« 野営地にて | トップページ | 中年の飲み屋離れ »

カセットガス派でもいいよね

St310_001

 こういうカセットガスで使えるタイプのもので十二分だよね、などと最近思ったりするのですよ。
 田舎暮らしで「ちょっと野営に行っちゃおうかな?」と思いつきで出かける際に、そのへんのスーパーとかホムセンで3本パックの安売りカセットガスを調達してですな、気楽に出かけられるわけで。

 最初からカセットガス派なら、その方向で装備を固めるという手が使えたのですがねえ。なにしろホワイトガソリンのソロ行から入りましたもので、どうしてもアウトドア系ブランドに走ってしまい、今じゃカセットガスからの詰め替え派ですものね。
 晩秋に出かけたりするのならばカセットガス=ブタンガスは低気温下で火力的に不安すぎるものでして、低温特性を改善したプロパンやイソブタン含有のカセットガスはバカみたいに高価ですし。需要が業務用のバーナーしかないからでしょうけれど。

St310_002

 SOTOのST-310が登場して、カセットガス器具戦線は大きく動きましたな。

 普通のカセットコンロはたいがい火元からボンベへ熱が伝わる仕掛けになっており、最後までガスを使いきれるようにできていますが、アウトドア用のものはボンベが裸なので、気温が下がればガス圧が落ちて火力も落ちるのは当たり前。
 ボンベのガスが少なくなってきてもガス圧が落ちるので、やはり最後までガスを使い切るのは難しいもので。ボンベを手で暖めてやるとか、そういった世界になってきます。

 ST-310はカセットガス仕様へ安定火力をもたらす火器として、レギュレーター内蔵により従来器より数段マシですよ、という仕様で、火力は普通ながらも安定した使い勝手を売りモノにしたわけです。

Iwatani_01

 家庭用カセットコンロでも、コンパクトに作られているものはあります。250ccボンベがコンロ本体からハミ出るような小ささ。この大きさなら野営に持ち出せそうな。
 見かけると意味もなく欲しくなったりするんですけれど、実はコンパクトタイプは火元からボンベへ熱を回してやるプレートを装備しておらず、機能的に物足りず、しかも売価はたいてい普及型より高かったりするのでした。

9969310390142_001

 灯りだってカセットガスで賄えるもんねー。と思って現行の商品を調べてみたら、従来は作っていたメーカーさんが廃番にしてるじゃありませんか。よほど売れていないと見え。
 アウトドアとかキャンプを楽しむとか、そういうのって安く手軽に楽しむのが入り口だと思うのですよ。手軽に楽しむ道具としてカセットガス仕様は価値があると思っていたのですが。

 いや、ありますよ。カセットガスを内蔵する大振りのランタンは。そういう商品はまだ定番で残っています。
 けれど野営の一歩としてよくあるバイクのツーリングなどでは、大振りの道具は敬遠されるでしょうよ。バイクツーリングは重量こそそんなにこだわらずに済みますが、小さく荷物をまとめたいものですよね。

479

 こういうシンプルで小さくまとめられるカセットガス仕様には、価値があるはずなんですがねえ。

 そういえば、円安のせいかカセットガスが値上がりを続けてますけれど、国内充填に切り替えたメーカーさんがチラホラと見受けられますね。ブタンガスの匂いもちょっと従来品とは違っていて、それで気になってラベルを見たら国内充填だったんです。

|
|

« 野営地にて | トップページ | 中年の飲み屋離れ »

アウトドア2015」カテゴリの記事

コメント

あー、その最後のやつ使ってます
テントでは電池式ランタンなのさでテーブルで外で使う用に持ってます。
雨降った後のテントの乾燥にも使えましたし( ̄▽ ̄)
ガスが安くてどこでも買えて
しかも本体も安いので好きなんです

投稿: ぴゅんぴゅん | 2015年7月 5日 (日) 20:33

マントルは別メーカーのものでも大きさが同じなら使えますし。まだまだ現役でいけますよねえ。
カセットガスの利点はもっと注目されてもいいと思うのですよ。

投稿: ビヨ | 2015年7月 7日 (火) 06:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 野営地にて | トップページ | 中年の飲み屋離れ »