工夫してたり、サブポール添付で張る自由度を広げてたり。なかなかよろしい具合でした。

20150911_02

 海岸はほぼ南西向き。んで、ちょっと南下したところが八森の町で、漁港で有名なところです。
 ここに「はちもり観光市」という施設がありましてね。漁港の直売所みたいなとこです。近くにあるなら利用しない手はあるまいと誰でも思うところなれど。

 昼頃まで行かないと目ぼしい獲物はない、というのもこの手の産直によくあることでしてね。管理された野営地を利用しようとしてる身とは時間割が合わないのでした。
 たいていの管理野営地は午後3時とかからなのに、産直は午前勝負。じゃあ現地に午前中に行って食材を確保して、その後は近所で時間潰しします?
 このへんね、真面目にやろうとすると、なかなかに面倒なスケジュール管理になっちゃいますね。

Dscf0148_2

20150911_0001_2

20150911_0002

 とはいうものの。海の幸は楽しみたいですよねーwww


 

|
|

« 某駅にて その25 | トップページ | 秋田中年野営組合2015 9月編 その2 »

アウトドア2015」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 某駅にて その25 | トップページ | 秋田中年野営組合2015 9月編 その2 »