« 秋田中年野営組合2015 8月編 その1 | トップページ | 秋田中年野営組合2015 8月編 その3 »

秋田中年野営組合2015 8月編 その2

Dsc00824_2

 で、このフォールディングコンロ。SOTOのSTG-10というカセットコンロストーブと似たような仕掛けとフォルムです。

Stg10r0001

 このストーブですね。折り畳みをほぼ90度ほど開いて、中へ火種を設置するのは同じやり方ですな。

 で、前回と今回を比較すると。

Img_2380_2

Dsc00831_2

 炭の高さが全然違いますよね。

Img_2380_2_2

Dsc00831_2_2

 炭受けの皿を適正な高さへセットするバーを展開していなかったというオチでして。およそ5cm弱の高さの差が出ちゃうので、火力は大きな違いがあって当たり前www

Sdim1602_2

 いつもはお手軽に着火できる炭へ豆炭を投入していましたが、今回は普通の炭。塊ではうまくなくて最終的に割って使いましたが、今度は炭が元気良すぎて炎が立ちまして、こうなると食材が焼けちゃったりして。難しいっすねーw

 この怪しげなフォールディングコンロは今後も積極的に使ってみたいと思います。

|
|

« 秋田中年野営組合2015 8月編 その1 | トップページ | 秋田中年野営組合2015 8月編 その3 »

アウトドア2015」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋田中年野営組合2015 8月編 その1 | トップページ | 秋田中年野営組合2015 8月編 その3 »