« 苦戦しちょります | トップページ | シグマDP3Merill その4 »

秋田中年野営組合 9月編 その3

 書こうかどうか躊躇するものはあるんですが、田舎のんびり野営を愛する方々へ、こういう輩が最近は増えてますのでご注意を!という警鐘になれば。

Img_1578_2

 はい、出ました。関東圏ナンバーの炊事棟占拠バカ。

 くるみ台で所沢ナンバー土建屋軍団が炊事棟を占拠してドカシー野営をしていた件とか、マイナーもいいとこの奈曽川河川公園に群馬ナンバーのワンボックス軍団が押し寄せてドカシー炊事棟占拠の話を書きましたね。

 確かに秋田県の野営地というのは制約が少ないとこはあります。ペット連れてくんなとか焚き火すんなとか、そういう制約は少ないです。無料で自由利用のとこが多くて。
 だからといってなにをやってもオッケーというわけではないっすよね。まるで田舎の野営者をバカにしたかのように炊事棟を占拠する関東の人々というのは、いったいなんでしょうかね。私に言わせれば、北関東とか多摩ナンバーとか、てめえらも田舎モンじゃねえかよ、と思うのですが。

 いえね、所沢ナンバー土建屋軍団は、明らかにアウトドア趣味のランクル社長につき合わされてる奴隷状態でしたし、群馬ナンバーワンボックスおっさん軍団はあんなこと続けてたらそのうちどこかで痛い目に遭うのが見え見えでした。だからスルーしましたけど。

Img_1589_2

 今回の多摩ナンバーは一家ですよ。普通の親子連れ。一見、普通なんですが、炊事棟を占拠してバーベキュー。
 子供さんはこういう親の行為を当たり前と思うよう成長するに決まってますし、奥さんがなにも違和感を唱えないのだろうなと、とても不思議に思いました。似たもの夫婦でしょうか。

 野営者みんなが公共のものだという前提で利用している施設を占拠して平気な感覚ってのが、ちょっと理解できないんです。どういう教育受けてきてんだと。
 こういった子育て世代がアホなことを普通にやってるわけですんで、私は少子化に賛成したくなってきてます。アホに子育てさせるくらいなら子供いらねえだろってね。

 ああ、今回はクルマのナンバープレートを加工してませんwww

|
|

« 苦戦しちょります | トップページ | シグマDP3Merill その4 »

アウトドア2014」カテゴリの記事

コメント

あちゃ〜 (ノ_<)
関東人として恥ずかしいやら申し訳ないやら

「子供いらねえだろ」には激しく同感です

投稿: Kizao | 2014年9月18日 (木) 23:36

いつも拝見しております。
あらら・・ナンバー載っちゃってますね。
多分ですけど、洗い物するにも何するにも楽だから「台所」の脇に部屋(車)をつけたって感じですね。
皆が使えるようにするとか、先に来た人の後に順番に使うとかそういった「頭」がなぜ回らないんでしょうね。

投稿: 俊さま | 2014年9月18日 (木) 23:43

Kizaoさん >
きっと田舎だからなにをやっても許される的な感覚があるんでないですかね。
自由な野営地が多いのと、公共施設利用のモラルを維持するというのは、まったく別の話なんですがねえ。

俊さま >
ここにクルマ置いたまま車中泊して、朝もバーベキューの灰をそこらへんに捨てたりしてましたよ。
TVで多摩川バーベキューの惨状を流したりしてまして、一部のDQNであろうと思ってましたが、普通そうに見える家族連れでもこれかよ、と思いましたです。
こういうの見たくないし係わり合いにもなりたくないので、マイナーな野営地を目指したくなるのでした。

投稿: ビヨ | 2014年9月19日 (金) 07:01

自由の裏側にある責任を放棄していますね。
互いにマナーを守れるからこその制約の少なさでしょうに。
そこを守らないからうるさいルールができてしまう。

どうも関東の人々は下手に収入があるもんだから、道具自慢大会で盛り上がって他者を寄せ付けないというパターンが多いです。
バーベーキュー禁止って明示してあるのに守らない。
指摘したら、あいつらだってやってるじゃんって。
こんな親のおかげでQNが安定供給されるんでしょうね。

投稿: こんどう | 2014年9月20日 (土) 01:43

ああ、道具自慢大会のような野営をやってるグループは当地のメジャーな野営地でもよく見かけます。
普段行ってるマイナーなとこだと、自分らの装備が見栄っ張りに見えてしまうのではないかと危惧するほどなのですが。
地元の人が地味に利用している野営地のほうが安心できますわ。みなさん心得てますから。

投稿: ビヨ | 2014年9月20日 (土) 18:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 苦戦しちょります | トップページ | シグマDP3Merill その4 »