« 面倒くさがり | トップページ | 夏の蕎麦 »

実は酔眼

Dsc00782_1_2
 Sony RX100  RAW  ISO=6400

 なんでもかんでもガッツリ写りすぎるイヤらしさ、というものがあると思うのです。で、それはカメラ側ではなく撮り手の感性に判断を任せてほしいと思うのですよね。
 高次元のバランスで写るハード側の能力とそれはまったく別物の話であって、デジタル機はひたすらガッツリビッチリの印象があります。そういう単方向の性能追求ばかりでいいのかの。

 そのせいというわけではありませんが、あまりにもキッチリ写ってて腹立たしく、少しノイズを混ぜるの助。

|
|

« 面倒くさがり | トップページ | 夏の蕎麦 »

ちょろすな」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 面倒くさがり | トップページ | 夏の蕎麦 »