« 乗り換えてみたいけれど | トップページ | 秋田中年野営組合2015 7月編 その2 »

秋田中年野営組合2015 7月編 その1

 いやはや、更新をサボるとすぐに悲惨なことになる仕様。

Dsc00768_2

 野営へ出かけておりました。今シーズンは出不精傾向ですねえ。というのも、私の仕事の都合でして。
 とある処理量が増えてまして。夜間はのんびりとはいかなくなってきてまして、夜のお仕事が気楽なものではなくなりつつあるのでした。となれば夜勤明けは寝不足なことが多く。
 昨今は土日が絡めばいくらか楽にはなっていますけれど、昨シーズン以前に比べたら身体的負担は大きく増えているのでした。

20150715070715_001

 梅雨時の微妙な気象状況。東北の場合、日本海側と太平洋側では気候が大きく違い、山方面へ出かけようとすると微妙なところがあるので、天気予報だけではなくアメダスデータやら天気図やら検討してから行き先を選ばなければなりません。
 今回は山形県金山町の「グリーンバレー神室」を選択。以前から気になっていた野営地ですし、新規開拓欲が亢進しましてですな。

Img_2388_2

 利用料は一人\400。リーズナブルといえましょう。グリーンバレー神室は、冬はスキー場として運営していて、その他スリーシーズンは地元の行事とか宿泊施設、あるいは温泉施設となっておりまして、複合リゾートの田舎版みたいな感じなのです。
 なにより地図上の位置として、趣味的なサークルとかの集まりで秋田・山形・岩手・宮城の4県が集合しやすい場所にあるともいえ。

 ただし施設の規模のわりには野営者の収容人数は少なめですね。掲載画像からご理解いただけるように、テントを張るベースっていうんですか、木張りの土台がたくさん設置されているんですけれど、いやそこにはテント張らないでしょっていう感じで。

Img_2389_2

 山側の森林帯へ向けて木製ベースが並んでいるのですけれど、昨今のツキノワグマの活動範囲を考慮しますとですね、ちょっと山側はイヤかなと。
 んでクルマから野営道具を下ろそうとしても、山側にはクルマを寄せられなく、めんどくせーわけで。

 東北地区での野営者はクルマかバイク移動が基本ですので、こういったレイアウトですと「ボーイスカウトとか中学生の野外研修が中心かな?」と思っちゃいますね。
 東北の野営ハイシーズンは小中学生の夏休み期間におけるファミリーキャンプですから、その時期でなければたいていの野営地はのんびりと利用できるので神経質になる必要はないとはいえ。

|
|

« 乗り換えてみたいけれど | トップページ | 秋田中年野営組合2015 7月編 その2 »

アウトドア2015」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 乗り換えてみたいけれど | トップページ | 秋田中年野営組合2015 7月編 その2 »