« 秋田中年野営組合 9月編 その2 | トップページ | 秋田中年野営組合 9月編 その3 »

苦戦しちょります

Sdim0218_2

 DP3mはギッチギチのレンズじゃなくて上品だなぁ、なんて思ってましたけど、こういった被写体を撮るとやはりメリルですね。質感がよろしいです。
 まだまだ赤系の発色がおかしいというユーザーさんがいるようですけれど、シブめに出るあたりがコダクロームっぽいじゃないですか!ってな感じで、私はウィークポイントだとは思っておりません。

 ところで今回、DPmの意外な困りごとが発覚しましてね。

Img_1628_2

 はい、DPmの背面です。露出補正やらフォーカスなどのスイッチがあるわけなんですけれど。

Img_1630_2

 撮影時に背面の操作ボタンを押してしまってるようなんですね。やたらオーバー露出になってしまい、なんだよこれ!とプレビュー画像を確認しますと、プラス3段くらい補正が入っちゃってて。
 なんでこんなことになるのかと現場では困惑するばかりでしたが、ふと気がつきましたよ。自分の握り方が原因なのかって。

 DP3mは中望遠レンズを搭載しているので、手ブレを警戒したくなるのが人情であろうかと思うのですが、そのために必要以上にガッツリ握ってしまっているのかと自己診断。

Img_0085_2

 思い返せばDP1mでも最初は同じような体験をしたことがあるように記憶しています。それが気にならなくなったのは、ユリシーズさんの旧ボディスーツに合わせた握り方を自分で無意識のうちに工夫するようになったからであろうかと。
 グリップがレンズ側に近くなってる新ボディスーツは、普通に握ったら背面への影響は少ないはずなのに、なぜ私はDP3mで上手に握れないのか。泣けますwww

 ちょっとつまらんことが私事でありまして、気晴らしに某レールパークへ行ってみたわけですが、今回はDP3mの露出補正ボタンを掌で押してしまってる事案のほかに、久しぶりにデジタル機のバッテリー問題を体験しましてね。

 シグマDPシリーズはボディ側に大きなセンサーを搭載しているのが売りなのに、バッテリーは常にショボい仕様が続いており、新製品では奇抜なデザインのおかげでバッテリー問題が解決しそうな雰囲気はあるものの、メリルセンサー機はとにかくバッテリーを食います。
 DP1m調達時にパッケージにはバッテリーが2個。それに追加して2個で計4個体勢にしたらDP1mではなんとか回ってましたけど。
 DP3m調達に当たり同じパターンでバッテリーを追加して8個体勢にしたんですが、マメに充電してないとDPm2台ってのは難しい場面があるのだなと。

 いえバッテリーが切れて往生する手前で済みましたが。DP1mとDP3mに加え、便利ズーム装備のX7も使ってましたけれど、このX7もバッテリー容量が物足りず、一番最初に動かなくなったりしまして、こりゃまずいなーという感じ。
 60Dではバッテリードロップまで使ったことなどありませんが、X7は何度か経験しています。

 これたぶんバッテリー残量表示に問題があるんじゃないですかね。X7はテンプラ気味の表示をしているんじゃないかという疑惑。もしくはバッテリー放電特性がそういうものなのかもしれませんし。
 いずれ60Dと同じつもりで使うなら予備バッテリーが必要な雰囲気です。キヤノン機はバッテリー単体で買うとバカ高いので気が進まないのですが、背に腹は替えられませんね。

 あと予想通りにDPmのバッテリー8個充電はつらいものがありますw

|
|

« 秋田中年野営組合 9月編 その2 | トップページ | 秋田中年野営組合 9月編 その3 »

機材ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋田中年野営組合 9月編 その2 | トップページ | 秋田中年野営組合 9月編 その3 »