« 訓練 | トップページ | 廃車 »

ソニー機にも手を出しづらく

Img_6836_2

 バッテリーのショボさはどうにもならん的な。自然放電が派手なとこが致命的で。撮る直前にフル充電して対処するとか、黎明期のデジタル機じゃねんだからさ。頼むぜ。

 予想外にショボすぎるRX100のバッテリー。私はたくさん撮るタイプではないのに、それでも大きな不満が出るというのですから、これダメでしょ。
 唯一の救いが「USBケーブルがあれば充電できるチャンスは少なくない」という現代社会環境ですか。充電器を付属させなかった理由はこれかよ、などと変なとこで納得してみたりw

 RX100無印でこういう具合なら、Wi-Fi機能内蔵なんてことになったら、さぞやバッテリーを食うのだろうと思います。
 バッテリーがショボいうちはRX100シリーズ、もしくはRX1に手を出すことはなかろうと思いますよ。少なくても私の使用環境においては不合格点のバッテリーですね。

 無理をしてる写りも気になります。光路に対してレンズが無理をしているのか、それとも筐体に対してセンサーが大きすぎるのか、そのへんはわかりませんけれど、銀塩機ならレンズ設計起因と判断しちゃいそうな。
 光線の角度や難しい条件下で発生する明白なクオリティの低下なので、レンズかセンサーフレネルレンズあたりかもしれませんね。

 いやソニー機の絵作りは私にとって新鮮で、もしかしたらキヤノン機よりも好みなのではないかと今でも感じています。もっと使いやすい機種があれば使ってみることもやぶさかではありません。
 けれど一眼レフは持ち歩くことさえ躊躇するような気に入らないデザインであり、α4桁シリーズといえど安い買い物じゃありません。

 Eマウントレンズは未来感丸出しのダサいデザインが多くて萎え、使ってみたいレンズがSEL1670Z(バリオテッサーT*E16-70mmF4)しかなく、光学ファインダーなんざ最初からα4桁シリーズは無視してますわ。
 旧コニカミノルタのエッセンスが生き残ってるかもしれないとチラ見してきたソニー機ながら、いざ買う気になって調べると購買欲が萎えてきちゃう寂しさ。

 シグマ機の潔さがね、やはり正義かと(違)

|
|

« 訓練 | トップページ | 廃車 »

機材ネタ」カテゴリの記事

コメント

待機電力が意外と大きい可能性もありますね。

投稿: こんどう | 2015年6月29日 (月) 20:48

バッテリー側なのかボディ側なのか。電気を食ってる要素があるのかもしれませんね。

投稿: ビヨ | 2015年6月30日 (火) 18:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 訓練 | トップページ | 廃車 »