« どこまで粘って使うか | トップページ | 山形ブラブラ旅 »

小国の片洞門 再び

 せっかくの連休だったので遠出しようかと山形新潟県境付近まで赴いてみましたのよ。10年ほど前に訪問した小国の片洞門付近は新緑と紅葉が見事でしたので、久しぶりに行ってみようかなと。

Img_1907_2

 やはり秋田よりも南なのですね。小国は山間の町なので紅葉が進んでいるだろうと推測していましたが、紅葉にはまだ早く。例年より早い紅葉の訪れに、今年ならイケると踏んだのでしたが、もう街が紅葉モードになっている秋田とは違って、全然w

 片洞門も以前とは事情が変わってきている模様。まったく草刈りなどされておらず、訪れる人が少ないのでしょうか。
 そして崩落や落盤と思しき状況が散見され、一番派手な片洞門がなくなっていました。明治時代の気合で作った国道跡が消えつつある感じでしたね。
 震災で崩れた場所もあるのかもしれません。危険につき立ち入り禁止となるのも時間の問題でしょう。

Sdim0334_2

 明治のアーチ橋は今も健在。歴史的な価値が大きな遺物ながら、ここへ至るためにはJRの線路を横断せねばならず、途中の崩落寸前ルートのことも考えれば、歴史遺産として残すのは予算的に難しいでしょうね。

 このまま渓谷の中で眠り続ける遺構・・・。

|
|

« どこまで粘って使うか | トップページ | 山形ブラブラ旅 »

ローカル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« どこまで粘って使うか | トップページ | 山形ブラブラ旅 »